Hatena::ブログ(Diary)

星のしずく暮らし

2050-11-11

星のしずく自己紹介&作品紹介

※いつも、このページがトップにくるように設定されています。日々の日記の更新は、記事の一覧をご覧下さいませ☆

日々の制作状況やワークショップの予約状況は、カレンダーをご確認下さい!

オレンジの枠で予定を書き込まれている日は、申し訳ございませんが来訪の受付ができませんので、ご注意下さい。



ワークショップについての記事

http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/archive?word=%2A%5B%A5%EF%A1%BC%A5%AF%A5%B7%A5%E7%A5%C3%A5%D7%5D


☆お味噌作りワークショップについて

http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/20151107/1446864561

予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム

http://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。





はじめまして☆

『星のしずく』です。


福岡県うきは市で、器作りをしながら、自然農で自給用の小さな畑をしたり、パンやお菓子を焼いたり、お料理ワークショップをしたり…

自然と共に暮らすライフスタイルの提案、日々の楽しく幸せな食卓の提案が出来たらいいなぁ〜と思っています。


日々の何気ない出来事や畑の様子、作品達、季節の食品加工、環境や社会的な事…その時々の感じた事を書いています。



この自己紹介や作品紹介のページがいつもトップにくる様に設定してあります。



定番のアロマ作品のご紹介。


「星座のアロマ&茶香炉」

f:id:hikarinowa1123:20100617211655j:image

f:id:hikarinowa1123:20090514150107j:image

f:id:hikarinowa1123:20100602125046j:image

f:id:hikarinowa1123:20100530100122j:image

星座の地図を見ながら、天の川やオリオン座などの星座をある程度正確に写しています。

ガラスのお皿を乗せれば、アロマライトに、陶器皿を乗せれば、茶香炉になります。

5W電球にすれば、常夜灯としても、お使い頂けます。

お祝い、贈り物などに喜んで頂いています♪



セット内容

☆ライト付き本体

☆アロマ用ガラス皿

☆アロマ用電球

☆茶香炉用陶器皿

☆茶香炉用電球

☆茶葉サンプル

☆敷き皿

価格13100円

茶香炉用の陶器皿は、4種類の中からお選び頂けます。


f:id:hikarinowa1123:20091026102039j:image



慈愛

f:id:hikarinowa1123:20100602125153j:image



ティアラ

f:id:hikarinowa1123:20100617211005j:image



えん

f:id:hikarinowa1123:20100617211244j:image




星座のアロマ&茶香炉についてのエピソード・想いなどは、以前の記事をご覧下さい。

星のしずく

http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/mobile?date=20110707&guid=on&section=1309997011





『アロマプレート』

f:id:hikarinowa1123:20111123095205j:image


素焼きの丸いプレートにお好みのアロマオイルを数滴垂らして玄関やトイレの壁に掛けて使います。

香りは揮発しますので、ある程度重ねて違う香りのオイルを使用しても大丈夫。

トイレの後に、お客様が来られる前に…

数滴垂らして、気軽にアロマの香りを楽しんで頂けます♪

価格は、大きさや細工によって多少の違いがありますので、お問い合わせ下さい。

写真は、焼く前の生の状態です。

焼き上がりは、うすいピンク色になります。




『木霊-kodama-』

f:id:hikarinowa1123:20111206080034j:image


小さな焼き締めの丸いケースの中にカラー粘土を使用した色付きの素焼きボールが10個入っています。

この素焼きボールにお好みのアロマオイルを数滴垂らして、玄関やトイレ、お部屋などに置いて香りを楽しみます♪

とっても小さいので、ちょっとしたスペースにも置けます。

私もお客様の来られる時には、カウンターに置いて数滴垂らしています♪

ほんのり香る幸せな香りに、お客様もリラックスして下さるようです☆





アロマ作品以外にも日々の器達を作っています。


掘ってきた土を混ぜたり、お風呂を薪で焚いてとれた灰を使った釉薬を使ったり。

出来るだけ自然の恵みを活かして作っていきたいなぁ〜と思っています。


どうぞ、ヨロシクお願いします。



『星のしずく』

福岡県うきは市浮羽町

(うきは駅から1.5キロほど)

お問い合わせ

星のしずく

hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp

(☆を@に変えて送信して下さい)

2050-07-31

2018年度お味噌作りワークショップ

お味噌作りワークショップ開催中は、この記事が一番最初にくるように設定しています。

日々の日記は、下をご覧ください。

☆お知らせ☆

カレンダー、ならび申し込みフォームが見れない方がいらっしゃいました。

ご迷惑をおかけしました。

改善し、貼り直しておりますので、再度ご確認下さい。

カレンダーの予定が書かれている所を押すと、あと何人可能なのか参加人数が見れるようになっています。

もし、カレンダーや申し込みフォームが見れない方がいらっしゃいましたら、メールでご連絡頂けると助かります。

メールでのお申込みでも構いませんので、難しい方は、お気軽にご連絡下さいませ〜

よろしくお願いします!

尚、お申し込みフォームからお申し込みされますと、まずは自動的に受付完了のお知らせが届きます。その後、こちらより連絡させて頂きますが、Yahoo!メールとなりますので、

星のしずく

hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp

(☆を@に変えて送信して下さい。)

このメルアドが受信できるようにお願い致します。





予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム

http://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。







星のしずくお味噌作りワークショップ

阿蘇小国の温泉の地熱で一晩かけて蒸す地獄蒸しによるお味噌作りワークショップです☆


一回の定員は6〜8名になります。

お一人約12kgのお味噌を仕込みます☆

参加費は、その年の材料の値段や各自の材料の配合によっても変化します。

下記を参考にされて下さい。


仲良しの皆様で集まってお申し込み頂くか、6名未満でお申し込みの場合は、こちらで日程の合う方々を探させて頂きます♪



材料の手配や麹の仕込みを約2週間前から始めるので、3週間前にお申し込み頂くと助かります。

尚、地獄蒸しのお休みの曜日がありますのでワークショップの開催可能曜日は、月、火、水、土、日曜日になります。


6名未満でお申し込みされる方は、希望月、希望曜日などありましたら、一緒にご連絡下さい。

通常11月〜4月位まで開催しています。




[流れ]

ワークショップ2日前に阿蘇の豆腐料理屋さんに無農薬大豆を阿蘇の伏流水に浸水して頂きます。

前日に私が、注文して仕込んで頂いた麹を醤油屋さんに受け取りに行って、そのまま阿蘇に行き、浸水された大豆を受け取って小国の岳の湯の温泉の地獄の蒸し場に入れます。

そのまま一晩蒸し上げます。


当日の朝にもう一度地獄へ行って、蒸し上がった大豆を引き上げて、アツアツのままに浮羽へ運びます。

それから、味噌作りワークショップ開始。


10時〜15時くらいの予定です。

早めに来すぎると私が小国から戻ってない事がありますので、ご注意下さい(笑)

尚、この季節の阿蘇は雪の可能性が高く、早朝は凍っていて通れなかったり、チェーンが必要になったりします。

その場合、時間通りに戻って来れない事もありますので、11時スタートにさせて頂くかもしれません。

前日に行ってみて雪の状況を確認してから、時間変更などになります時は、ご連絡させて頂きますので、ご了承下さい。



朝10時頃に集合して、お味噌作りはお昼過ぎには終わると思います。


片付けて掃除をし、持ち寄りランチをしてから、午後にお茶をしながら、分からない事などご質問頂き、15時頃には終了予定です。




[持って来るもの]

☆お味噌12kgほどを入れる容器☆


陶器の甕(8号で14.4L)やプラスチックの漬物容器(15型で15L)など

数個に分けても大丈夫です。

容器ギリギリまでお味噌を詰めると、水分が出て溢れる事がありますので、容器の八分目で収まるくらいの大きさをご準備下さい。

酒粕で蓋をされる方は、その分もご考慮ください。



陶器の甕に詰める方は、かなりの重量になります。

また、遠方から公共交通機関を使って来られる方は、大変なので、お味噌玉をビニール袋に入れて持ち帰り、ご自宅で容器に詰めて頂く事も出来ます。







☆持ち寄りのオカズ☆

参加者の皆さんで一緒にお昼ご飯を食べます。

こちらで無農薬の酵素玄米とお味噌汁を準備しますので、皆さんにみんなで食べられるオカズを持ち寄って頂きます。

ご家族で来られる場合は、人数もご配慮をお願い致します☆


お茶菓子なども大歓迎です♪




☆汚れてもいい服装☆

エプロン、三角きん、手拭きタオルなど

お味噌を作ったタライを外で洗います。

足元が水で濡れる場合がありますので、長靴など水に濡れてもいい靴。




☆会費☆

注文された麹や豆の種類などによって異なります。

毎年、その年の材料の価格等によって変動していますので、ご確認下さい。




2017年冬〜2018年春までの価格


☆大豆のお味噌

米味噌13230円

麦味噌11160円

合わせ味噌(米1:麦1)12190円

合わせ味噌(米1:麦5)11500円



☆小豆のお味噌

米味噌13430円

合わせ味噌(米1:麦1)12390円




☆ヒヨコ豆のお味噌

米味噌13630円

合わせ味噌(米1:麦1)12590円





1つ(12キロ)のお味噌をお友達と数人で作って分けて持ち帰る場合、お一人追加毎に1,000円プラスさせていただいていますので、ご了承下さい。


例えば。。。

大豆のお味噌、ヒヨコ豆のお味噌、小豆のお味噌の三種類を四人で作り、3種類を3キロづつ四人で分けて持ち帰る場合、各お味噌の価格プラス一人追加で1000円になります。



ご家族(お子様連れ)での参加も可能です。スペースやご飯の準備がありますので、何人で参加なのかご連絡下さい。


尚、ご家族以外の方の見学は基本的にお断りさせて頂いていますので、ご了承下さい。



☆楽しい気持ちとたっぷりの愛♪

これが一番美味しく出来るコツかも☆



[キャンセルについて]


麹などの材料の手配を2週間前から始めていますので、キャンセルができませんので、ご了承下さい。

当日、参加できなかった場合は、材料をお渡しするか、プラス1,000円でこちらでお味噌を作ってお渡しとさせて頂きます。

代わりに作って下さった方に1,000円お渡しします。




『材料について』


大豆は阿蘇産の無農薬大豆(浸水は阿蘇の伏流水)


米麹の材料は大分耶馬渓産の無農薬米


麦麹の材料は福岡産麦でこちらは無農薬ではありません。(生産者の方を探して無農薬で出来る様に〜と思っています)


塩はオーストラリアのシャークベイの天日塩(ふり塩は天草の自然海塩)


仕込み水は、阿蘇小国の岳の湯温泉の湧き水

岳の湯での地熱による一晩の地獄蒸し



※材料の産地は、その年の出来高により予告なしに変更する事がありますので、お問い合わせ下さい。



通常、大豆2キロに対して麹6キロ、塩1200g(+振り塩100g)で仕込んでいます。

ご希望により、豆(大豆、ヒヨコ豆、小豆)、麹(米麹、麦麹、合わせ麹)その他お好みの割合にできます。

下記の申し込みフォームにてご選択下さい。

どんなお味噌にしようか迷ったときは。。。

お味噌の種類についての記事

http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/20180202/1517579358



ご希望を伺って、2週間前には、材料の調達や麹の仕込みを始めますので、お早めにお申し込み下さい。


予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム

http://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。



分からない事などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



星のしずく

hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp

(☆を@に変えて送信して下さい。)








f:id:hikarinowa1123:20180113163729j:image

f:id:hikarinowa1123:20180113141820j:image

f:id:hikarinowa1123:20180110151326j:image

f:id:hikarinowa1123:20180110151132j:image

f:id:hikarinowa1123:20180110072801j:image

f:id:hikarinowa1123:20180110072117j:image

f:id:hikarinowa1123:20180110072054j:image

f:id:hikarinowa1123:20151129110000j:image

f:id:hikarinowa1123:20151129112100j:image

f:id:hikarinowa1123:20151129114300j:image

f:id:hikarinowa1123:20151129113900j:image

2018-09-07

お誕生日に

今日はお誕生日。


覚えててくれた方々から届くお祝いの言葉たち。


いつも気にかけてくれて、ありがとうございます!


何とか無事にこの歳も迎える事が出来ました。


長年、私の暮らしを見守ってくれているお友達から届いた言葉。


私が常日頃から想い感じている事を、しっかりと感じとって味わってくれて、それを自分の感性で素敵な言葉にかえて、お祝いの言葉にしてくれました☆


嬉しかったぁ♪


最近、こうした感じとって味わって、自分の中にいきわたり、自分の表現としてそれをまた還してゆく…


そんなやり取りを重ねて、ゆっくりと日々心を繋げてゆく事。

ささいなささいな事だったりするけど、そんな毎日を愛しく感じています。


幸せな日々。


毎日毎日、目の前の今のその時をしっかりと味わって重ねて生きたい。


改めて、そう感じるお誕生日です。


ありがとう!


とっても素敵で嬉しかったので、お友達の了承を得て、下記にメッセージを紹介させて頂きます♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




誕生日おめでとう。

時たまパソコンの画面にぽつん、ぽつんと滴り落ちてくる

星のしずくを眺めているだけだけれど ―

そのひと粒、ひと粒に映し出されるさりげない

日常の情景の 四季の彩りの豊かさ

人と人とが それぞれの最良の部分で触れ合っているような

共感の響きとぬくもり

足りないものへの不満ではなく

与えられているものへの感謝

そうでなければ伝わってこない 

画面の この静かな喜び

天の星々、地の生命たち

そこに距離がないことは

たったひと粒の星のしずくの中に

全てが楽しげで調和的なシーンを現出している

そのことからも 明らかだ。






f:id:hikarinowa1123:20180907070956j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907070634j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907070548j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907070056j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907070029j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907070022j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907065843j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907065515j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907065349j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907064350j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907064818j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907064913j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907064957j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907065015j:image

f:id:hikarinowa1123:20180907065251j:imagef:id:hikarinowa1123:20180904062509j:image

2018-09-03

最近の〜

もう9月!!

ずいぶん更新してませんでした(-o-;)

大丈夫。

ちゃんと生きてます☆


とりあえず、写真見たら分かるかぁ〜って事で、近況報告がてら、最近の写真を(^_−)≡★




カセットコンロ&薪ストロケスト料理にも慣れてきました♪


天然酵母パンに巨峰発酵液、野草酵素に自家製稲藁の納豆〜♪と発酵ものも充実☆


田んぼでも、次々に出穂してスクスク育っています♪


新しく薪棚も作り、今季の薪仕事も無事に完了!


今は、うちの稲藁の釉薬で焼いたご飯茶碗で新米を食べよ〜♪企画で、器作りの日々です。



元気にしてます〜♪




f:id:hikarinowa1123:20180827122729j:image

f:id:hikarinowa1123:20180825065907j:image

f:id:hikarinowa1123:20180825065052j:image

f:id:hikarinowa1123:20180824113655j:image

f:id:hikarinowa1123:20180824103635j:image

f:id:hikarinowa1123:20180823165023j:image

f:id:hikarinowa1123:20180821095013j:image

f:id:hikarinowa1123:20180820125040j:image

f:id:hikarinowa1123:20180819181313j:image

f:id:hikarinowa1123:20180819175341j:image

f:id:hikarinowa1123:20180819175325j:image

f:id:hikarinowa1123:20180810104353j:image

f:id:hikarinowa1123:20180720093012j:image

f:id:hikarinowa1123:20180712133625j:image

f:id:hikarinowa1123:20180709155132j:image

f:id:hikarinowa1123:20180629071928j:image

2018-07-01

田植え終了☆

梅雨の晴れ間、今日はもう夏の日射しでしたね!

7月に入りましたね〜

またまた、ブログの更新が出来てませんでした(-o-;)

田植え三昧だった6月。

種蒔きも田植えも1ヶ月早くしたお陰で、6月22日に無事に田植えが終了しました☆


たくさんの皆さんに助けて頂いて、本当に感謝感謝です♪

田植え最後の日は、思いがけず、たくさんの方々が来て下さり総勢13名で賑やかなフィナーレになりました♪


しかも、来て下さった方の中に染織作家さんがいて、レモンの若葉で染めたガーゼのストールを持ってきて下さり、それをうちの田んぼの泥で泥染めする!という格別な計らいまであり、感動しちゃいました(*≧m≦*)



1ヶ月と1週間コツコツ地道に向き合ってきた田んぼの土を纏えるなんて、本当に嬉しいo(^o^)o


なんて心のこもったプレゼントなんだろう〜♪


私達の周りには、自分でお米を育てているお友達がたくさん。

自分の田植えをしながらも、お互いアチコチの友人達の田んぼのお手伝いに行っています。

みんなで助け合いながら一緒にやる結作業ですね。


今年は、田植えが順調だったので、私達もいろんな田んぼのお手伝いに行けました☆


それぞれ、代掻きしてたり、不耕起だったり、畑苗代だったり、ポット式の苗だったり…いろいろ。

山の田んぼに街中の田んぼ、条件も環境もいろいろ。

1年でたくさんの田んぼを肌身で感じる事が出来ました。


そんな、みんなの田んぼも一段落!


雨も止んで、田んぼの草刈りに入りました。

しばらくは草刈りの日々かなぁ〜

朝から全身水浸しで、周りの田んぼのおじさん達に笑われてます(笑)



田植えの間、田んぼ最優先だったので、家の周りの事や畑の事がまるっきりお留守になってました。

ひとつの事しか出来ない不器用さ…


今日は朝から昼まで田んぼ草刈りしたので、夕方は家の周りと庭畑の草刈り。


ものすごい事になってた…

やっと出来てホッ。



梅雨までにやっておきたかった事が山盛りだったんだけど、田植えが早まったお陰で全く出来ず…


でも、田植えはこの1ヶ月早い感じが良かったので、暮らしのアレコレとのバランスの取り方をもう1回見直さないとなぁ〜と思いました。


カセットコンロ&薪スト料理にもだいぶ慣れ、パンを焼く余裕も出てきました♪

無農薬農家のお友達が育てた全粒粉とライ麦100%の超贅沢パン♪

暮らしのひとつひとつが、ゆっくりゆっくり味わいたい愛しいものばかりです(^-^)




f:id:hikarinowa1123:20180629071928j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622184926j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622175108j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622175045j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622175020j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622174959j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622174954j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622174419j:image

f:id:hikarinowa1123:20180622173700j:image

f:id:hikarinowa1123:20180618101034j:image

f:id:hikarinowa1123:20180617124046j:image

f:id:hikarinowa1123:20180616154410j:image

f:id:hikarinowa1123:20180615133428j:image

f:id:hikarinowa1123:20180615131805j:image

f:id:hikarinowa1123:20180614100306j:image