Hatena::ブログ(Diary)

革命的非モテ同盟公式ブログ Twitter

2016-11-15

ハロウィン粉砕パーティー2016(※仮装禁止) 活動報告

 皆様こんにちは、革命的非モテ同盟です。冬の音が聞こえる中いかがお過ごしでしょうか。御風邪など召されておりませんでしょうか。我々としてはぼちぼち戦いのシーズン開幕だなという心持ちで闘志を湧かしている今日このごろであります。

 さて、去る10月29日、我々革命的非モテ同盟ハロウィン粉砕パーティーを敢行いたしました。

 ここのところ「最近リア充どもがハロウィンの日に渋谷で暴れるなど調子に乗り始めている、お前たちの力でハロウィンを何とかしてくれ!」という、我が国における新たなリア充イベントとして定着しつつあるハロウィンを粉砕してほしいという請願が大変多く寄せられておりました。そこで我々としてもその声に答えるべく何とかハロウィン粉砕デモを開催する道を模索したのですが、諸般の事情によりデモが敢行できない運びになってしまったため、会場を借り切って非モテ同士が盛り上がりリア充に対する呪詛の声をあげることでハロウィンを粉砕するという方式へ転換しようという事になって誕生したのが今回の企画であります。

 会場をお貸し頂いたのは「イベントバー エデン」様。東京メトロ有楽町線および副都心線要町駅から徒歩10分のところにある閑静な住宅街の中に佇む小さなバーです。こちらは仕事や人生に疲れた人だけに来店資格がある「疲れたバー」や、大学を卒業したものの職にありつくことが出来ない人が集まる「大卒無職バー」といったユニークな企画をはじめ、イスラム法学者中田考氏やひかりの輪代表の上祐史浩氏といった他ではあまり聞けないような方の講演会を開催するなどしておられる実に個性的なバーとして知る人ぞ知る存在のようでして、我々のようなキワモノ団体による今回の貸し切り企画の依頼も快諾して頂けました。この場を借りて御礼申し上げます。

 パーティー当日は開店時刻である17時の時点で既に数名のお客様がお見えになり、18時半頃には店内が満員になる大盛況の様相を見せました。ハロウィン恋愛資本主義に対する多大な違和感という思想を共有した方同士、店内の至る所で活発な意見交換や交流が行われていた様子でまさに開催者冥利に尽きるというものです。また、当日はテレビ取材の方もお越しになり、多くのお客様がインタビューに応じておられました。こうした形で今回のハロウィン粉砕パーティーの開催が我々革非同だけでなく多くのお客様にとっても意見発信の場になった事は誠に喜ばしいことであったと感じております。

f:id:himote_league:20161029195500j:image:w360

 そして開店から3時間ほどが過ぎ参加者同士の会話で店内が盛り上がる中、「カボチャ粉砕式」が執り行われました。これは忌まわしきハロウィン象徴であるカボチャを革非同代表のMarkWaterがナタによって叩き割るという今回のパーティーにおけるメインイベントであります。

f:id:himote_league:20161116000833j:image:w360

 MarkWaterが近所のスーパーで購入してきたやや小ぶりなカボチャがまな板に乗せられると「恋愛イベントに依存しなければ行きてゆけぬ愚かなリア充どもめ!」「リア充を砕け!」「リア充死んでもらうぜ!」「リア充腹を切って死ぬべきである!」といった義憤の声が浴びせられます。そしていよいよ全ての非モテ同胞達の夢と希望と怒りとを乗せた正義の刃がMarkWaterの手によって振り下ろされると、哀れリア充象徴たるカボチャは真っ二つにかち割られました。

 響き渡る万歳三唱の声。更にインシャラー!マンセー!など思い思いの勝鬨が上がり店内の熱気は最高潮に。かくして我々革命的非モテ同盟は見事ハロウィンを粉砕せしめたのでありました。

f:id:himote_league:20161116000805j:image:w360

 真っ二つになったカボチャについてですが、半分は薄くスライスして炒め物に、もう半分はバター風味の煮物に、そして種は塩味を付けて炒めることで酒の肴にと余すところ無く調理されてお客様に無料で振る舞われました。リア充はの象徴たるカボチャは無残にかち割られたのみならず我々によって完全に喰らいつくされたのであり、まさに革命的非モテ同盟ハロウィンに対し完全勝利をおさめたのであります。

f:id:himote_league:20161029193356j:image:w360f:id:himote_league:20161029193340j:image:w360

 今回は冒頭に記した通りやむを得ずデモではなく粉砕パーティーという形式を採ることになりましたが、ご来店いただいた皆様、そして我々と志を同じくする全ての非モテ同胞の皆様の協力によって無事にハロウィンを粉砕することが出来ました。厚く御礼申し上げます。来年以降がどうなるかは全く未定ではありますが、万が一ハロウィンが墓場から蘇って来るような事があれば、どのような形であれ我々は必ず立ち上がりカボチャを叩き割るまで戦い抜くでしょう。我々革命的非モテ同盟の魂は常に全ての非モテの皆様と共にあり、いかなるリア充イベントに対しても決して戦意を衰えさせることは無いでしょう。

D

 次はクリスマス粉砕デモで皆様のお目に掛かれることを楽しみにしております。