Hatena::ブログ(Diary)

ハッピー・サッド このページをアンテナに追加

2011-09-24 君はここにいないよ

[]京都音楽博覧会♪5th

毎年恒例の京都音楽博覧会に行ってきました。

今年は出演メンバーが神懸り的で、フジが出るって聞いたときはもう電車で一人叫びだしたいのをこらえてニヤニヤしっぱなしでした。

今年陣取った場所は敷物しいていいスペースのほぼ最前で、立ち見ゾーンに行かなくてもステージ丸見え。いいポジションでした。


小田和正はなぜか中学生の時大好きでよく聴いていました。その中でも一番好きだった曲、「恋は大騒ぎ」を歌ってくれて、しかも大好きなくるりとのコラボ。何このミラクル・・!と感動しきりでした。最後に「たしかなこと」を弾き語り。大きなパワーを感じた。みんな圧倒されて身動きできなかった。今の日本に必要な歌だと思った。

圧巻だったのは石川さゆり。前回に引き続いてあの登場はズルイ!当り前だけど歌唱力がずば抜けて素晴らしくて、ご本人もとてもチャーミングで素敵な方。リクエストに答えて「天城越え」を歌ってくれたけど、即興で対応できるバンドの方々もすごい。演奏も素晴らしかった。


そして、一番嬉しくてでも一番不安だったのがもちろんフジファブリック

志村くんのいないフジを見るのは初めてだし、他のフェスでは昔の曲も歌ってるみたいだから、自分がそれを聞いたときどういう風に思うのかが全く想像できなくて、演奏始める前から落ち着かなくて立ったり座ったり。

出てきたメンバーたちは、すごく緊張しているように見えた。総くん音程ひどいし。。同行のフジを全く知らない友人は歌ヘタだな・・そういう曲なんかな。。とか思ってたらしい。。

私はいろんな感情あふれてきて涙が出た。やっぱりそこに志村くんがいないという事実がつらすぎた。

でも同時に、3人にはそれでもフジファブリックを続けてくれてありがとうという気持ちでいっぱいだった。絶対に比べられていろいろ言われるのは分かってるのにその道を選んでくれたことが本当に嬉しい。

だから、志村ボーカルの曲とかあんまりやらないでいいような気がする。。やっぱり総くんが昔の曲を歌うのは無理があると思うし。こないだのUSTでも、「志村っぽい!」っていう意見がたくさん出ていて、はたしてそれがほめ言葉なのかどうか私には分からなかった。今のフジが目指すのは、昔のフジの音なの?って。歌や曲が志村くんぽくなればなるほどいいなんておかしな話だ。もっとたくさん曲を作って、3人のフジファブリックを確立していってほしい。それにはまだまだ時間はかかるかもしれないけれど。

帰りの電車で、まず志村くんが歌う「MUSIC」をiPodで聴きたいと思ってしまった私は、まだ悲しみから抜け出せずにいるようです。だめだよねえ、歩き出さないと。

くるりはもう安定感ありすぎ。こないだライブで聴いたとこだったけど、全てがここちよくて包み込まれるよう。新メンバーだいぶなじんできた感じから。ただファンファンはもっと可能性があると思うからがんばってほしい。京都の大学生でギターを持たない岸田さんが自由にしてるのがたまらなくかわいかった。WESNのPVを彷彿とさせるあの動き。たまらんかった。髪型ヘンだけどw

あと高田漣さんがとにかくステキ。いったいいくつ楽器を操るの・・っていうくらい多才。そしてかっこいい。漣さんのためだけに一番前まで行って見たかった。

まあそんなかんじで今年も夏が終わりました。秋にはくるりもフジもまたツアーがあるから、それを心の励みに頑張ります。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。