Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2018-05-17

20世紀における労働組合と格差:サーベイデータからの新たな証拠

|

というNBER論文上がっているungated版)。原題は「Unions and Inequality Over the Twentieth Century: New Evidence from Survey Data」で、著者はHenry Farber(プリンストン大)、Daniel Herbst(同)、Ilyana Kuziemko(同)、Suresh Naidu(コロンビア大)。

以下はその要旨。

It is well-documented that, since at least the early twentieth century, U.S. income inequality has varied inversely with union density. But moving beyond this aggregate relationship has proven difficult, in part because of the absence of micro-level data on union membership prior to 1973. We develop a new source of micro-data on union membership, opinion polls primarily from Gallup (N ≈ 980, 000), to look at the effects of unions on inequality from 1936 to the present. First, we present a new time series of household union membership from this period. Second, we use these data to show that, throughout this period, union density is inversely correlated with the relative skill of union members. When density was at its peak in the 1950s and 1960s, union members were relatively less-skilled, whereas today and in the pre-World War II period, union members are equally skilled as non-members. Third, we estimate union household income premiums over this same period, finding that despite large changes in union density and selection, the premium holds steady, at roughly 15–20 log points, over the past eighty years. Finally, we present a number of direct results that, across a variety of identifying assumptions, suggest unions have had a significant, equalizing effect on the income distribution over our long sample period.

(拙訳)

少なくとも20世紀初頭以降、米国所得格差労働組合組織率と逆方向に変動してきたことは良く立証されている。しかし、この総体的な関係以上の立証は難しい。その一因は、1973年以前の組合員のミクロレベルのデータが無いことにある。我々は、ギャラップを主とする世論調査(N=98万)を、組合員のミクロデータの新たなソースとして開拓し、1936年から現在までの期間で、組合が格差に与える影響を調べた。最初に我々は、その期間における、組合に加入していた家計の新たな時系列データを提示する。次に、そのデータを用い、期間を通じて、組合組織率が組合員の相対的な技能と逆相関していたことを示す。1950年代1960年代の組織率がピークにあった時、組合員の技能は相対的に低かったが、今日と第二次大戦前の期間では、組合員と非組合員の技能は同等だった。それから我々は、同期間において、組合加入家計の所得プレミアムを推計する。その結果、組合の組織率や組合加入者の選択に大きな変化があったにも拘わらず、過去80年のプレミアムは15-20対数ポイントでほぼ一定だったことが見い出された。さらに我々は、我々の長期のサンプル期間において組合は、所得分布に対する有意な平等化効果を持っていた、ということを様々な識別仮定の下で示す数多くの直接的な結果を提示する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20180517/Unions_and_Inequality