Hatena::ブログ(Diary)

Hi-MEATBALL. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-09

[]apt-getとaptitudeの違い

自分の中で曖昧だったので、調べてみたら色々出てきた。一記事だけピックアップ。

http://foamy-capriccio.seesaa.net/article/47608276.html

インストール

 主な違いは「推奨(recommends)パッケージ」の扱いです。apt-getは推奨パッケージを表示するだけに留めますが、aptitudeは推奨パッケージもインストールしようとします(たぶん提案(suggests)パッケージはインストールしません。推奨と提案の違いはこのエントリの質疑応答が参考になります)。

アンインストール

 主な違いは必要のなくなったパッケージ(孤児(orphan)パッケージと呼ばれるらしい)の扱いです。apt-getもaptitudeもあるパッケージをインストールしたとき、必要なパッケージも自動的にインストールしてくれますが、インストールしたパッケージを削除したとき、apt-getはそのパッケージだけを、aptitudeは(/var/log/aptitudeのログを元に)不要になったパッケージも削除します。

Ubuntuで使うなら今はapt-getに統一しておいた方がいいよ

どっちがいいかは利用目的によるけど、とりあえずどちらを使うか統一しといた方が良いみたい。パッケージマネージャGUI)で管理しているならapt-getでもいいけど、私のようにCUIで全部なんとかするつもりであればaptitudeの方が便利の用な気もする。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himeatball/20081009/1223572372