兼業主夫 ときどき 指揮者 のち ギーク?

2009-04-14

クライアントソフトが必要な気がしている

 トランプが(仮とはいえ)実装できたので、何となく自分の中で満足してしまって放置する事約1ヶ月。

 まだまだ中途半端である事が気がかりで、どうせ終わりにするならもっときちんとしたものにしてからが良いな、と思い始めた。

 機能的にはいくらでも(と言うと言い過ぎだが)追加出来るのだが、追加すればするほど「どう使うか」を説明する手間は増えていく。

 プログラミングするように文法に則ってSkypeで発言するのは、一般ユーザにはかなり難しいと思うのだ。

 となると簡易入力出来る仕組みが必要だ。

 サーバ側はどんなに複雑な命令でも文法に則っていれば処理出来るが、使用者がその複雑な命令を意識することなくSkypeで発言出来る仕組み。

 それはつまり、Skype de TRPGのクライアントソフトではなかろうか。

 ボタンを押せばサイコロを振れる。

 ボタンを押せばトランプを引ける。出せる。

 生命力や精神力といった、プレイ中に変動する値を管理してくれる。

 そんなクライアントソフトがあると良いなぁ、と思う。(人ごとのように……)

 で、Windowsユーザだけをターゲットにするなら難しい話ではない。Visual C#版に組み込んでしまえば良いだけである。サーバとして使用するかクライアントとして使用するかを選ばせる事で機能を使い分けるだけだ。

 しかしMacやLinuxユーザをターゲットにするとなると、それではまずい。

 ここは共通のプラットフォームで動くものが必要だ。

 となるとAdobe AIRか? SkypeAPIとの関係はどうなのだろう。理論的にはMacだろうがWindowsだろうが接続出来るはずなのだが、便利なライブラリっぽいものがない場合には自作する事になるので、はたしてそこが私にできるのかどうなのか。

 とはいえクライアントソフトが実現すれば、出来る事が飛躍的に広がる事になる。参加メンバーの能力値を一覧で常時表示出来たり、ボタンを押すだけでサイコロを振ったり、トランプの手札をヴィジュアル的に管理出来たり。

 4月からの四半期で、少し真剣に検討してみようと思う。

2009-02-16

オブジェクト指向学習中 その後

 オブジェクト指向についてあれこれ考えていて、なかなか手が進まない。

 どういう構造にするべきなのか、がいまいちつかめないいのだ。

 もう少し、もう少しなんだけどな……。

 歯がゆい時間はもうしばらく続きそうだ。

2009-02-12

オブジェクト指向学習中

 力業で良ければもうトランプ機能の実装が終わっていても良い頃なのだが、実際には道半ばといったところ。

 それもこれもオブジェクト指向を学習しているところだから。

 とりあえず好きなものを好きなように作っても良いのだが、せっかくvisual C#に触れる機会があったのだし、せっかくオブジェクト指向について学ぶきっかけがあったのだから、これを機にある程度ものにしておきたいと思っている。

 しかもOffice L西村さんid:myamya19701022さん、id:kidd-number5さんが寄ってたかって教えてくれるというこの状況を活かさない手はないだろう。

 ということで、現在オブジェクト指向を試行錯誤中。ようやく理解の入り口まで到達出来た気がする。

 後はもう少しあれこれやってみて手応えを感じたい。


 と、そうやって今月来月の事を考えていたら、id:myamya19701022さんからLingrのAPIについて「クライアントソフトを作るべしー」けしかけられる。(参考サイト:Lingr Developer Wiki - Lingr Group on Hatena)

 しかも「Haskell」についても目の前でひらひらされて「あーうー、やりたいけど当面は全く以て無理」と歯がゆい思いをした。いつか触ってみたいと思う。(参考サイト:本物のプログラマはHaskellを使う:ITpro)


 やりたい事と、(いつかは)やらないといけない事が山積しているので、しっかり計画を立てて地道に1つずつ潰していかなければ。そういうのはあまり得意ではないのだが、得意ではないとか言っている場合でもないのだ。

2009-02-04

分かった! かも

 昨日の「「オブジェクト指向」って難しい - 兼業主夫 ときどき 指揮者 のち ギーク?」について、id:kidd-number5さんが親切に教えてくれた。

オブジェクト指向をエンティティ的なクラスでやる場合 - ito.tetsunosuke/notebook

あと、別なところでid:myamya19701022さんも丁寧に教えてくれた。

で、いろいろ調べたり、ない知恵を振り絞って自分なりにいろいろ考えてみた。

 念のため、classがどうなってるかを再掲。

class User
{
  private string strUserName;  //ユーザー名
  private string strCharaName; //キャラクタ名

  public string userName
  {
    get
    {
      return strUserName;
    }
    set
    {
      strUserName = value;
    }
  }

//〜〜以下略〜〜

}

 それでひらめいたんだけど、呼び出し側をこうすればいいんじゃね?

public partial class MainForm : Form
{
  Hashtable userTable = new Hashtable();

  void skype_MessageStatus(ChatMessage pMessage, TChatMessageStatus Status)
  {
    User user = new User();

    if(modeSwitch == "add")
    {//登録時
      user.userName = "ひこ";   //まず値を書き込む
      userTable["キー"] = user; //ハッシュテーブルに格納する
    }

    else if(modeSwitch == "update")
    {//更新時
      user = userTable["キー"];        //まずハッシュテーブルから読み出す
      user.userName = "紫のバラの人"; //変更する値を書き込む
      userTable["キー"] = user;       //ハッシュテーブルに格納する
    }

    else
    {//読み出し時
      user = userTable["キー"];  //まずハッシュテーブルから読み出す
      hogehoge = user.userName; //実際に値を読み出す
    }
  }
}

※ 「modeSwitch」は記述外で宣言されているものとする。

 これなら

if(ht.ContainsKey("チェックしたいキー"))
{
  存在した時の処理
}

//もしくは

if(!ht.ContainsKey("チェックしたいキー"))
{
  存在しない時の処理
}

で、ぶん回さなくても存在チェックが行える。

 って、まだ実際にやってないから、できるかどうか分からないんだけど(汗)

2009-02-03

「オブジェクト指向」って難しい

 これまで「オブジェクト指向」なるものを学ぶ必要性を感じなかったので横目で気にしつつも素通りしてきたのだが、C#を始めたのでさすがに学ばない訳にもいかなくなって悪戦苦闘しているところ。

 とりあえず、だ、

class User
{
  private string strUserName;  //ユーザー名
  private string strCharaName; //キャラクタ名
  private string strCharaSex;  //キャラクタ性別
  private string strCharaAage; //キャラクタ年齢

  public string userName
  {
    get
    {
      return strUserName;
    }
    set
    {
      strUserName = value;
    }
  }

//〜〜以下略〜〜

}

(※ id:kidd-number5 さんのご指摘により一部修正しました)

というクラスがあるとして、よくあるサンプルだと

User taro = new User();
User hanako = new User();

てな具合に書いてあるが、これはユーザー数が明確に分かっている場合に使える手であって、ユーザー数が不特定多数の場合にどうすればいいのかがいまいち分からない。

public partial class MainForm : Form
{
  private User[] user;

  void skype_MessageStatus(ChatMessage pMessage, TChatMessageStatus Status)
  {
    user[0].userName = "";
  }
}

てな事はできるっぽいが、これだと例えば"userNameが「麻生太郎」なデータの存在チェック"をやろうと思うと、userの数だけぶん回してチェックする事になって「オブジェクト指向」っぽくない気がする。(Excel VBAとかだったら深く考えずにそうやってしまうんだけど)

 「オブジェクト指向」というものが「掴めそうで掴めない」ところがもどかしい。

2009-01-30

Skype de TRPG の ToDoリストを公開

 自分の中でやる事を整理したかったのと、外から意見がもらえるかもなー、という下心もあって、check*padを利用してToDoリストを公開してみた。

 

 check*pad - Skype de TRPG

 頭の中にはまだToDoまで上手く落とし込めていないいろいろな事があるので、もう少しいろいろと考えつつ手も動かして、少しずつものにしていきたいと思う。

 今日は「オブジェクト指向」を勉強しつつトランプ部分をつらつら作っていたが、まだテストをしていないのでちゃんと動くのかどうか。

2009-01-28

それっぽくVisual C#版 Skype de TRPG 支援ツールが出来た

 Visual C#で、何とかそれっぽいツールを作ることが出来た。

 機能は「」とほぼ同じ。違うのはツール実行者の発言も拾ってくれることくらいである。

 まだC#はよく分からないし、SkypeAPIもいまいち分かっていないのだが、ネット上の情報を探りながら何とか出来た次第。

 とても「出来た!」とソースをお見せ出来る状態にはないのだが、より上を目指すためにもここに公開しておく。どう作るのがより良いのか、などはこれから学んでいくことにしよう。

参考サイト: Skype Community > c# using skype4com in threads

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using SKYPE4COMLib;
using System.Threading;
using System.Collections;
using System.Text.RegularExpressions;

namespace SkypeDeTRPG
{
  public partial class MainForm : Form
  {
    private Skype skype = new Skype();
    private Chat chat;
    private string strMessage;
    private Hashtable htbThread = new Hashtable();
    
    public MainForm()
    {
      InitializeComponent();

      skype.MessageStatus += new _ISkypeEvents_MessageStatusEventHandler(skype_MessageStatus);
    }

    private void MainForm_Load(object sender, EventArgs e)
    {
      try
      {
        if (!skype.Client.IsRunning)
        {
          skype.Client.Start(false, true);
        }
      }
      catch (Exception)
      {
        // All Skype Logic uses TRY for safety
      }

      try
      {
        //Skypeと接続
        skype.Attach(7, false);
      }
      catch (Exception)
      {
        //MessageBox.Show("Konnte nicht verbinden", "Verbindungsproblem", MessageBoxButtons.RetryCancel);

      }
    }

    void skype_MessageStatus(ChatMessage pMessage, TChatMessageStatus Status)
    {
      string outputMessage = "";
      string Name = "";

      if (pMessage.Status == TChatMessageStatus.cmsReceived || pMessage.Status==TChatMessageStatus.cmsSent)
      {
        chat = skype.get_Chat(pMessage.Chat.Name);
        strMessage = pMessage.Body.ToLower().ToString();
        Name = pMessage.FromDisplayName;

        if (strMessage.Substring(0, 4) == "サイコロ" || strMessage.Substring(0, 4) == "さいころ")
        {
          strMessage = strMessage.Replace("さいころ", ""); //トリガーとなる文字「さいころ」を削除
          strMessage = strMessage.Replace("サイコロ", ""); //トリガーとなる文字「サイコロ」を削除
          strMessage = strMessage.Replace(" ", "");    //空白を削除

          //全角→半角変換
          var str = "";
          var han = "0123456789-+Dd";
          var zen = "0123456789−+Dd";
          var c = "";
          var n = 0;
          string kekka = "";

          for (var i = 0; i < strMessage.Length; i++)
          {
            c = strMessage.Substring(i, 1);
            n = zen.IndexOf(c, 0);
            if (n >= 0) c = han.Substring(n, 1);
            str += c;
          }

          strMessage = str;
          strMessage = strMessage.ToLower();       //小文字に変換

          //サイコロを振る
          var temp = strMessage.Split('+');
          var total = 0;

          // Random クラスの新しいインスタンスを生成する
          Random cRandom = new System.Random();

          for (var i = 0; i < temp.Length; i++)
          {
            var kekkaTemp = 0;

            if (temp[i].IndexOf('d', 0) >= 0)
            {
              var dice = temp[i].Split('d');
              if (dice[0] == "") dice[0] = "1"; //省略された場合はダイス1つ
              for (int j = 0; j < int.Parse(dice[0]); j++)
              {
                if (dice[1] == "") dice[1] = "6"; //省略された場合は6面ダイス
                var rand = cRandom.Next(1, int.Parse(dice[1]));
                kekkaTemp = kekkaTemp + rand;
                total = total + rand; //合計の算出

                kekka = kekka + " と " + kekkaTemp;
              }
            }
            else
            {
              kekka = kekka + " に " + int.Parse(temp[i]) + " を足して";
              total = total + int.Parse(temp[i]); //合計の算出
            }
          }

          //結果出力
          if (total != 0)
          {
            kekka = kekka.Substring(3);
            if(kekka.IndexOf("を足して", 0) < 0) kekka = kekka + " で";

            outputMessage = '■' + Name + "さん> コロコロ…… " + kekka + " 合計 " + total + " です";

            //メッセージの出力
            chat.SendMessage(outputMessage.ToString());
          }
        }
      }
    }
  }
}

とりあえずメッセージの送信

 Visual C#でのSkype連携ツール作成に関するメモ。

Skype API COM Wrapperを登録する

  1. メニューバーにある「ツール」をクリック
  2. 「ツールボックス アイテムの選択」をクリック
  3. 「COMコンポーネント」タブをクリック
  4. 「Skype Class」にチェックをつける
  5. 「OK」をクリック
  6. 「全般」に「Skype Class」が登録される

特定のユーザに特定の文字列を送信する

//Skypeと接続
axSkype1.Attach(7,false);

//文字列の送信 (
axSkype1.SendMessage("送信したいユーザのID (表示名ではない)", "送信したい文字列");

2009-01-24

Skype de TRPG 支援ツール の今後

 定例の仲間内勉強会でいろいろアドバイスをいただき、まだはっきりとは決めていないもののSkype de TRPG 支援ツール の今後を考えた。

(「Skype de TRPG 支援ツール」については、「Skype de TRPG用のファイルを、まとめてダウンロード出来るようにした - 日常のきれはし」を参照)

  1. Visual C#で開発。

 出来ればインストール不要(ファイルをダブルクリックで実行)、それが不可能なら簡単にインストールできる仕組みを用意する

  1. ツールを実行している人の発言も拾いたい
  2. まずは現行のツールと同等のもの(ダイスを振る)を作る
  3. ソードワールドRPGのレーティング表を実装する (どのような形にするかはこれから考える)
  4. トランプ機能を実装する

 誰が何を持っているのか、はその人にしかわからないようにする。(持っていないカードを出せないようなチェックも必要)

 山札がなくなった時には捨て札を切り直して山札にする。

 もちろんカードの重複がないように。

  1. キャラクターの能力値を最初に設定しておくと、自動で判定してくれたりなんかしちゃったりして?
  2. 「Skype de TRPG 支援ツール」に代わる名前を考える

 以降、思いつく限りの必要な機能は実装させていきたい

 トランプ機能の実装までを、できれば年度内にこなせると理想的。「やるやる」と言ってやらないことの多い私だし、3月末には第3子が誕生する予定なのでなかなかそうもいかないかもしれないが、可能な限り努力したいと思う。

まさかの展開でVisual C#

 今日は定例(第1、第3土曜日)の仲間内勉強会。

 先日作ったSkype de TRPGの続きをやろうと思っていたのだが、その前に気になっている事があった。

 それは「果たして使いやすいツールになっているのか」という事。

 2種類のファイルをダウンロードしないといけないし、それらのファイルを1つのフォルダにまとめるのも面倒。

 さらに「レジストリに登録」というのも「コマンドプロンプト画面が立ち上がる」のも知らない人には怖いと思う。

 1台のマシンでSkypeの同時立ち上げが出来ないのもいまいちだし。(そのためだけにcoLinuxやVM Wareを入れたりようかと本気で思ってた)

 そんな事をあれこれ話していたら、「そもそもWindowsアプリケーションとして作れば良いんじゃないの?」というアドバイスを受ける。

 「ああ、それもそうかも」と思い(Windowsアプリケーションを作ってみたい気も前々からあったし)、なーんにも知らないしなーんにも準備をしていないので初心者丸出し質問を連発してとりあえず「Visual C#」に挑戦してみることにした。

 VBAはいつも使っているのでVisual Basicにしようかと思っていたのだが、「勉強するならC#がいいよ!(仕事で使うのは別だけど)」とか言われたので素直に従うことにする。

 で、Visual C#をダウンロードしてインストールしているところ。