Hinemos開発日記 2nd Season RSSフィード

2017-06-12 第九十二話 Hinemos6.0.1リリース!

pです。こんにちは。

初めてこのブログに記事を書くので、宜しくお願いします。


Hinemos 6.0.1が先週金曜日(2017/6/9)にリリースされました!

最新パッケージはこちらからダウンロードできます。

https://github.com/hinemos/hinemos/releases/tag/v6.0.1


早速ですが、以下に6.0.0から6.0.1へのアップデート方法について説明します。

なお、新規インストールの手順については、6.0.0とパッケージ名/リンク先以外はほぼ差がないので、新規インストールの場合は前回の記事をご参照ください。

http://d.hatena.ne.jp/hinemos_dev/20170206


アップデートインストールと同様にrpmで行います。

・Hinemosマネージャ

# service hinemos_manager stop

# rpm -Uvh https://github.com/hinemos/hinemos/releases/download/v6.0.1/hinemos-6.0-manager-6.0.1-1.el7.x86_64.rpm

このままで起動すると、jvm_stdout.logにHinemosModel.jarが見つからないというエラーが出力され、起動失敗となります。

原因は、6.0.1でJARの仕様が変わっていて、HinemosModel.jarがなくなったからです(ちなみに、代わりにHinemosManagerRhel.jarが増えた)。

JPAの設定ファイルpersistence.xmlを合わせて更新すれば解消できます。

以下の手順にしたがって、設定テンプレートフォルダ(etc.template)から新しいpersistence.xmlを作り直してください。

# cd /opt/hinemos

# rename .xml .xml.OLD etc/META-INF/persistence.xml

# cp etc.template/META-INF/persistence.xml etc/META-INF/persistence.xml

# sed -i.BAK "s#%%HINEMOS_HOME%%#`pwd`#g" etc/META-INF/persistence.xml

これで正常に起動できるはずです。

# service hinemos_manager start

・Hinemos Webクライアント

# service hinemos_web stop

# rpm -Uvh https://github.com/hinemos/hinemos/releases/download/v6.0.1/hinemos-6.0-web-6.0.1-1.el7.x86_64.rpm

# service hinemos_web start

クライアントのほうは特に追加の変更がなく、このまま正常に起動できます。

マネージャクライアント両方起動したら、ブラウザでアクセスできるかを確認してください。

http://[WebクライアントIPアドレス]

残念ながら、OpenJDK1.8における0.0.0.0の待ち受けできない不具合の修正はまだRHELCentOSデフォルトパッケージに取り込まれていないので、

Webクライアントマネージャと同じサーバインストールしても、

Webクライアントログイン画面にて、http://localhost:8080/HinemosWS/のままだと接続できません。

localhostの部分をマネージャサーバIPアドレスに置き換えてログインしてください。

※詳しくは前回記事を参照してください。http://d.hatena.ne.jp/hinemos_dev/20170206


6.0.1で数々の機能改善や不具合の修正が行われていますので、早くバージョンアップを推奨します。

チェンジセットはGibHub上のリリースページより確認出来ます。

もしリリースページにない、まだ修正されていない不具合があれば、

フィードバックしていただければ次期マイナーバージョンで対応を検討します。

宜しくお願いします!

2017-02-06 第九十一話 Hinemos6.0.0リリース!

cです。こんにちは。


若手がブログを書いてくれないので、久しぶりに書いてみます。


Hinemos6.0.0が2017/2/2にリリースされました!

https://github.com/hinemos/hinemos/blob/master/README.jp.md

こちらからダウンロードできます。

インストール時に問題になりそうなことと解決方法を書いておきます。


インストールはHinemos5.0と同様にrpmで可能です。

# rpm -ivh hinemos-6.0-manager-6.0.x-1.el7.x86_64.rpm

# service hinemos_manager start

# rpm -ivh hinemos-6.0-web-6.0.x-1.el7.x86_64.rpm

# service hinemos_web start

上記のコマンドでHinemosマネージャとHinemos Webクライアントインストールして起動できます。

起動後に、ブラウザでアクセスします。

http://[WebクライアントIPアドレス]

アクセスするとHinemosマネージャログインするダイアログが出てくるので、

HinemosマネージャURLとユーザ名とパスワードを入力してOKをクリックするのですが、

ここで失敗する人が多いと思います。


ユーザ名とパスワードデフォルトではhinemos/hinemosを入力してください。

HinemosマネージャURLはHinemos5.0と異なり、 http://localhost:8080/HinemosWS/ のままではダメです。

(HinemosマネージャとHinemos Webクライアントが同居している場合であっても、 http://localhost:8080/HinemosWS/ ではダメです。)


localhostをHinemosマネージャIPアドレスに置き換えてからログインしてください。

正確に言うと、localhostを「netstat -noap | grep 8080」のIPアドレスに置き換えてからログインしてください。


なお、「netstat -noap | grep 8080」のIPアドレスを変更したい場合は、

hinemos_change_listen_address.shを使ってください。

hinemos_change_listen_address.shの使い方は、「管理者ガイド 3.1.12待ちうけアドレスの変更」を見てください。


hinemos_change_listen_address.shを利用してもログインできない場合は、ファイアウォールに引っかかっている可能性があります。

一旦、ファイアウォールをOFFにして、挙動が変わるか確認してみてください。

(最終的には、ファイアウォールをOFFにするのではなく、必要なポート(TCP8080)のみを開く設定にしてくださいね。)


補足ですが、Hinemos5.0では0.0.0.0で待ち受けているため、localhostのままでも大丈夫です。

Hinemos6.0で利用しているOpenJDK1.8は不具合があり、0.0.0.0の待ち受けができません。

そのため、上記のような面倒なことをする必要があります。

https://bugs.openjdk.java.net/browse/JDK-8162941

OpenJDK1.8の本家では修正されたので、RHELCentOSのOpenJDKに修正が取り込まれれば、

0.0.0.0の待ち受けが可能となります。


下記も参考にしてください。(Hinemos5.0ですけど)

http://d.hatena.ne.jp/hinemos_dev/20150827

2016-08-26 Hinemos5.0.3リリース

Mです。はじめまして!

Hinemos ver.5.0.3をリリースしました。

不具合修正の他、SSLを利用する場合に簡単に監視や環境構築機能を利用できるよう改善しています。

是非ダウンロードしてください!

https://osdn.jp/projects/hinemos/releases/

hirohiro 2016/09/16 17:21 OSDNのサイトから、Windows用のエージェント(hinemos-agent-5.0.3-1.win64.zip)をダウンロードしましたが、正常に解凍できません。(Lhaplus使用)
Windows標準の機能だと展開できますが、インストーラが正常に終了しません(インストーラが壊れている旨のダイアログが表示され、終了する)
いくつかのミラーサイトやダウンロード環境を変えて試しましたが全て同じ結果です。
何か解決策はございますでしょうか?

2016-02-15 Hinemos5.0.2リリース

TKです。

本日、Hinemos ver.5.0.2がリリースされました!

https://sourceforge.jp/projects/hinemos/releases/

Hinemos ver.5.0.1の不具合修正に加え、

性能改善やエージェント・リッチクライアントWindows10対応も実施されています!

詳細は、Hinemos ver.5.0.2のリリースノートを確認してください。

かんちんかんちん 2016/03/03 04:51 現在、HINEMOSを含めて勉強中です。
エージェントについて教えていただけるととてもうれしいことがあります。
今利用しているサーバには、別のアプリケーションがあり、JDK1.8が入っています。
これにエージェントをインストールして利用してみたいのでしすが、エージェントは、OpenJDK1.7が必要とのことで、どうやればこのサーバの別のアプリケーションには影響させずにエージェントをインストールができるでしょうか?
みなさんはどうやっているのでしょうか?
教えていただけるとうれしいです。

cc 2016/03/29 13:50 コメントに気づきませんでした。。。ごめんなさい。

エージェントをインストールするOSはWindowsではなくLinuxと読み取れるので、
その前提でコメントします。

> 今利用しているサーバには、別のアプリケーションがあり、JDK1.8が入っています。
> これにエージェントをインストールして利用してみたいのでしすが、エージェントは、
> OpenJDK1.7が必要とのことで、どうやればこのサーバの別のアプリケーションには影響させずに
> エージェントをインストールができるでしょうか?
複数のJDKをインストールする方法が一般的です。
JDK1.7をインストールした後、環境変数のPATHやJAVA_HOMEはJDK1.8のままにしておけば、
他のアプリに影響を与えずに済むはずです。

HinemosエージェントはOpenJDK1.7が必要になります。
hinemos_agent.cfgのJAVA_HOMEを書き換えればHinemosエージェントは動作します。

かんちんかんちん 2016/05/10 14:37 ごめんなさい。コメントを頂いていたのに、私も気がついていませんでした。 (^_^;
アドバイスをありがとうございます。
お考えのとおり、Linux(CentOS)です。
頂いたアドバイスのように設定してみます。
ありがとうございました。

2015-11-25

Hinemos4.1.4リリース

10:52

TKです。

本日、Hinemos ver.4.1.4がリリースされました!

https://sourceforge.jp/projects/hinemos/releases/

Hinemos ver.4.1.3の不具合修正に加え、

内部的な機能改善も実施されています!

詳細は、Hinemos ver.4.1.4のリリースノートを確認してください。