隠居生活供給公社




RSSTIMES
RSSTIMES

2004-11-26 (Fri)

[]ダルダル日記

すっごいからだがだるい。

[]いまいち無頓着だったんですが

今まで化粧水ってカネボウのやっすいのとか今使ってる石鹸と同じメーカーの化粧水になるジェルだったんだけど、昨日10%OFFだったのをいい事にちふれ化粧水美容液乳液買ってみた。なかなかいい、とくに美容液

まぁ普段化粧しない人なんですが、多分勢い余って10%OFFのうちにファンデーションとかも買いそうです。ひひひ。昔は社員割引ががんがん使えたので資生堂とかカネボウとかコーセーとかのカウンセリングのやつ使ってたけどそこまでお金出せないし。

[]同盟を組んでみたいのでテスト

なんかこの間うまくいかなかったのでRMSじゃなくて別のギルドたててそっから同盟依頼を出してみるテスト。とりあえずギルド名と略称考えよう。面倒だからもう1回RMSからやってみる。

[]Vermilion::text 128階 永遠の闘技場 「Missing Creature」(6) 14:41

小型のワーム4体はなんて事無いタダのワームであった。「なんてことないじゃーん♪」ヒサメは鼻歌を歌いながら進む。「しかし、なぁ・・・。」ヴォーザは浮かない顔をしていた。「あの部隊が言っていたことが本当となると、我々とて全滅しかねないぞ。」そう、先ほどの話である。あの部隊---ワームを片付けたあと遭遇した部隊は茜を見つけるとあわてて駆け寄った。「あっちで1部隊全滅してやがる。情報どおり右手だけが・・・。」


どうやら既に何部隊か全滅しているようだ。右手だけ残して。「・・・いざというときのために速度増加魔法掛けますね。」シャナは短い詠唱のあと速度増加の魔法を掛けた。「このあたりはなんかいやな空気が流れています。・・・やっぱりあるったけの補助魔法掛けます。」風景は特に問題が無い。小川が流れ、ややひらけている場所である。流れる空気が何か違う。「気配は無いが、嫌な予感はするな。」クロハネもダガーを握りなおし意識を集中させる。

ふと視界に一人の少女が目に入った。白いワンピース、ウェーブがかったブロンド、青い目。「ん?」最初に気づいたのはヴォーザだった。「あんなところに女の子が。」「おかしい・・・あんな少女は見た事が無い。」茜は鞘から刀を抜く。そして異変。気づいたのはクロハネである。「空間が歪む!全員耐衝撃!」ずん、と鈍く重い何かに押さえつけられそうな感覚。瞬間。「防御壁展開!」「炎ぶっ放すわよ!」シャナとヒサメの魔法が飛ぶ。上方から来た「何か」を壁が防ぎ炎が焼き尽くす。「やばいぞ、こりゃ。」「多分アレが・・・ゴッゴルですよね。」「見た目あんなにかわいいのにっ!」「写真とりまくっておけよ!」歪みが収まり攻撃が止む。茜が少女へ歩み寄る。茜に向けて「何か」が捕らえようと動く。茜はそれを切り進む。少女が怯えた顔になる。泣きそうになればなるほど攻撃が激しくなっているようだった。見えない何かに斬られ茜の白い肌から血が流れる。「所謂防御反応ですね・・・。」シャナは茜に向けて必死に回復魔法を唱える。「あんまり回復魔法ばっかし唱えさせるなよー。あとでぶっ放せないじゃない!」ヒサメもシャナとともに茜に向けて回復魔法を唱える。クロハネとヴォーザはただ見守るしかできなかった。下手に手を出したら死ぬ。直感が己を踏みとどまらせた。

「お前が、そうか。」少女は答えない。「この塔の魔力が生み出したモノか。今の我々には邪魔以外の理由が無い。願わくば消えてもらいたい。」少女は顔を上げ茜を見つめる。口を開く。

「みんな、わたし、こわいっていうの。だから、みんな、たべたの。いけないの。だめなの。とめられないの。わたしを、とめて。」

少女の願い。聞き終えた茜の刀が弧を描く。

「南無三。」クロハネは小さくつぶやいた。

28173+

<< 2004/11 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
この日記をアンテナに追加 ポイント送信

キーワード検索

Googleさん

ダイアリー内を検索
それ以外を検索

RSS