hikarinobosatuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-06-28 幸福実現党HRPニュースファイル&hikarinobosatu tweets

広島県三次市における避難訓練等の口頭陳述[HRPニュースファイル1835]

08:06 | 広島県三次市における避難訓練等の口頭陳述[HRPニュースファイル1835]を含むブックマーク 広島県三次市における避難訓練等の口頭陳述[HRPニュースファイル1835]のブックマークコメント

http://hrp-newsfile.jp/2017/3214/

幸福実現党 広島第3選挙区支部長 野村まさてる

広島での初の口頭陳述

先日、広島県内の各自治体に提出した「北朝鮮ミサイルに備えた避難訓練等の実施を求める陳情」ですが、三次市議会から、「総務常任委員会で審査が行われる事になったが、書面にない追加の趣旨説明と質疑応答を行う事ができるがどうするか」という連絡がありました。

広島県で初めて公の場で市議会議員に直接避難訓練の必要性を訴えるまたとない機会であるため、出席する旨を申請しました。

今回提出した陳情書は、当該議会議員署名などがない要望書であったため、審査を行うかどうかは任意だったようです。

また、特定政党からの要望である事や、提出者(筆者)が当該地域に住所がないなどの理由から、委員会では審査に否定的な意見もあったと聞きました。

そのような中で審査が行われたという事は、避難訓練の必要性を多くの市民が認識しているという事でもあります。

委員会での陳述内容について

追加の趣旨説明として、

「21日に北朝鮮ICBMのエンジンの燃焼実験と思われる実験を行っていること」

憲法前文にある『平和を愛する諸国』とは言えない国家が近隣に存在すること」

東日本大震災時に避難訓練を行なっていた児童が助かったこと」

「想定外を無くし、万が一に備える事は行政の務めであること」

を伝えました。

質疑応答では、予想していた「不安を煽る事になる」などの意見は出ず、

避難訓練以前にできる事もあるのではないか」

「他の自治体では避難訓練を実施しているか」

「県内の他の自治体にも陳情書を提出しているのか」

政府には働きかけているのか。返答はあったのか」

難民の受け入れは自治体ではなく政府の仕事ではないか」

といった質問がありました。

◆口頭陳述を終えて

委員会での陳述の様子を記録に残そうと写真撮影を申し出ましたが、委員会の決議により却下されました。

委員会での陳述後に行われる審査は非公開との事で、委員会での採択はブラックボックスになっているようです。こうした対応は自治体によって違うようです。

やはり、自治体では具体的な対策はまだまだ進んでいませんが、陳情活動を展開することにより、地方議会へ働きかける力となります。

特に、広島では、陳情書の提出の際に「その思想は他国を刺激する」「不安を煽る事になる」などの言葉を複数の担当者から聞きましたが、陳情をタイムリーに提出する事が保守派議員の方にその事案について認識してもらう事につながりました。

引き続き、万が一に備えて国民の安全を守る準備の必要性を訴えてまいります。

--------

幸福実現党公式サイト http://hr-party.jp/

◎HRPニュースファイルサイト(バックナンバーがご覧いただけます)

http://hrp-newsfile.jp/

◎購読は無料です。購読申込はこちらから(空メー ルの送信だけでOK) ⇒

p-mail@hrp-m.jp

◎新規登録・登録解除はこちらから ⇒ http://hrp-m.jp/bm/p/f/tf.php?id=mail

◎ご意見・お問い合わせはこちらから ⇒ hrpnews@gmail.com

2017年06月27日のツイート

00:10 | 2017年06月27日のツイートを含むブックマーク 2017年06月27日のツイートのブックマークコメント

2017-06-27

2017年06月26日のツイート

00:11 | 2017年06月26日のツイートを含むブックマーク 2017年06月26日のツイートのブックマークコメント

2017-06-26

2017年06月25日のツイート

00:11 | 2017年06月25日のツイートを含むブックマーク 2017年06月25日のツイートのブックマークコメント

2017-06-25 幸福実現党HRPニュースファイル&hikarinobosatu tweets

豊洲市場移転問題についての都知事の会見を受けて(党声明)[HRPニュースファイル1835]

09:54 | 豊洲市場移転問題についての都知事の会見を受けて(党声明)[HRPニュースファイル1835]を含むブックマーク 豊洲市場移転問題についての都知事の会見を受けて(党声明)[HRPニュースファイル1835]のブックマークコメント

6月20日、東京都小池都知事は、記者会見で「豊洲市場を活用しつつ築地市場再開発する基本方針」を表明しました。これに対して21日に発表しました党声明を紹介いたします。

豊洲市場移転問題についての都知事の会見を受けて(党声明)

https://info.hr-party.jp/press-release/2017/4786/

築地市場の移転問題を巡り、小池都知事が会見で、中央卸売市場豊洲に移転するとともに、5年後を目途に築地市場再開発して市場機能を持たせ、将来的に豊洲市場物流センターとして活用する方針を明らかにしました。

一貫して豊洲市場への早期移転を求めてきたわが党として、都知事の無責任かつ不見識極まる対応は看過できません。

このたびの都知事の表明は、豊洲移転の賛成派、反対派の顔色をうかがった玉虫色のものであり、選挙目当ての場当たり的な政策と断ぜざるを得ません。

豊洲市場開場の時期が明示されていないばかりか、都知事の案は豊洲築地への二重投資であり、さらなる税金投入につながりかねず、その「経営感覚」の欠如は明らかです。

歴史のある築地市場に愛着を持つ方が多いのは確かですが、安全上は豊洲より築地の方が問題が大きいのが実情です。

都知事は安全上の「基準」とするにはあまりに不適切な「水質環境基準」を指標とし、豊洲について「法的には安全だが安心とはいえない」という考えを示し、本件の混乱を招いてきました。

しかしながら、実際には人々が汚染された地下水や土壌、空気にばく露される可能性は極めて低く、現状においても人々の健康に悪影響を及ぼすことはありません。

都知事は、本来、早期に豊洲移転を決断すべきであったにもかかわらず、その不明、不作為により莫大なコストを生じさせ、「豊洲市場は危険である」との風評被害をもたらした責任を認め、都民や市場関係者に対して謝罪すべきです。

科学的な見地から安全性が確保されている豊洲市場に今後、数百億円にも及ぶ追加対策を実施しても、税金の無駄遣いに終わることは明白です。

都知事は意味のない開場条件(汚染の無害化)を速やかに撤回するべきです。

豊洲市場は現在のままでも科学的な見地から十分に安全性が確保されており、環境規制への適合性など法的にも全く問題がないことから、わが党は東京都に、直ちに築地市場豊洲市場へ移転することを強く求めます。

また、わが党は、築地に市場機能を残置し、都が主導する「食のテーマパーク」などといった施設を整備することに反対します。築地市場の跡地は民間に売却し、民間の自由な創意工夫によって「築地」のブランドを活かした高度な再開発を行うべきです。

築地は守る。豊洲は生かす」などという、スローガン先行で具体論に乏しい「決められない政治」による混乱に終止符を打つべく、わが党は先見性と実効性ある政策を掲げ、引き続き活動を進める決意です。

平成29年6月21日

幸福実現党

--------

幸福実現党公式サイト http://hr-party.jp/

◎HRPニュースファイルサイト(バックナンバーがご覧いただけます)

http://hrp-newsfile.jp/

◎購読は無料です。購読申込はこちらから(空メー ルの送信だけでOK) ⇒

p-mail@hrp-m.jp

◎新規登録・登録解除はこちらから ⇒ http://hrp-m.jp/bm/p/f/tf.php?id=mail

◎ご意見・お問い合わせはこちらから ⇒ hrpnews@gmail.com

2017年06月24日のツイート

00:10 | 2017年06月24日のツイートを含むブックマーク 2017年06月24日のツイートのブックマークコメント

2017-06-24

2017年06月23日のツイート

00:10 | 2017年06月23日のツイートを含むブックマーク 2017年06月23日のツイートのブックマークコメント