兼業主夫 ときどき 指揮者 のち ギーク?

2009-01-24

Skype de TRPG 支援ツール の今後

 定例の仲間内勉強会でいろいろアドバイスをいただき、まだはっきりとは決めていないもののSkype de TRPG 支援ツール の今後を考えた。

(「Skype de TRPG 支援ツール」については、「Skype de TRPG用のファイルを、まとめてダウンロード出来るようにした - 日常のきれはし」を参照)

  1. Visual C#で開発。

 出来ればインストール不要(ファイルをダブルクリックで実行)、それが不可能なら簡単にインストールできる仕組みを用意する

  1. ツールを実行している人の発言も拾いたい
  2. まずは現行のツールと同等のもの(ダイスを振る)を作る
  3. ソードワールドRPGのレーティング表を実装する (どのような形にするかはこれから考える)
  4. トランプ機能を実装する

 誰が何を持っているのか、はその人にしかわからないようにする。(持っていないカードを出せないようなチェックも必要)

 山札がなくなった時には捨て札を切り直して山札にする。

 もちろんカードの重複がないように。

  1. キャラクターの能力値を最初に設定しておくと、自動で判定してくれたりなんかしちゃったりして?
  2. 「Skype de TRPG 支援ツール」に代わる名前を考える

 以降、思いつく限りの必要な機能は実装させていきたい

 トランプ機能の実装までを、できれば年度内にこなせると理想的。「やるやる」と言ってやらないことの多い私だし、3月末には第3子が誕生する予定なのでなかなかそうもいかないかもしれないが、可能な限り努力したいと思う。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiko_s/20090124/p3