Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-03-16

投資CAPM

|

「The Investment CAPM」というNBER論文上がっているungated版)。著者はLu Zhang(オハイオ州立大)。

以下はその要旨。

A new class of Capital Asset Pricing Models (CAPM) arises from the first principle of real investment for individual firms. Conceptually as "causal"' as the consumption CAPM, yet empirically more tractable, the investment CAPM emerges as a leading asset pricing paradigm. Firms do a good job in aligning investment policies with costs of capital, and this alignment drives many empirical patterns that are anomalous in the consumption CAPM. Most important, integrating the anomalies literature in finance and accounting with neoclassical economics, the investment CAPM succeeds in mounting an efficient markets counterrevolution to behavioral finance in the past 15 years.

(拙訳)

個別企業の実物投資第一原理から、資本資産価格評価モデル(CAPM)の新たな体系が導出される。投資CAPMは、概念的には消費CAPMと同様に「因果的」であるが、実証的には取り扱いがより容易であり、資産価格のパラダイムとして先導的な地位を得つつある。企業は投資政策を資本コストと整合的にすることに長けており、その整合性が、消費CAPMではアノマリーとなる多くの実証パターンを引き起こしている。最も重要なのは、ファイナンスや会計におけるアノマリー研究と新古典派経済学を統合することにより、投資CAPMが過去15年に効率的市場反革命を行動ファイナンスに持って行くことに成功したことである。


ungated版の本文には以下のような記述がある。

The evidence is more consistent with the investment CAPM. The crux is that whereas behavioral finance rides on dysfunctional, inefficient markets, the investment CAPM relies on well functioning, efficient markets for its mechanisms to work. As such, behavioral finance predicts that anomalies should be stronger in emerging markets, in which investors are less sophisticated, but weaker in developed markets, in which investors are more sophisticated. In contrast, the investment CAPM predicts that anomalies should be stronger in developed markets, such as the U.S., in which the incentives of managers and shareholders are more aligned, and managers are more likely to maximize the market equity in making investment decisions. However, anomalies should be weaker in emerging markets, such as China, in which managers are often appointed by the government, and more likely to pursue social objectives such as maximizing employment, rather than the market value of equity.

(拙訳)

実証結果は投資CAPMとより整合的である。ポイントは、行動ファイナンスが機能不全の非効率的な市場を前提としているのに対し、投資CAPMは機能している効率的市場をそのメカニズムが働く前提としていることにある。従って、行動ファイナンスは、アノマリー投資家がそれほど洗練されていない新興国市場で強くなり、投資家がより洗練されている先進国市場では弱くなるはず、と予測する。対照的に投資CAPMは、経営者株主インセンティブがより整合的なものとなっていて、経営者投資決定の際に株式の市場価値をより最大化する可能性の高い米国のような先進国市場でアノマリーは強くなるはず、と予測する。一方、経営者政府によって指名されることが多く、株式の市場価値よりは雇用の最大化といった社会目的を追求する可能性が高い中国のような新興国市場ではアノマリーは弱くなるはずである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20170316/The_Investment_CAPM