Hatena::ブログ(Diary)

示山橋

05 January 2013

稲城について(最終回)山道と遺跡の話

 前回の衝撃的な光景をうけて、直接、都道124号線のヘアピンカーブにアプローチしようと思います。男の人二人がヘアピンカーブからこちら側に歩いて来ているのが見えたのでちょっと安心しました。

f:id:hikada:20121118153429j:image

小道の入り口に戻りました。それでは、前に進もうと思います。

f:id:hikada:20121118153912j:image

この辺はまだガードレールが有るのですが。

f:id:hikada:20121118154230j:image

 坂道をどんどん上っていきます。ヘアピンカーブまでもう少しです。車が飛ばしているみたいな話を聞いたのですが、思ったよりもゆっくりでした。

f:id:hikada:20121118154341j:image

これが稲城ヘアピンカーブの一望です。うぬんっと道が曲がっています。すばらしいですね

f:id:hikada:20121118154359j:image

振り返ると南山の未成道が見えました。ちなみに、ここは昔はうっそうとした竹林でした。

f:id:hikada:20130104142807j:image

 これがこの道の電柱の名前です。根方というのはここの谷戸の名前で、洞窟は弁天洞窟に由来すると思われます。ちなみにこの都道沿いに根方谷戸公園という大規模な公園ができる予定になっています。







 どうしても弁天洞窟が気になったので行ってみました。弁天洞窟は威光寺内にあり、住所は稲城市矢野口2411です。お寺の中にはイチョウの保存樹木があります。

 この洞窟は、1500年前の遺跡(変形横穴式古墳)を明治時代に拡張したもので、奥行きは65m、広さは660平方メートルです。中はかなり整備されていて段差がほとんどないので転倒の心配がありません。

f:id:hikada:20121118155454j:image

お寺に入ると説明書と、マッチと、仏壇用ろうそくを渡されました。拝観料は300円です。

f:id:hikada:20121118155532j:image

 説明書きです。あのろうそくはどこで使うのでしょうか?

それにしても入り組んでいます。環状になっていて奥には池があるようです。

f:id:hikada:20121118155634j:image

それでは、入洞します。

f:id:hikada:20121118155924j:image

分岐点に石仏があります。左に進もうと思います。


 実はあのろうそくは唯一の照明です。ろうそくだけで洞窟を歩きまわと、環状になっている洞窟内を何度も何度も何度もぐるぐる回ってしまいます。しかも、絶対に暗闇の中で”銭洗いの井戸”で5円玉を洗うなんて言うことはこの装備では不可能です。真っ暗にした大部屋で発光塗量つきの目覚まし時計をつかって歩き回るようなものです。例えが分かりにくくてすみません。

f:id:hikada:20121118160154j:image

 一番外の道をぐるぐる回ります。途中で一組の夫婦と出会いましたが、暗くて困っていらっしゃるようでした。

足元を注意しながら壁に手を添えて中腰で歩きましたが、かなり腰が痛くなりました。歩きづらいです。

 道に迷いながらぐるぐるしていると地下の池が見えてきました。

f:id:hikada:20121118161031j:image

 この洞窟の目玉である大蛇が池の上に見えますが、頭部は撮れませんでした。何も見えないのでどこに頭部があるかわからなかったからです…

 昔々小澤峰山(小澤城跡)には大蛇が住んでいるという言い伝えがありました。里に住んでいるある人が、夢の中で大蛇が弁財天に化けるのを見たので、稲城村の村長ら28名がこの洞窟を掘ったところ弁財天が見つかったそうです。そこで、弁財天やほかの七福神の一部を祀ったそうです。それにしても、なぜ村人たちはこの洞窟をあえて掘ったのでしょうか?

 次に行く時は懐中電灯を持参したいと思います。雰囲気ぶち壊しですが… でも、洞窟探検も楽しかったです!




次のシリーズでは年末に投稿する予定だった場所を紹介します。

yuuko1220yuuko1220 2013/01/06 07:59 お邪魔します!
古墳で検索してたどり着きました。
湘南住のアラフォー女子です。
かまくらの「やぐら」や近辺の横穴墳墓、戦跡砲台などを見に行くのが好きです。

結婚するまで調布に住んでいたのですが、
稲城の この洞窟は知りませんでした。

壁面の彫り物、色もついて立派ですね!

ウチの方に「田谷の洞窟」といって
瑜伽洞がありますが、地底に池もあって、こんな感じです。
壁に灯りが点けられていないのですねー。

1500年前というのは相当古いですね!
興味深い記事でした、ありがとうございました!

hikadahikada 2013/01/10 23:43 コメントとご来訪ありがとうございます!! コメントの返信ものすごく遅れてすみません。ブログをしばらく手入れをしていなかったたもので…
ブログを拝読させてもらいました。
「田谷の洞窟」ってものすごく面白そうですね! 撮影禁止なのはとても残念ですが… 
あと鎌倉ネタもとても読みごたえがありました。湘南や鎌倉の夕焼けは夕陽が地平線に沈んでとてもきれいですね! 私が住んでいるのは23区なので、近所で夕焼けを見ようと思っても近所のビルや丘に隠れてしまって見られないことが多いのですが… うらやましいです。
ここ6年ぐらい鎌倉や湘南方面に行っていないのですが、また行ってみたくなりました。

yuuko1220yuuko1220 2013/01/12 15:09 こんにちは。
スターを頂いて、ありがとうございました。

すみません(笑)読んで頂いた様で・・・。
半分子供の遊びの様な 感覚なので お恥ずかしい(笑)

海まで5キロありますが、あまりに綺麗な空だと、
行ってしまえ!と スクーターに飛び乗ったり なんてこともあります(笑)

また、何かありましたら 寄らせていただきますね。

hikadahikada 2013/01/13 23:26 再びコメントありがとうございます!!
こちらもやっていることや文章がかなり子供っぽい感じなので、恥ずかしい限りです…
海に近いってやっぱりいいですね。湘南の浜辺の夕陽というワードだけでいろんな光景が想像できちゃいます。

これからもよろしくお願いします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close