脱積読宣言 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-18 M.O.V.E

[]『超動く家にて』 22:43 『超動く家にて』を含むブックマーク 『超動く家にて』のブックマークコメント

オリラジ「1年目のオリエンタルラジオです!」品川「噂の天才君ですかあー?w」河本・トシ「ニヤニヤ」 : ごーや速報 5chまとめブログ

去年のM-1でも問題になってましたが、くすぶってる中堅層の嫉妬は醜いですね。日本の低成長の原因の半分くらいはこれが原因な気がする。


 今年をリアルタイム視聴強化年間にすべくNHKドラマの『トクサツガガガ』を視聴。ドラマ化作品で特集されてたのを手に取って原作に大はまりしたとこでしたのでガッカリメイクになってないか多少不安でしたが案外楽しめました。以下感想箇条書き


DQ賛閉


世のルーズゴミ屑めい一杯のダストボックス

トランジスタ技術圧縮

競技圧縮は技のみではない。心なのだby関山利一


 実におバカだ。果てしなく間抜け競技ベタながらも燃える熱血バトル展開に持ち込む力技は見事。「ネタ」がテーマの本短編集の筆頭にふさわしい作品です。


文学部のこと

この先は、綺麗なことばかりじゃないよbyミカ


 じつにもやしもんだと思ったら、あとがきで参考文献に挙げられてた。あの名状しがたい大学生活の甘酸っぱさがなんともノスタルジーを掻き立てます


アニマとエーファ

おまえは、物語神の手に返すんだよbyセメレ=アファール


 なんとも叙情的な作品。佳作なのですが、周りとのテンションの高低差でキーンとなります


今日泥棒

なぜなら、おれは覚えている。今朝おれがめくったとき川柳は〈我が家でもおれの小遣い仕分けされ〉だった。ところがいまは、〈AKBロシアの銃だと部長言い〉なんだby父さん


 なんともほっこりするショートショート。あたたかくもバカバカしい空気感が素敵です。


エターナルレガシー

MSXを知らんのか」byZ80


 作者の思い入れたっぷり感じる作品。残念ながら私は囲碁にもAIにもそんな思い入れないのでちょっと微妙


超動く家にて

この施設に住むのは十名。昇順に一ヶ谷、二宮三井ヨンジュン、五木島、六角七海ハチ九谷十戒byルルウ


 「1ページに最低1つの叙述トリック」という狂気の一作。作者のミステリ愛がほとばしっています。残念ながら私はミ(以下略


夜間飛行

ご指摘は服務規律7-2-4aのハラスメント事項に抵触しまbyエイミー


 とっても洒脱な会話に酔ってたら最後で見事などんでん返し。あまり文章が美しすぎて最初ギミックに気付かんかったのは内緒だ。


弥生の鯨

これ欲しいんかいby弥生


 宮内潮騒・・・になるのかな。私の中の沼正三的な部分がくすぐられます


法則

使用人風情が、うちの娘に……byオーチャード


 これまた作者のミステリ愛大爆発な一作。残念な(以下略


ゲーマーズゴースト

ああ、もう、どこから突っ込んだらいいのかbyナナ


 ドタバタロードムービー。しっちゃかめっちゃでどこから突っ込んでいいのやら。個人的には下手に「オチ」つけるより最後までハチャメチャのまま終わってほしかったなあ。


犬か猫か?

全体的にまるっこい体型だし、やはり猫であるように見えるbyエルヴィン


 この人の真価は洒脱な会話にあるんだと気付いた。


スモーク・オン・ザ・ウォーター

最高の日だby


 セブンスター公式サイトでの連載。「タバコ」「普段SF読まない人への布教」の二つの縛りをきちんと文学昇華させてるのは見事


エラリー・クイーン

 エラリー・クイーン数とは数学エルデシュ数にちなんだもので、本格探偵小説作品同士、あるいはもっと広く推理作家同士の、トリックアイデアにおける結びつきにおいて、アメリカ推理作家であるエラリー・クイーンにどれだけ近いかを顕す概念であるby概要


 wikipediaもブンガク足りうるのだと示した一作。こういう技巧的な作品大好きです。


かぎ括弧のようなもの

神話とかぎ括弧は交換可能なのですby評論家


 これはちょっと行き過ぎかなあ。前衛を目指したナンセンスは正直苦手です。


クローム再襲撃

あとは光学繊維の交差点を突っ切っていくだけ。電脳消防車サイレンを鳴らしながらなbyボビィ


 村上春樹オマージュの一作。私はハルキ唾棄すべきものだと思ってるので、感想もそのまま。


星間野球

野球盤ってやつだby杉村


 大の大人野球盤で真剣勝負しか宇宙ステーションで!大の大人真剣バカやってるの見るのは非常に微笑ましくて吉です。

露わになってもういいかなって

 直木賞芥川賞候補常連になった感のある宮内悠介。いつかはノンケの方と宮内悠介について熱く語り合える日がくるのでしょうか。ただでさえ本読み少ないのに、ミステリ恋愛小説読まない、SF好きって言ったらみんな潮が引くように話がおわっちゃうんだよう。

HIGH VOLTEX

HIGH VOLTEX


帰ってきた今日一行知識

トランジスタ技術』は毎年PDF化されたCD-ROM版を発売している

そらあトラ技圧縮コンテストも廃れる訳だ。遠からず紙の本はセルロイドレコードのようなコレクターズアイテムになってしまうんでしょうね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20190118