Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-04-21

欧州は最適政治圏なのか?

|

というNBER論文アルベルト・アレシナらが書いているungated版)。原題は「Is Europe an Optimal Political Area?」で、著者はAlberto Alesina(ハーバード大)、Guido Tabellini(ボッコーニ大)、Francesco Trebbi(ブリティッシュ・コロンビア大)。

以下はその要旨。

Employing a wide range of individual-level surveys, we study the extent of cultural and institutional heterogeneity within the EU and how this changed between 1980 and 2008. We present several novel empirical regularities that paint a complex picture. While Europe has experienced both systematic economic convergence and an increased coordination across national and subnational business cycles since 1980, this was not accompanied by cultural nor institutional convergence. Such persistent heterogeneity does not necessarily spell doom for further political integration, however. Compared to observed heterogeneity within member states themselves, or in well functioning federations such as the US, cultural diversity across EU members is a similar order of magnitude. The main stumbling block on the road to further political integration is not heterogeneity of tastes or of cultural traits, but other cleavages, such as national identities.

(拙訳)

我々は、多岐に渡る個人レベルの調査を用い、EU内の文化的・制度的な不均一性と、それが1980年と2008年の間にどのように変化したかを調べた。我々は、複雑な構図を描く幾つかの新たな実証的な規則性を提示する。欧州は、1980年以降、一貫した経済的収斂と、国および国以下のレベルでの景気循環の同期の増大を経験したが、これは文化もしくは制度の収斂を伴っていなかった。しかしながら、そうした不均一性の持続が将来の一層の政治統合が失敗することを運命付けるわけでは必ずしもない。加盟国自身の内部、もしくは、米国のような上手く機能している連邦制において観測される不均一性と比べた場合、EU加盟国間の文化的多様性の程度は同程度である。一層の政治統合への道に横たわる主たる障壁は、趣向や文化的特性の不均一性ではなく、国家的アイデンティティのような別種の亀裂である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20170421/Is_Europe_an_Optimal_Political_Area