Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-07-15

裏切りの新たな気候

|

クルーグマンが、ロシアゲートについてトランプを擁護する共和党の動きを受けて、9日エントリで紹介した分離独立に関するブランコ・ミラノビッチの考察を基に、国の分裂は米国も他人事ではない、という懸念を表題のエントリで示している*1

...So why has partisanship become so extreme that it trumps patriotism?

Well, I have a thought inspired by something my CUNY colleague Branko Milanovic wrote recently about civil wars. Branko – who knows something about Yugoslavia! – argues against the view that civil wars are caused by deep divisions between populations who don’t know each other. The causation, he argues, goes the other way: when a civil war begins for whatever reason, that’s when the lines between the groups are drawn, and what may have been minor, fairly benign differences become irreconcilable gulfs.

My suggestion is that something like this happened to America, minus the mass bloodshed (so far, anyway.)

...

This has troubling implications for both the short and the long run. In the short run, it probably means that no matter how bad the Trump revelations get, most Republicans, both in the base and in Congress, will stick with him – because taking him down would be a victory for liberals, who are worse than anything.

In the long run, it makes you wonder whether and how we can get the country we used to be back. As Branko says, there was a time when Serbs and Croats seemed to get along fairly well, indeed intermarrying at a high rate. But could anyone now put Yugoslavia back together? At this rate, we’ll soon be asking the same question about America

(拙訳)

・・・ではなぜ、愛国主義を打ち負かすに至るまで党派主義が極端なものになってしてしまったのだろうか?

それについて私は、ニューヨーク市立大学の私の同僚であるブランコ・ミラノビッチの内戦に関する最近の書きものに触発された、ある考えがある。ブランコ――彼はユーゴスラビアに関してひとかどの知識がある!――は、内戦はお互いを知らない人々同士の深い分断によって引き起こされる、という見解に反論している。因果関係は逆である、と彼は論じる。何らかの原因で内戦が始まってしまうと、その時に集団間の境界線が引かれ、それまでは些細で極めて無害だった差異が埋めがたい深淵となる、とのことである。

私の考えは、それと似たようなことが米国で起きた、というものである。ただし大量殺戮は(少なくともこれまでのところは)抜きであるが。

・・・

このことは短期と長期の両面で憂慮すべき含意を持つ。短期では、トランプについてどれほど悪いことが明るみになっても、一般支持層および議会共和党の大半は、彼の味方をし続ける、ということをおそらく意味している。というのは、彼が失脚することはリベラル勝利となるが、リベラルは何よりも悪しきものだからである。

長期では、国を元に戻すことは可能か、可能だとすればどのように元に戻せるか、が問題になる。ブランコが言うように、かつてはセルビア人クロアチア人はかなりうまくやっていたように思われる。実際、お互い同士の結婚の割合も高かった。だが今のユーゴスラビアを元に戻せる人がいるだろうか? この調子では、いずれ米国について同じ質問を口にする時も遠くないかもしれない。

*1原題は「The New Climate Of Treason」で、下記の本のタイトルをもじったとの由:[rakuten:awesomebooks1:10428759:detail]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20170715/the_new_climate_of_treason