隠居生活供給公社




RSSTIMES
RSSTIMES

2004-10-20 (Wed)

[]タクシーで出勤日記

人生25年の中でまさかタクシーで出勤する日が来るなんて思わなかった。(高校のときですら使ったことないのに!)事の発端は自宅の最寄り駅でもたもたしていて本来乗るべき電車に乗れない->電車乗ったけど乗り継ぎうまくいかない->バス乗れない->マズーということでタクシーです。どちらかというと帰りはちゃんと帰れるのかというほうが不安です。

[]はなぢ

鼻がむずむずして鼻かんだらでた。がってむ。

[][]スパムSPAMすぱむ

たまたま見たら更新されていたので。

- 重要 -
エントリーする方のモラル違反、マナー違反は、他の方に多大な迷惑をおかけする事になり、今後のコンテスト運営の支障になるおそれがありますので、トラックバックの利用はスパム行為ではありませんが、トラックバックSEO コンテスト参加表示サイト同士でのコミニケーション にとどめてください。場合によっては審査対象外となります。

また、スパム的なページが増えてきています。審査員がスパムと判断すれば、終了時に入賞していたとしても、失格となる可能性がありますのでご注意下さい。

ルールとマナーを守って楽しいコンテストになるようお願いいたします。

何処とはいわないけど明らかに並べているだけでそれ以上の何かが感じられないページが乱立してたから辟易していたといえばしていた。もうちょっと趣旨を考えようよ。

ちなみにうちのやつはもう少しだけ続きます。

(http://www.seo-association.com/)

[]とてもじゃないけど

1時間早退したほうがいいかなぁ(あくまでもきっぱりいわない)、とかいえる雰囲気じゃない。ずぶぬれでバス待ちとかイヤダヨわたしゃ。

追記:領収書OKでたけどとてもじゃないけどここから立川なんて財布もアレだが自分の体調的に多分ゲロ吐けるとこまで行きそうなので最寄の駅でやめておこう。

[]帰宅途中

横浜線はやはり微妙に遅れているは遅れているらしい。前ならばずぶ濡れ覚悟で自転車で帰宅なのだが。

取り敢えずその後のことは八王子で考えよう。

[]帰宅した

どの路線もがりがり速度制限かかり始めていた。表も風がでてきた。とりあえず無事ついたのでよし。井泉のコロッケうめー。

(http://www.isen-honten.jp/)

[]眼鏡ぶっこわした

とりあえず終業後吉祥寺行き決定であります。その場で直せるのかはたまた預かりか。はぁ。

[]Vermilion::text 128階 永遠の闘技場 「Missing Creature」(2) 11:08

クロハネは突然やって来た黒服の男を見送ると深く息を吐きソファーにもたれかかった。あの謎だらけの箱庭を制御する奴等でもわからないクリーチャーとは・・・。パラパラと渡された資料に目を通しながら色々と考えを巡らす。当然同じような依頼を受けている奴等はいるであろう。しかし実際に引き受けるのはどの位なのだろうか?作戦実行予定日は4日後。準備を開始するか。

-*-*-*-

作戦実行日朝6時。闘技場の控え室にはこの作戦の為に召喚された者達で溢れかえっていた。ヒサメは相棒の黒装束の線の細い男を見つけると小走りで駆け寄った。「やっぱクロハネだ。来てると思ったんだ。」クロハネと呼ばれた男はヒサメに気づくとああ、と答えた。ヒサメは生粋の魔法使いである。ここに来たのは修行をかねて。単独で生存率を落とすよりは仲間を作って確実に仕留め生き延びるほうが良い。そう考えたときヒサメの目に留まったのがこのクロハネだった。所謂アサシンタイプ、短剣と弓を器用に使い分ける敵にまわしたら非常に厄介な、しかし味方にすれば頼もしい人物である。半年前にスカウトしたときからまるで長年の付き合いかの如く阿吽の呼吸で切り抜けてきた。「ゴッゴルについてどう思った?」ヒサメは愛用の呪符を確認しながらクロハネに問いかけた。「まるで幻影のようよね。目撃者全員の証言が違う。」「たしかにな。だからこそ探究心に火がついた。」

暫らく経つとおそらく零育成財団のお偉方だろう人たちと研究者らしき人たち、明らかに現場レベルな人たちが控え室に入ってきた。「えー、本日はご足労いただきありがとうございます。」現場レベルでの一番偉い人だろうか、今回の作戦について説明をし始めた。「今回はあくまでもMissing Creatureの捜索であり、生存することが第一であります。間違ってもいつものノリで殺し合いを行わないように。」やんわりと注意をした後に続けた。「通常は単独もしくはペアを推奨しておりますが今回は最低でもペア、できれば4人ないし6人くらいまでのグループで行動することを推奨します。」単独行動を薦めない、それはそれだけ危険であるということ。一瞬控え室がしんと静まったような気がした。「皆様に要請したい内容としてはMissing Creatureに関する情報を集めること・・・支給するインスタントカメラ・スケッチブック・レコーダーでの記録及び戦闘、倒した場合できる限りキレイな状態で持ち帰るようお願いします。」持ち帰ることなど可能なのか?相手は何者かわからないのだ。「今回は第一次探索ということで終了は明日10時、帰還受付は明日8時より開始。10時までに連絡無しで帰還無場合はロストしたものとしてカウントします。なお、報酬については報告内容によって判断いたしますので追ってお支払いさせていただきます。」危険なミッションでどのくらいの報酬が出るのだろう。その辺の説明がないのでちょっと不安になった。「説明は以上です。開始は8時より。それまで準備を済ませてください。」

-*-*-*-

「2人というのは若干心細いな。」クロハネは適当に周りを見回し知った顔がないか探した。左を見たとき視界に日本刀を携えた女を捕らえた。あれがいい。「茜、久しぶりだな。」クロハネの声に反応して女が振り返った。「何だクロハネか。貴様も来ていたのか。」気だるそうに答える女は所謂ニホン的な美人というのであろうか(しかし私はニホンという国へ行ったことがないので断片的な情報である)、長く黒い髪をひとつに束ね比較的ぴったりとした・・・ジャンプスーツとでもいうのだろうか、上下白のつなぎを着ていた。鞘に納まった日本刀が実に不釣合いである。「どうせ私と組むつもりなのであろう。メンバーはこちらで決める権利をもらえるのであれば加わってやる。ああ、そこの小娘は問題ないから加えてやる。」小娘、といわれヒサメは憤慨していた。まだお前は若いな。

bakaguildbakaguild 2004/10/20 10:48 ワタシは今日も当然のようにタクシーです。

akicoakico 2004/10/20 10:57 タクシーなんてしょっちゅう使うけどなぁ。電車のほうがつかえない田舎だったから。

hinochahinocha 2004/10/20 11:14 みんなぶるじょわだな!

28173+

<< 2004/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この日記をアンテナに追加 ポイント送信

キーワード検索

Googleさん

ダイアリー内を検索
それ以外を検索

RSS