Hatena::ブログ(Diary)

スベリブログ.tech このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

技術的なことを書きたいんですけどね… 指摘・質問・罵倒コメントください…
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ→スベリブログ
 | 

2015-08-21 ♪YAPC〜(ヤングマンの要領で)前夜祭 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年も参加させていただいております、YAPC::Asia Tokyo 2015
と言っても、素晴らしいお話を「ホゲー、やっぱ凄い人は凄いなー」とただボーッと聴いているだけなんですけどね。

「(昨年のYAPCから)まるで成長していない…」

と、安西先生も草葉の影から呆れかえっていることでしょう。(手を合わすな!生きてる!)



とまあ、こんなマニアにしか分からない小ボケをしててもしょうがないので、何となく所感でも…
正直、大したことは書けませんが、こんな私でも、blogを書くまでがYAPCなので書きます書きます。

大体リンク先にスライドあるのでご興味あれば飛んでみてください。
とりあえず、19日の前夜祭です。

言語開発の現場

ごめんなさい、色々あってこのお話はしっかり聴けなかったので細かいことは書きません。

# なので、とりあえずまとめ貼っときますね。
Rubyはこう作られている! RubyコミッタによるRuby開発裏話 #yapcasia #yapcasiaD - Togetterまとめ

ただ、少なくともRubyの話だったのは間違いないです。
そして、隣の部屋がPHPの話だったのも間違いないです。

さすが、Perlのお祭りYAPC!といったところでしょうか、度量が違います。

「ちなみにお仕事でPerl書いてるぞって方?」 → まばら
「じゃあRuby書いてるって方は?」 → 半数以上

という自虐アンケートをスタッフさんがさらりと取ってみるあたりも余裕です。

ちょうどこんな記事を見た後だったし、何の違和感もありません、しょうがない…



Perlワンライナー入門

私もPerlのちょっとしたスクリプトはちょこちょこ書くので、スルーでもいいかなと思ったんですが、聴いて良かった。
比較的マシだと思ってるPerlでも、自分がいかににわかかと思い知らされます…

そもそも perl -e しか使ってなかったし。
5.10 以上の機能を使うときは -E らしい(これは発表では言ってなかったですが)。

小さな所では say が使えないとか。

$ perl -e 'say "yes"'
String found where operator expected at -e line 1, near "say "yes""
	(Do you need to predeclare say?)
syntax error at -e line 1, near "say "yes""
Execution of -e aborted due to compilation errors.

$ perl -E 'say "yes"'
yes

全発表がためになる、「余計なものなど無いよね〜」って感じでした。(say yes からのそれ言いたかっただけやん)

ワンライナーCPANも使ってなかったし、これでますますPerlが捗りそうです(人気無いけど)。


技術ブログを書くことについて語るときに僕の語ること

# これもスライド無いみたいなのでtogetterを一応
ホッテントリ入りの極意から哲学まで! はてなエンジニアが語る技術ブログを書くことについて #yapcasia #yapcasiaE - Togetterまとめ


うん、素直に面白かったです。

はてなブログの中の人がはてブ数を伸ばす方法を語るのはチート感ありそうと思ったけど、
ご自分で独自で試されていることを惜しげもなく披露されてて良かった。

「タイトルが9割」「金曜の夜に投稿しても無駄」とか小技を披露しつつ、サラリと

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))



とかをキッチリ出してくるあたりが格好いい。

これを聴いたら自分も頑張ってみようかと思えてきました!!!!(→いつもの三日坊主


とか言いつつ、いきなり金曜の夜投稿なことはお許しください。
まあ、この記事ではてブ貰おうとは微塵も思ってないですが…



とりあえず前夜祭はこんな感じでしょうか。
ってか木曜の夜だからもっと空いてると思ったのにかなり混んでましたね…

@lestrrat さんのツイートがまさにそれですね。





とまあ、一日遅れましたが、そんな前夜祭でした。

こんなに盛り上がってるYAPC::Asia Tokyoが今回で最後というのは非常に残念ですが、
運良く昨年から参加することができていることに感謝し、最後まで堪能したいと思います。

# というのを2日目終了時に書いている…

 | 
Connection: close