Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-02-22

ある弟子の見たケネス・アロー

|

DigitopolyでJoshua Gansが、彼の博士課程の教官だったケネス・アローの人間臭い面を含めた思い出を語っている

Was he as smart as people say? Absolutely. I only knew him in the last quarter century of his life. He would regularly come to seminars. Fall asleep. Then wake up and ask such a perceptive question that the speaker — who knew he had been asleep — didn’t understand why they had bothered to give the talk up to that point. I once gave a seminar in front of a sleeping Ken Arrow. It is an experience, that’s for sure.

Even then other faculty at Stanford would lament that he was not the person he used to be. It used to be even better. I have trouble imagining it. ... I would come away from meetings exhausted. Trying to capture and recall the torrent that had been thrown at me.

One of Ken’s most endearing qualities — to me at least — was he was an insatiable gossip. For all his towering intellect, he was attracted to what many will consider to be the gutter. ... Debreu was extremely straight laced ... Ken ... proceeded to tell me various sordid details about his co-author’s exploits. He didn’t seem so straight laced to me after that.

During the 1990s, Ken was glued to the Clinton scandals and testimony. Not the Whitewater stuff. The sex stuff. More recently, he was a huge fan on the Daily Show. Whenever we met, we would usually recount our favourite episodes of the last few months much to the amazing of some poor, unsuspecting graduate students sitting near us at the lunch table. I can only imagine what he thought of the current president. Alas, that is something that I won’t get to find out.

With all of his achievements, Ken was as down to earth as they come. He was humble but at the same time more than willing to talk about how he came up with ideas and did not pretend he was anything but the smartest person in the room. It is a combination that I am finding it hard to explain but it was true. Moreover, he would not shy away from telling people why they were off base and challenge anyone’s preconceived ideas. It was hard to be anything but intimidating but when you knew him, you never came away ever feeling belittled even if he had demonstrated you were clearly wrong. A rare set of gifts. I suspect we will never see the like of it again.

(拙訳)

彼は人が言うほど賢かったか? 間違いなくそうだ。私は彼の人生の最後の四半世紀しか知らない。彼は良くセミナーにやってきては、寝た。それから起きて、講演者――講演者も彼が寝ていたことを知っている――に非常に洞察力に富んだ質問を投げ掛けた。その質問の洞察力の深さは、講演者に、自分はそれまで何をわざわざ話していたのだろう、と思わせるようなものだった。私も一度寝ているケン・アローの前で講演したことがあるが、間違いなく一つの経験となった。

その当時でさえ、スタンフォードの他の教員は、彼は昔の彼ではない、と嘆いていた。もっと優れていたというのだ。私には想像し難しいことだった。・・・彼とのミーティングの後の私は、自分に投げ掛けられた言葉の奔流を記憶し反芻しようと試みながら、消耗した状態で部屋を後にしたものだった。

ケンの最も愛すべき点の一つ――少なくとも私にとって――は、飽くことのないゴシップ好きだったことだ。卓越した知性を備えながら、多くの人が眉を顰めるようなことに彼は惹き付けられた。・・・デブリューは非常に厳格な人だった・・・ケンは、自分の共著者の様々な不品行の詳細について話してくれた。その後、私はデブリューをそれほど厳格な人だと思えなくなった。

1990年代に彼はクリントンのスキャンダルに釘付けとなった。ホワイトウォーターの件ではなく、性的な件だ。最近では、彼はザ・デイリー・ショーの大ファンだった。我々は会うたびに、過去数か月で最も好きな回を振り返り、ランチテーブルで我々のそばに座っていた気の毒な無垢な院生を驚かせたものだ。彼が現大統領についてどう思っていたかは想像するしかない。残念ながら、それを知ることはもうできない。

素晴らしい業績にも関わらず、彼は極めて話しやすい人だった。彼は謙虚だったが、自分がどのようにアイディアを思いついたかを積極的に話そうとし、自分がその場で最も賢い人間であることを隠そうとはしなかった。そうした特性の組み合わせは説明が難しいが、本当のことである。また彼は、相手が的外れである理由を指摘することを躊躇わず、誰に対してであれ先入観に挑戦した。それは間違いなく人を怯ませるが、彼のことを知っていれば、たとえ自分が間違っていることを明確に指摘されたとしても、貶されたと感じることは決して無かった。それは才能の優れた組み合わせであった。あのような人はもう二度と現れないだろう。