Hatena::ブログ(Diary)

+48v

+48v flickr 置方無重力 つんぶら

2008-09-11 近況2

近況 01:04

ということでホームページを移転しますた。

http://okikata.org/

もう全面的にpositolgで構築しますた。便利。

"置き方の無重力"っていう適当なタイトルですが、

ここ↓でやってたことの延長です。

http://48v.ath.cx/~hiko/positlog/

いかに無重力状態を作りつつ、その中で事物を配置していくかってことを考えていければと思っています。

このblogもhttp://d.hatena.ne.jp/hiko07072/に移転する予定です。


あと9月にオープニングイベントを行うと言っていたkiviakというアートスペースについてですが、

絶賛激押しのスケジュールで進行中です。おそらく年内にはオープニングイベントが行えるかと思います。

進行状況は逐次http://kiviak.org/http://d.hatena.ne.jp/kiviak/で掲載していきます。

オープニングイベントも決まり次第そこで告知しますので、生暖かく見守っていただければと思います。

ではでは。

2008-06-28 近況

近況 17:41

最近聖蹟桜ヶ丘に友人たちとアトリエを借りて活動しています。

kiviakという名前のアトリエになりました。

9月頃にはギャラリーとして展示も行う予定です。

ひとまずはてなダイアリーを設置。HPは今制作中です。

http://d.hatena.ne.jp/kiviak/

9月の展示については詳細決まりしだいまたお知らせしますので是非みなさん遊びにきてください。

ではでは。

2008-05-30 つことで

韓国にいるニダ 04:03

30日のオープニングでライブしたり、31日から展示してたりします。

http://galleryloop.com/blog/?p=302

2008-05-16 こくち

こくちこくち

f:id:hiko0707:20080516110022j:image

f:id:hiko0707:20080516110021j:image

f:id:hiko0707:20080516110020j:image

5月24日(土)は久々に八広hightiでダウヂングします

http://highti.jugem.jp/?eid=105

これよく見るとDmonstrationsとLCDDの日本ツアーだったのね。

スペインからベンディング系のバンドLCDD、アメリカからDmonstrations、Lee Douglas、

日本勢は狂うクルーと、我らダウヂング同好会です。


5/24(Sat)

17:00オープン/18:00スタート

1500円 (1drink)


Dmonstrations(us)

LCDD(spain)

kruu crew

ダウジング同好会

Douglas Lee(china/us)


ケータリング

矢嶋ゆめ

2008-05-03 近況

久しぶりに

ダウヂング同好会ライブだよーライブだよー

音響たまーらんど vol.3

chan'chaLa 可笑しい

http://ontama.qpqp.org/ontama/


日時

2008年5月11日 17時30分

2008.5.11(sun) open 17:30 / start 18:00

charge: 1000yen (1drink)

http://ontama.qpqp.org/ontama/


  • member

Kumiko Noguchi

Yoshito Oonishi

Takanobu Inafuku

yang02

tadahic

hasegawayu

Kenichi TAKAHANA

ダウヂング同好会

Koichiro Mori

Satoru Higa

Uuuco.!


  • place

loop line

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1

http://www.loop-line.jp/access.html

2008-04-04 よんよん

positlog

ってのを設置してみますた。

http://48v.ath.cx/~hiko/positlog/

普段のメモ用に使っていきたいと思います。

で、いくつかのテキストはバックアップ的にこっちにも書き残していく感じでやってこうかと。

「階級関係」ストローブ=ユイレ

カフカの「アメリカ」を原作にしたストローブ=ユイレの1986年の作品

登場人物のほとんどを素人が演じている。で、見てて気になったのはその素人の演技。

素人の演技は当然訓練されてないので、プロの役者に比べて身体がうまく制御されていないように見える。

プロの役者の演技は、些細な動作、例えば瞬きですら「演技」のために行われていて、それが映画のフレームの中では自然に見える。けどこの映画に出てくる人物たちの些細な動作は「演技」へとは向かっていない。

細部としての些細な動作が、全体としての演技へと向かって無い感じ。

素人の演技は、細部が全体に奉仕しないから、その些細な瞬きとか、呼吸とかが見ていてすごく気になってくる。

でも、僕らが普段他人の瞬きとか、呼吸が気にならないのは、それが演じられているからではないけども、単純に生きるための、生のベクトルに価値づけられ、方向付けられているから。それは役者が演技することで些細な動きを統御するのに近いことなんじゃないかと思う。

で、無理な繋げ方かもしれないけど、カフカのこの物語自体にもそれに近い事が言えるんじゃないかと思う。歌を歌わない歌手とか、象徴的なモチーフは出てくるんだけど、それはそのままというか。物語の中で起きる(些細な?)出来事がオチ、帰結に奉仕しない。カフカはよく非日常とか、不条理とかのイメージで語られるけど、先述した演技と些細な動作の話をふまえると、そういったイメージとはちょっと違うってことが見えてくる。

2008-02-22 アンプル

アンプル

発売されてます。

ダウヂング同好会として参加しています。

http://www.eonet.ne.jp/~luara/ample/

2008-02-21 ***

漬け物写真

写真が好きな知人は、「スナップ写真は撮りたくない」ってことを確か言っていたはずで

一枚一枚を撮る瞬間を大事にしているみたいな事を言っていた。彼は写真の作品を作っているんだけど

それはけっこういい作品だと僕は思っている。


写真よりはカメラに興味がある僕は、スナップ写真にもならないゴミみたいな写真を

ただカメラのシャッターボタンを押したいが為に撮り続けている。作品に使う事なんか

全く考えていなくて、ただそこに撮影したカメラの性能が映ってれば満足なのだ。


最近そのネガとL版のプリントをまとめてみたら5キロくらいあった。

データじゃなくて、重さで。


適当に押してたシャッターが、現像-プリントのプロセスを経て5kgの重量を獲得し、

今ここにこうして現れたのを見るとなかなか感慨深くもあるし、

なんて無駄な事をしたんだろう、とも思う。


この写真を何かに役立てるには、やはりこの重さを生かす方法が一番だ。

5キロの重さの写真は作品にはならないかもしれないが、ちょっとした

漬け物だったら石の代わりに置いて漬け物を作れそうだ。


しかし石で漬けた漬け物と、5kgの写真で漬けた漬け物では味に違いが出るのだろうか?

写真に映っているものによって、漬け物の味は変わるだろうか?


みたいな事を最近は考えている。のかもしれない。

2008-02-05 展示のおしらせ

多摩美術大学大学院美術研究科デザイン専攻情報デザイン領域情報芸術コース展覧会

『諸_芸術展』 のお知らせです。

■名称

多摩美術大学大学院美術研究科 デザイン専攻情報デザイン領域情報芸術コース 展覧会

「諸_芸術展」

http : //gs.idd.tamabi.ac.jp/sho_geijutsu

■出展

飯沼 珠実/磯邉 美香/稲福 孝信/大島 健太/カストロ ホアン/坂上 まい/高花 謙一/

谷口 暁彦/花村 明良/比嘉 了/森 浩一郎/山口 崇洋/山口 百合子/山本 詠美/山本 純子

■概要

このたび、多摩美術大学大学院美術研究科デザイン専攻情報デザイン領域情報芸術コースでは、

今年度の研究成果の発表として『諸_芸術展』を開催いたします。本展覧会はタイトルの『諸』

の文字が示す通り、ビデオインスタレーション、サウンドパフォーマンス、ソフトウェアアート

といったテクノロジーを使用したものから、イラストレーション、写真といった表現まで、作家

独自の研究から導きだされた、オリジナリティとバラエティに富んだ表現方法がひと所に集結し

ております。

たんなる『芸術』という言葉ではひとくくりにできない『諸_芸術』の姿を、是非ご覧下さい。

■会場

ZAIM

http://za-im.jp/

神奈川県横浜市中区日本大通 34

Tel : 0452-22-7030

■会期

2008年 2月8日(金)〜2月11日(月) 11:00〜21:00

2月10日(日) 18:00〜 ビトウィーンパーティー

2月8日(金)〜2月11日(月) 14:00〜、18:00〜 出展作家によるライブパフォーマンス

■入場料

無料

■協力

ZAIM

多摩美術大学情報デザイン学科研究室

■企画

多摩美術大学大学院美術研究科デザイン専攻情報デザイン領域情報芸術コース

■お問い合わせ

代表 : 山口崇洋

Tel : 080-5528-2668

E-mail : gs.idd.tamabi@gmail.com

http://gs.idd.tamabi.ac.jp/sho_geijutsu



こんなんだしてまふ

http://www.vimeo.com/658159

2007-12-06 日記

日記

12月5日に何を見たかと言えば、女と男をみた。


女の方は校舎の入り口で、見た。

黒いサッカーのユニフォームを着て、ipodを首からぶら下げて音楽を聞きながら、

2回、側転をした女だ。それは誰かの視線を意識して、そうして見せたようでもなく、

音楽と、それに没頭している様子だった。だから僕が見ていた事に気づくと気まずそうに側転をやめ、走り出していった。


男の方は駅の階段で、見た。

それは白人の男で、赤い上着と赤いリュックを背負っていた。

上着の背中、それとリュックにそれぞれ白い文字で「CANADA」と書いてあった。

正確に言えば、背中に書かれた「CANADA」の文字はリュックに一部隠れていて、リュックに書かれた「CANADA」によって

それぞれが同じ「CANADA」であることが理解できた。なのでその男はカナダ人のように見えた。

けれどもなぜ「CANADA」なのか。それぞれ赤で統一された上着とリュックは、サッカーのサポーターなのかと思わせるが、

チーム名だとか、何かのスポーツを意味する文字はなくて、ただ「CANADA,CANADA」と2回繰り返されるだけなのだ。

@ |か |@ |か | 2007/12/21 02:30 http://www.hobo1.com/
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1825613
http://www.nicovideo.jp/watch/sm726894
http://www.nicovideo.jp/watch/sm186845

あ 2008/01/04 04:59 風船(聖)おじさん
http://maglog.jp/natutai/index.php?module=Article&action=ReaderDetail&article_id=110243