Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2013-01-12

キャピタルゲイン課税が資本コストに与える影響

|

について調べた論文をEconomic Logic紹介している論文のタイトルは「Capital Gains Taxation and the Cost of Capital: Evidence from Unanticipated Cross-Border Transfers of Tax Bases」で、著者はティルバーグ大学などに所属するオランダの3人の経済学者Harry Huizinga、Johannes Voget、Wolf Wagner)。


以下は論文の結論部。

In a cross-border takeover, buyers and sellers are residents of different countries and hence subject to different regimes of capital gains taxation. This implies that international M&As provide an ideal setting to study the impact of capital gains taxation, which generally applies at both sides of the transaction. International takeovers provide a particularly interesting opportunity to estimate a capitalization effect associated with future capital gains taxation, as they induce an unanticipated transfer of the taxation of future capital gains from shareholders of the target country to shareholders of the acquirer country.

We find that a one percentage point increase in the acquirer-country capital gains tax rate reduces the takeover price by 0.225%. The average capital gains tax rate imposed by acquirer countries in cross-border transactions is 22.4%. Capital gains taxation on the side of the acquirer thus reduces the price of target equity in cross-border deals by about 5%, which is economically meaningful. Firms that issue new equity in the capital market can expect a similar discounting of shareholder capital gains. Our discount estimate implies that the effective capital gains tax, after taking account of deductions, exemptions, and deferral options, is about 31% of the statutory capital gains tax. For an average statutory capital gains tax rate of 22.4%, the average effective capital gains tax rate is thus about 7%. This implies that capital gains taxation significantly raises the cost of equity capital, potentially reducing investment in the economy.

(拙訳)

国境を跨いだ買収においては、売り手と買い手が異なる国の居住者であるため、従うべきキャピタルゲイン課税の制度がそれぞれ異なる。このことは、一般的には取引の双方が課税される国際的なM&Aが、キャピタルゲイン課税の影響を調べる理想的な舞台を提供してくれることを意味している。特に国際的な買収は、将来のキャピタルゲインに対する税が思いがけず被買収企業の国の株主から買収企業の国の株主に移転するため、将来のキャピタルゲイン課税に関して資本が受ける影響を推計するのに興味深い機会を提供してくれる。

我々は、買収側の国のキャピタルゲイン税率が1%上昇すると買収価格が0.225%低下することを見い出した。買収側の国が国境を跨いだ取引に課すキャピタルゲイン税率の平均は22.4%であった。従って、買収側のキャピタルゲイン課税は非買収側の株価をおよそ5%低下させることになる*1。これは経済的に意味のある数字である。資本市場で新規に株式を発行する企業においても、株主キャピタルゲインについて同様のディスカウントがなされるものと思われる。我々のディスカウントの推計値は、控除や免税や遅延オプション*2を考慮した後のキャピタルゲイン実効税率は、表面税率のおよそ31%であることを示している。平均的なキャピタルゲインの表面税率は22.4%なので、平均キャピタルゲイン実効税率は約7%となる。このことは、キャピタルゲイン課税が有意株主資本コストを引き上げ、経済における投資を減少させる可能性を示している。

*1:22.4*0.225=5.04。

*2cf. ここ

ねじりはちまきねじりはちまき 2013/01/17 11:29 これって租税回避地の影響とか除外できてるんですかね・・・
たとえばインフレ2%で表面税率22.4%だったら毎年0.5%は持ってかれてるのと同じだと思うんですが、元論文みたら実効税率0.53%だとか。ちょっと控除や免税や遅延オプションだけで説明しきれないような気がするんですが

himaginaryhimaginary 2013/01/19 08:49 遅レスですが、実効税率は0.53%ではなく7.01%です。0.53%というのは、平均的な年間キャピタルゲイン7.63%にその実効税率を掛け合わせたものです。ちなみにこの論文で数値的にほぼ同等の結果を得たとしているProtopapadakis(WPはhttp://finance.wharton.upenn.edu/~rlwctr/papers/8219.PDF)によると、1978年の米国の表面税率21.5%に各種の控除を適用すると12.3%まで下がり、それに将来のキャピタルゲイン税の現在価値が低減する効果を取り込むと5.7%まで下がる、としています。また、インフレが表面税率と実効税率の差に与える影響はそれほど大きくない、とも書いています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20130112/Capital_Gains_Taxation_and_COC