Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2012-11-15

地獄に堕ちた勇者ども

|

開発独裁を支持する人々をモデル化した論文をEconomic Logicが少し前に紹介している

以下は同論文の結論部。

In this paper we show that different societal groups may support a rent-seeking dictator serving their interests better than the median voter would in a democratic regime. Importantly, support for a dictator is not granted in exchange of individual benefits (e.g., special treatment by the dictator as clients, party members, or military bodies), nor is it the result of coercion and fear. Wealthy elites are inclined to back an almighty and long lived dictator because of the growth-promoting policies that are likely to be implemented. The distribution of capital in the society and the stakes of dictator in the economy, in the form of capital ownership, directly shape the preferences of individuals over the political system: in societies featuring a high concentration of capital and a dictator endowed with enough capital, part of the capital owners eager to see the economy grow value dictatorship more than democracy. We argue that the persistence of some dictatorships can be rooted in the substantial backing of wealthy capital owners. Finally, we show the support for a dictator to be decreasing with the capital ownership of the median voter.

(拙訳)

論文では、異なる社会集団が、民主主義体制における平均的な有権者よりも自らの利益への奉仕度が高い私利追求型の独裁者を支持することがある、ということを示した。重要なのは、そうした独裁者への支持が、(独裁者から顧客、党員、軍事機関として優遇されるといった)個人的な便益の見返りや、強要と恐怖の結果として提供されるわけではない、という点である。裕福な特権階級は、成長促進政策が導入されそう、という理由で、強大な権力を有し長期政権の座を維持する独裁者を支持する傾向がある。資本の社会における配分状況、ならびに、資本の所有権という形での経済独裁者の利害関係との結び付きが、各人の政治体制の選好を直接的に形成する。資本の集中度が高く独裁者が十分な資本を所有している社会では、経済成長を切望する資本所有者の一部は、民主主義よりも独裁制度の方を評価する。我々は、ある種の独裁制度が長続きするのは、裕福な資本所有者の相当の支持のお蔭である、と論じた。論文の最後では、独裁者への支持は、平均的な有権者の資本所有度が上がるにつれて減少する、ということを示した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20121115/Growth_Friendly_Dictatorships