Hatena::ブログ(Diary)

示山橋

31 December 2015

下沼部分水(仮)



さて、ここにあるのは沼部駅周辺の航空写真です。ここで15秒待ってみてください。

f:id:hikada:20151231235738g:image


あれ、開渠? 線路をまたいでる? 等々力駅みたい。

Yahooの航空写真より


 沼部分水(仮)は大田区付近で六郷用水から分流し、沼部駅付近で東急多摩川線をまたぎ、多摩川に平行に南下し、最終的に大田区嶺町小学校付近で多摩川と合流していました。その流路は単調で、どこの写真も同じような風景ばかりですが、ところどころに開渠や水門、暗渠、その他ゆかりものもあり、アクセントに富んでいます。

 明治時代の地図(東京管内絵図 大田区地図集成に収録)や昭和中期の(地図から見る大田区(1)収録)にこれと思われる水路が書かれている一方、大正や昭和初期の大東京・横浜・川崎三千分の一地形図には書かれないなど、地図によりこの分水の扱いに差があります。

 


f:id:hikada:20151003132926j:image

ここで六郷用水から分流していました。現在の六郷用水の水路はせせらぎになってしまいましたので、その痕跡は一切ありません。

分流した水路は右手(多摩川方向)に向かって進みます。ちょうど、田園調布南33番地と34番地の境目が流路になっています。川跡が行政の区画の分け目に利用されやすいという話は有名です。

f:id:hikada:20151003133051j:image

ここがその区画の分け目。少し暗渠テイストな感じがします。ただ、これが暗渠そのものかといわれると微妙です。区境は民家の物置になっていました。


 そしてそのそばには、このミニ橋があります。線路沿いには、水路と思われるスペースも確認できます。肉眼で見たい方は、ぜひ東急多摩川線の先頭車両でかぶりついてください。なお、昭和中期の地図には線路わきの水路、ミニ橋が細い青線(開渠)として書かれています。

 ちなみに、先日の新田川探検の日にこの電車に乗ったところ、この辺りで急に徐行運転を始めました。そこで、チャンスとばかりに線路わきの三角スペースをのぞいてみたら、草の生い茂った細い溝が見えました。また、ミニ橋が思った以上にしょぼいことも分かりました(満願寺の流れほどでない)。


そして流れは東急多摩川線をまたいだ後、暗渠となって少し西に進み、玉堤通りにぶつかります。


f:id:hikada:20121202124248j:image

これがその暗渠。春の多摩川(最終回)2つの橋と未公開編にも登場しました。 玉堤通りから撮影しました。

f:id:hikada:20151122160624j:image

そして、普通の小さな道となって南下します。昔の地図を見ると、道路脇多摩川側に水路があったようです。

f:id:hikada:20151122160823j:image

多摩川側からみてみました。

f:id:hikada:20151122160918j:image

てくてくと進みます。そして、新幹線と在来線をまたぎます。

f:id:hikada:20151122161019j:image

ここで、品鶴線下丸子三菱重工引込線がまたいでいました。そのような痕跡は今は一切ありません。

f:id:hikada:20151122161118j:image

 片側がガードレール付き歩道になっています。暗渠らしいといえば暗渠らしいです。しかし、一般的には歩道と車道が段差によって分かれているタイプよりは、暗渠である可能性が低いです。

ここで西に曲がります。つまり、多摩川方向に流路が進みます。

f:id:hikada:20090516141738j:image

歩道と車道が分かれているタイプ(呑川深沢4丁目支流(仮)2010年7月)



f:id:hikada:20151122161132j:image

そして、曲がると、おや…!?

f:id:hikada:20151122161610j:image

まっすぐ進むと、脇にも! 

f:id:hikada:20151122161235j:image

目の前にも! 先にこちらを紹介します。


f:id:hikada:20151122161450j:image

 目の前には沼部排水樋管(1972年完成)があります。樋管や水門は大規模河川に小河川・用水路が合流する地点に設置されることが多いです。

 ここで、樋管や水門の役割をおさらいします。通常時は雨水を流したり、大規模河川増水時は水門を閉めて洪水を防止する役割を持っています。また、樋管は小河川を利用したものや、新規で作ったものがあります。沼部排水樋管は新規で作られたもののようです。

 

河原に降りると…

f:id:hikada:20151122161404j:image

橋のような物体があります。





f:id:hikada:20151122161636j:image

さて流路は現在の道の南側から暗渠となって南下します(先ほどの写真)。ずいぶんと細いですね。

f:id:hikada:20151122161740j:image

このあとはジグザグと南下していきます。

f:id:hikada:20151122161942j:image

 現在、田園調布南。今は住宅になってしまいましたが、ここを水路が多摩川に平行に流れていました。このあと水路は嶺町小学校の脇に沿って流れます。

航空写真から流路を見ると、嶺町小学校の出っ張りがこの水路によるものだったことがわかります。



f:id:hikada:20151122162302j:image

 ここは嶺町小学校わきの多摩川の土手、この土手のしたに水路がありました。このあと水路はしばらくした後多摩川に合流していました。

この辺りで、六郷用水から流れてきたほかの分水がニアミスしています。その分水は旧嶺町排水樋管に合流していたようです。

f:id:hikada:20151122162950j:image

ここが、合流地点でした。実はここには、下沼部排水樋管がありました。その樋管は1988年に廃止され、写真からは、その面影がありません。

実は樋管の痕跡が多摩川の河原にあります。ここだけ岸が草地でなく、コンクリートになっているんです。

ちなみに、この樋管ができる前の合流点はもう少し多摩川下流寄りでした。多摩川の土手の中に入る地点は現在と同じだと思われますが、土手内で多摩川と少し並走していました。









https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=zPECgdXaZX_g.kLHNfkh9XzMQ&msa=0&hl=ja&brcurrent=3%2C0x60185f7b01bd5057%3A0x88c9f317cacfd3cb%2C0&ie=UTF8&ll=35.58894%2C139.65443&spn=0.09148%2C0.18048&t=m&source=embed

↑今回地図のURL

以上になります。まだいろいろと伏線を拾っていなかったり、書いていないところがありますが、ひとまずは完結です。

続きはまたいつか。

今回の情報:暗渠ポイント:暗渠、開渠、区境、樋管跡、古い航空写真

全長:1.1 km

撮影日:2012年12月2日、2015年10月3日・4日、11月22日


参考文献・引用元

大田区の文化財 地図から見る大田区(1)(2)(3)、

大田区の文化財 大田区の民具

京浜河川事務所 多摩川

町の風土記 水上市郎平著

大田区地図集成 大田区立郷土資料館著


感謝

京浜河川事務所様

東京都下水道局南部事務所様

大田区立郷土資料館様


雑談:

  • 困っていることがあるのですが、書物によって、すごいときは書物内(地図や研究本)でも六郷用水の分水や席の名前が統一されていないことです。むろん、ネット上でも。(俗名や別名とはおそらく違うと思います)

例:御鷹野圦⇔御鷹野の圦、お鷹の圦:子の神堀⇔子の根堀 

また、同じ時代に書かれた地図でも流路が、同じ河川であっても異なったりしています。例:Aという蛇行した水路が区画整理対象地域に存在する。その区画整理反映した地図BとCがあり、Bには区画整理を反映したと思われる直線なAの水路が書かれ、Cには街並みは区画整理されていても、区画整理前のAの蛇行した水路が書かれている。(わかりにくかったらすみません) こんなかんじものが六郷用水の分水にちらほら存在します。北古川にも…

なにを信じたらよいのでしょうか?



  • 月に0〜2回ほどの更新を予定しています。

また、画面の端にある『プロフィール欄』にて、いろんなことを不定期につぶやいておりますので、そちらもよろしくです。


  • この間知ったのですが、『良いお年を』は12月30日までにいうべきフレーズなんだとか。大晦日を乗り越えて新年を迎えましょうという意味なんだそうです。


来年もよろしくお願いいたします。

27 September 2015

新田川完全版

 下丸子分水(仮)、矢口川の正式名称が新田川と判明いたしましたので、前回からその名前を使っております。

 以前、書かせていただいた、六郷用水分水の新田川に関する記事があまりにも酷いので、補筆、リメイクさせていただきます。なにがどう酷いかというと、なにを伝えたいのか分からない、説明が粗い、写真が見にくいの3点です。これって紀行系ブログならば出来てなきゃダメなやつですよね… また、新しく分かったこともあるのでそれも書き込みたいと思います。

原作3点。一応リンクを貼ります。


 



 新田川は下丸子にある六郷用水の分水口から流れ出し、弧を描くように多摩川方向に進み、多摩川のそばで北古川に合流します。北古川はその後下丸子二丁目付近で多摩川に合流。

 特徴的なのが、六郷用水との接続部周辺以外の流路が多摩川の旧河道*1であることです。しかも、北古川に新田川が合流して多摩川に合流するまでの区間も旧河道です。また、東急多摩川線を越えたあたりから矢口2-5まで六郷用水南堀の分水三百間堀が並走しています。


 今回は、上流から、つまり六郷用水の分水口跡から始めます。


さて、やってきたのは、東京都大田区東急多摩川線下丸子駅そばの六郷用水(藤森稲荷交差点そば)。環八沿いです。

f:id:hikada:20150919163921j:image

この辺りに分水口があったはずなのですが、こんもりとしている木々によってみると…

f:id:hikada:20150919163856j:image

こんな看板がありました。ここに、石組みのトンネルがあったのですね! 驚き。それ以外の書いてある内容はほぼ新田川の特徴と一致します。


f:id:hikada:20150919164125j:image

六郷用水から別れた新田川は、小道の歩道になって多摩川方向に進みます。

少し進むと…

f:id:hikada:20150919164158j:image

この写真は下丸子3-3付近。正面(南西方向)は下丸子駅方面、右手(北西方向)は光明寺方面、左手(南東方向)のガラス貼りの建物は大田区民プラザ。

この先で水路が分岐します。ややこしいのでまとめます。推測の部分も少しあります。

  • 流入

北西方向:光明寺の池からの流れ(明確な流路不明)。その流路の途中に光明寺池端の洗い場があったと思われます(下丸子3-3)。

東方向:新田川(今来た所)

  • 排出

東方向:新田川(下流)

南西方向:商店街を流れ、さらに細かく分岐して矢口西小学校や目蒲病院方面などに向かう水路。

目蒲病院方面に向かう水路は北から順に、駅前の名称不明の洗い場、石原の洗い場、伊勢前の洗い場、下河原の洗い場、阿弥陀の下の洗い場を流路に持っていました。


新田川は南東方向に進みます。ここから、旧河道区間スタート。曲がり角はこの先一切ありません。

ちなみに、

参考

f:id:hikada:20090919115033j:image

光明寺の池。背の高いフェンスで池が一切見えません。ここも、多摩川の旧河道の一部で、この池は多摩川の残留湖と呼ばれることもあるぐらいです。なお、大田区の民具より、昭和60年代までは池のフェンスがないことを確認しました。



f:id:hikada:20090919115906j:image

 市民プラザ内。ここのあたりを流れていたのですが… あるのは人口の池。この光景から、用水路があったなんて信じがたいですが、昔の航空写真を見ると用水路が見えます。


市民プラザを横断するとケヤキ並木の都道11号線と交差。さらに直進。

f:id:hikada:20150919164602j:image

小道になります。ちょっと高低差が気になるところですが、気にしない(実際は都道11号線が周囲より低いだけ)。この小道は東急多摩川線の線路にぶち当たって行き止まりになります。

f:id:hikada:20150919164811j:image

小道の真ん中に並木が現れます。この辺りは民家の庭先のようになっていますので、通行する際は配慮の精神を忘れずに。


さて、この後線路にぶち当たるのですが、

そのぶちあった所の線路わきにこんなものがありました…

f:id:hikada:20150919165612j:image

あれは、よくある暗渠に突き出るパイプですよね?

線路の向こう側はどうなっているかというと…

f:id:hikada:20150919165704j:image

並木道が再開されています。

このあと新田川は弧を描くように多摩川に向かって進んでいきます。

f:id:hikada:20150919170149j:image

自然堤防の新田神社の脇(右方向)を通過します。この辺りには新田川の橋付き参道があったようですが、その面影はありません。ちなみに、右手の駐車場にはかつて慶応大学の野球合宿場があったそうです。

f:id:hikada:20150919170426j:image

送電線の下を通過します。

f:id:hikada:20150919170755j:image

うねっとカーブします。

この後、新田川は暗渠の路地になります。

f:id:hikada:20150919170904j:image

このさき、北古川に合流します。





なんだかキリが悪いので新田川合流後の北古川も紹介します。

f:id:hikada:20150919171018j:image

マンションの谷間になっています。この辺も多摩川の旧河道を利用した流路です。

ちょうどこの道の暗渠のある部分だけに歩道があります。


f:id:hikada:20150919171140j:image

北古川、多摩川方向に最後の曲がり角です。そこそこに歩道も広くなってきました。

f:id:hikada:20150919171202j:image

空が開けてきました… 終点も近いです。実は一段分歩道が車道よりも低いんです。暗渠の歩道によくあります。


参考

f:id:hikada:20150627140958j:image

車道より一段下がった暗渠。しかも奥のほうには暗渠に突き出るパイプが見えます。(砧の仙川沿いの暗渠、2015年6月)

f:id:hikada:20150919171322j:image

この歩道橋を上がれば多摩川の土手です。土手の向こうで多摩川に合流していました。





f:id:hikada:20150919171819j:image

武蔵小杉に向かって…  

ちなみに、多摩川の河原は世田谷区で唯一の市街化調整区域*2です。


新田川のデータ

全長:約1.5 km

暗渠ポイント:暗渠、暗渠歩道、洗い場跡、遺跡


次回は、このエリア初の開渠のある六郷用水の分水が登場します。お楽しみに。

*1:昔の大きな川の蛇行のあとのこと

*2:新しい開発を控えようという地域。対義語は市街化区域