Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-09-13

現代マクロ経済学はどこで道を間違えたか

|

「Where Modern Macroeconomics Went Wrong」というNBER論文スティグリッツ上げているungated版)。

以下はその要旨。

This paper provides a critique of the DSGE models that have come to dominate macroeconomics during the past quarter-century. It argues that at the heart of the failure were the wrong microfoundations, which failed to incorporate key aspects of economic behaviour, e.g. incorporating insights from information economics and behavioural economics. Inadequate modelling of the financial sector meant they were ill-suited for predicting or responding to a financial crisis; and a reliance on representative agent models meant they were ill-suited for analysing either the role of distribution in fluctuations and crises or the consequences of fluctuations on inequality. The paper proposes alternative benchmark models that may be more useful both in understanding deep downturns and responding to them.

(拙訳)

本稿は、過去四半世紀の間にマクロ経済学を支配するようになったDSGEモデルへの批判を提供する。失敗の本質は、情報経済学行動経済学における洞察を取り入れないなど、経済的行動の重要な側面を取り込み損ねた誤ったミクロ的基礎付けにあった、と本稿は論じる。金融部門のモデル化が不適切であったことは、金融危機を予測したりそれに対処したりするには向いていないことを意味していた。また、代表的個人に依存していたことは、変動や危機における分配の役割や、変動が格差にもたらす影響を分析するのには向いていないことを意味していた。本稿は、深刻な不況の理解ならびにそれへの対応を理解する上でより有用な別のベンチマークモデルを提案する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20170913/Joseph_Stiglitz_Where_Modern_Macroeconomics_Went_Wrong