Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2012-09-14

早期退職は早死ににつながらない

|

以前早期退職が寿命を縮める、という研究結果を紹介したことがあったが、それを否定する研究がノルウェーから出たEconomic Logic経由)。

以下はその要旨。

This paper studies the relationship between retirement and mortality, using a unique administrative data set covering the full population of Norway. We make use of a series of retirement policy changes in Norway, which reduced the retirement age for a group of workers but not for others. By employing a difference-in-differences framework based on monthly birth cohort and treatment group status we first establish that the early retirement program significantly reduced the retirement age – this remains true when we account for program substitution, for example into the disability pension. Using instrumental variables estimation we find that retirement age has no effect on mortality.

(拙訳)

論文ノルウェーの全国民を対象としている行政データを用い、退職と死亡との関係を調べた。我々は、一部の労働者の退職年齢のみを引き下げた一連の政策変更をその研究に利用した。まず、月次ベースの出生コホートと比較グループに差の差分析を適用し、早期退職プログラムが退職年齢を有意に引き下げたことを確認した。この結果は、障害者年金などを同プログラム代替に利用するという効果を考慮しても変わらなかった。操作変数推計により、我々は、退職年齢が死亡年齢に何の影響ももたらさないことを見出した。


前述の先行研究と違う結果になった点については、論文中では以下のように記述されている。

Our results stem from a setting in which the eligibility age was reduced, first to 65 from 67, then progressively from 65 to 62. While we find no impact on subsequent mortality from this variation, it might be that other age ranges would have an impact. At even higher ages, there could be beneficial effects of early retirement if work then becomes increasingly demanding, whereas a lower age range in combination with a perceived pressure to leave employment might have the opposite effect. This could be an explanation of the results of Kuhn et al. (2010), who find higher mortality among male early pensioners. The early retirement age in their sample was quite low with an average age in the mid fifties, and the circumstances around the early retirement might indicate that many workers felt they were being pushed out of the labour market.

(拙訳)

我々の研究結果は、退職資格年齢がまず67から65に、次いで段階的に65から62に引き下げられたという政策変更を基にしている。そうした変更は死亡年齢に影響を及ぼさないことを我々は見い出したが、他の年齢レンジでは影響を及ぼす可能性は残る。より高齢においては、仕事をするのが年齢とともに難しくなってくるものとすると、早期退職が良い影響をもたらすかもしれない。より低い年齢においては、退職を促すような圧力を感じるという状況が同時に存在する場合には、その逆の影響が出るかもしれない。そうしたことが、早期に年金生活に入った男性の死亡率が高いことを見い出したクーン他(2010)の研究結果の説明となるかもしれない。彼らのサンプルの早期退職年齢は非常に低く、平均は50代半ばである。また、早期退職に纏わる状況は、労働者の多くが労働市場から押し出されたと感じたことを示唆しているようである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20120914/does_retirement_age_have_impact_on_when_you_die