クルーグマン「保護主義は大量失業をもたらさない」

4/9付エントリクルーグマンが以下のように書いている。

I come here not to praise Trump — God no — and would be happy to see his political ambitions buried, with maximum ignominy. He would destroy American civil society; destroy our hopes of containing climate change; destroy U.S. influence by trying to bully everyone in sight. It’s very scary that there’s any chance that he might end up with his (long) finger on the button.

But too many anti-Trump critics seem to have settled on one critique that happens not to be right: the claim that a turn to protectionism would cause vast job losses. Sorry, that’s just not a claim justified by either theory or history.

Protectionism reduces world exports, but it also reduces world imports, so that the effect on overall demand is a wash; textbook economic models just don’t say what conventional wisdom is asserting here.

History doesn’t support this line of attack either. Protection in the 1930s was a result, not a cause, of the depression; the early postwar years, when tariffs were still high and exchange controls were pervasive, were marked by very full employment in many countries.

Why, then, focus on such a weak argument against a truly despicable candidate? I think I know the answer: it’s an argument that doesn’t involve taking on bad things in the Trump agenda that differ from the agenda of other Republicans only in degree — as Matt O’Brien says, on tax policy Trump is just Paul Ryan on steroids.

But bad arguments are bad arguments, even if used against a bad guy. And the choice of this argument is telling us something about what’s wrong with a lot of people beyond Trump.

(拙訳)

ここで私はトランプを称賛したいわけではない。それはありえない。彼の政治的野心が最大限の屈辱と共に葬り去られたら私は喜ぶだろう。彼は米国市民社会を破壊し、気候変動を抑え込むという希望を破壊し、目に入る者すべてをいじめようとすることにより米国の影響力を破壊するだろう。最終的に核のボタンに彼が(中)指を掛ける可能性が少しでもある、というのは非常に恐ろしいことだ。

しかしあまりにも多くの反トランプ陣営批判者が、実は正しくないある批判を声を揃えて主張しているように思われる。その主張とは、保護主義政策を取れば大量失業がもたらされる、というものだ。残念ながら、その主張は理論的にも歴史的にもまったく正当化されない。

保護主義は世界の輸出を減らすが、世界の輸入も減らすため、需要全体への影響は差し引きゼロとなる。この点について世間知が唱えていることは、教科書の経済モデルから一切出て来ないのだ。

歴史もまたそうした批判を支持していない。1930年代保護主義大恐慌の結果であって原因ではなかった。戦後間もない頃は、関税は依然として高率で為替管理が一般的だったが、多くの国で十分なまでの完全雇用が達成された。

では、真に卑しむべき候補を批判するに際し、なぜそのような論拠薄弱な主張に主眼を置くのだ? 私にはその理由が分かるような気がする。その主張ならば、他の共和党政治家の政策との違いが程度問題に過ぎないトランプの政策の問題点を扱わなくて済むからだ。マット・オブライエンが言うように、税政策については、トランプはステロイド剤で強化されたポール・ライアンに過ぎない。

しかし悪しき主張は悪しき主張であり、それは相手が悪い奴の場合でも同じだ。そして、この主張が選択されたということは、トランプ以外の多くの人の何が間違っているかについて物語っている。

コメント
1件
トラックバック
3件
ブックマーク
0 users
himaginary
himaginary