4540

2018-08-31

8月31日(金)

金曜日。

晴れ。

 

なんか知らんが電車に乗ったらエアコンパワフルにかけてた。

 

朝から暑くはないですよ?

人が乗ってきてからは送風くらいしてほしい時はあるけど。

 

そういう時に限って淀んだ空気に支配される。

 

人生はままならないねえ。

 

あ。

八月、今日で終わりじゃん。

 

終わる八月。

用事ある体で午後帰る。

 

こなしてから帰ってノーマッド

 

削れてしまったジャンパーのパターンはなんらかのチップの足から取れそう。

 

ただ、細かくて見づらい。

取り敢えず他の用途でも使えるから安いルーペスタンドを頼んだ。

 

ついでに32xが鎮座してるメガドラメガCD用としてACアダプタも。

 

アダプタは以前買ったものと同じ。

オーディオ系のものでY字ケーブルで分岐させればひとつで両方に電源供給出来る。

 

おまけにノイズも取れて万々歳。

 

それとグルーガンも注文。

何気に使えるホットボンド

 

何気にの前にノーマッドの交換された液晶左に寄ってるので直したい。

 

多少調べてコントラストかブライトネスでも弄れれば有難いんだが。

 

それにしてもmodeあたりとjp2に接続されてた配線は何だったんだろう。

 

割と雑でパターン剥がれた要因もそこにある。

 

何せjp1とjp2の外側のパターンは

ガチャガチャやってるが剥がれる気配はない。

 

液晶配置のずれといい少しいい加減な人がやった改造なのかも。

 

2018-08-26

8月26日(日)

日曜日。

晴れ。

 

休み。

それなりに暑い。

 

普通に仕事行くような時間に起きたのでメガCDの異音について対処してた。

 

メガCD 異音、でググって該当のブログではピックアップのリミットスイッチとやはりコンデンサの交換の記事があった。

 

三段積みのメガCDは特に異常はないが、二段積みにしてるほうのメガCDで異音が出るためトライして見た。

 

因みに既に両方ともゴムベルトと数カ所のコンデンサは変えてある。

 

で、やろうとしてるのはそれプラスCDとつながってる基盤のコンデンサを変えてある。

 

残ってるのは音声出力やACアダプタコネクタが乗ってる基盤。

 

ここもいくつか変えてあるが残ってる、6V10μFx14。

 

手元に25Vの50Vの10μFがあったのでそれを使って交換した。

 

ハンダ吸い取り器を使って見たが割とうまく行った。

 

前に一度使ったがなかなか取れないので放置してた。

基盤の裏側から、コンデンサの向きから見て逆、やってみると思ったより吸い出せた。

 

吸い出せる方向ってあったのだろうか。

 

気持ちよく穴が空いて足が通しやすくなっていた。

 

多分最近のハンダ仕事で一番いい仕事だったと思う。

今までが雑でよくうまく行ってたもんだと。

 

で、そこの記事だとリミットスイッチでは解消せずコンデンサ全交換したら直ったとあったのでやって見た次第。

 

が、変わらず。

やはり一定のタイミングでガガガと音が出る。

 

仕方ないのでリミットスイッチをみてみた。

さすがにまたバラすのは面倒だったので適当にエアダスターを吹き、稼働を確かめるようにうごかしてみた。

 

すると異音が消えた。

 

つまりうちの原因はリミットスイッチだったってわけか。

 

埃でも詰まっていたのだろうか。

まあ改善したのなら取り敢えずいいということで。

 

わかりづらいがメガCDのCDドライブ自体の基盤のコンデンサは変えてない。

ドライブまで分解するのは面倒なので。

 

ただこっちのはそれ以外のは全部交換したことになった。

これでしばらく持つか?

 

それとPCエンジンGTの液晶が白っぽすぎる症状なんとかしようを敢行した。

 

分解、コンデンサ交換、動作確認、対処、分解、組み直し、分解、コンデンサ、とメガCDPCエンジンGTだけで1日の大半が過ぎて行ってた。

 

さておき、白っぽいのはまだコンデンサが良くないのか?

ただこちらはシールド以外のコンデンサは全て変えてある。

 

一応液晶に作用するコンデンサを変えておく。

変わらず。

 

調整つまみなどあるはんたを盛り直す。

変わらず。

 

液晶を見てみる。

コンデンサあるなら変えればあるいは。

しかしないから変えようがない。

 

その代わりなのかCDのレーザー出力の調整で見たようなツマミがある。

 

あっちは時計回りで弱、反時計で強、だったな。

白っぽい、ということは強いってこと?

なら弱くしたら?

 

どうせ壊れてるなら手の施しようもないんだし、マーキングせずに回して見た。

 

組みなおす。

恐る恐る電源を入れる。

入らない。壊した?

電池が逆になってた、直す。

映った。

白っぽすぎたのが見やすくなってる!

 

ただコントラストのつまみが一番暗いところで見えるようになった程度なのでもう少し調整したい。

 

分解してボリュームを時計回りに回す。

組みなおす、を2度ほど繰り返してようやくもう一台と同じような明るさになった。

 

Iボタンが効かなくなる現象も連写スイッチが端まで行かないようにしたら解消した。

 

これでGTで対戦できるぞ!

対応ソフトないしそもそも相手もおらんが。

 

それと気の迷いはまだあった模様。

 

 

2018-08-23

8月23日(木)

木曜日。

晴れ。

 

午後から雨模様。

台風来るのか?

 

昼過ぎでも降らず。

帰ってしばらくしたら降ってきた。

 

予報外すの好きすぎる。

 

定時でさくっと。

ようやく届くPCエンジンGTを受け取るために。

 

来るときは重なるな。

 

ひとつめ、

電池バネが錆びてる

Iボタンが効かない

音が小さい

絵は普通、コントラストもいじれる。

 

ふたつめ

ひとつめよりは外観はいい

音が小さい

絵は白い、コントラスト下げてもまだ高い感じ

ボタンの効きは悪くない

 

といったものだった。

ゲームはどちらも普通に起動。

多少認識甘かったが接点復活させたら問題なくなった。

 

取り敢えずふたつめのから手をつける。

バラして、見えるコンデンサを取り払った。

 

二、三個取り付けてあとは明日に。

 

こないだAmazonで買った一山いくらのコンデンサ、ちゃんと使えるんだろうか。

 

2013-03-23

うちのVAIO

 

先週の今頃ジャンク扱いとして購入した、PCG-FR77J/B Pentium4の2,66GHzでxpモデル。

 

 

マザー故障が疑われてる、というのが理由。

実際にはCMOSの電池切れとfnキーの故障っぽい。

 

内蔵電池は置いといて、fnキーはそれのみが効かない。

他のキーはちゃんと反応する。 

 

キーボードだけ取り外して見てみたけど、特に異常が見られない。

まあ、かっちりとはまってることもあってバラすと戻せるかわからない類なので

さらっと見渡しただけだけど。

 

もっともマザーの異常で反応しなくなってることもあるのでなんとも言えないが。

でも若干さびのようなものが金属的なところに浮かび上がってるのよね、キーボードの方。

 

 

使う上であんま困ることは無いが、ボリュームや液晶の輝度調整のダイアルなど用意されてない

モデルなのでfnキーが使えないと輝度調整は不可能。

 

vista以降なら省電力設定あたりから出来るんだが、

xpじゃ個別に用意された方法以外は出来ない仕様。

 

画面プロパティの深層の色タブから

明るさコントラストの調整でバックライト自体は制御は無理でも目に優しくはできる。

 

 

あとは電池切れのせいか時刻が狂うこと。

その他は数時間連続稼動などさせたりしたけど、システムデバイスに?マークや

原因不明のエラーなどや不安定要素などは特に見受けられなかった。

 

HDDは純正。リカバリ領域も残ってた。

光学ドライブが搭載されてまだ使用可能だったので購入後にリカバリディスクを作成。

きちんとベリファイも行われそのチェックにも耐えたので問題な模様。

 

メモリは標準256MB。

購入時には2つあるメモリソケットがすべて埋まっていて512MB。

 

最大容量は1GB。

512MBx2。

それを先週の火曜日に注文したわけですよ。

かかった日数は前日の通り。

あーせーのーうんゆはらたつわ

 

とはいえ、UMAで最低32MBとられたとして480MBは残る計算。

xpならこれでも十分だろうと思ったら結構重いのね。

思いと言うよりはHDDアクセスランプつきっぱでつっかかることが多いというか。

で、1GBにしたらだいぶ軽減。

 

 

付属のバッテリは思いの外もつ。

それより新しいはずのソーテックに付随してるのよりも。

ま、軽く10年近く経過してるはずなのでそろそろ寿命だとは思うけど。

 

 

xpはHomeEdition。

なのでネットワーク系が備わってない。

nasneのシェアフォルダすら見れない。

まいいか。

 

 

fnキーは使えるようにしたいなあ。

かと言ってキーボード変えるほどの必要性も感じない。

どれだけ使えるかわからないのでこれ以上の投資も躊躇するし。

 

しっかしVAIOって名前のPCって下位モデルですら4万台で買えるんだ。

オレは知らなかったぞ。

それでいて4倍どころのパフォーマンス差じゃないだろうし。

 

時代の流れっておっそろしいな。

 

 

3年くらい前だと、NECの薄いノートを15kくらいで買って使ってたのよね。

PentiumMの1,5GHz前後かな、正確なクロックは忘れたが。

 

メモリは256MB内蔵だったような気がする。

それに1GB足して1,25GBで使ってた。

 

HDDは流行りのSSDに換装してた。

このあたりのMLCタイプだと書き込みが遅いし寿命も短いから

試したあとにすぐにHDDに戻した覚えがある。

今だとまた違うんだろうか。

 

そのころの感覚で使うと幾分もっさり気味。

いつの間にかメインで使っていたcore2duoのノートがそこそこ速かったと思い知った次第。

でもこのノートはVGAが貧弱過ぎる。

HDCPくらい対応できそうでしていない、そういう半端さ。さすがはソーテッククォリティ。

 

ん?

ソーテックってまだあったっけか?

 

まいいか。

 

とりあえず使えるようになっただけで満足してしまった。

キーボードは接点クリーナー程度で復活すると嬉しいんだけど。

どうなることやら。

 

あとでためしてみるか。