Hatena::ブログ(Diary)

げっかんにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード

伺かゴースト「レチハルカ」等の更新記録と
鉄道旅行記と、列車コンセント情報がメインの日記です。
伺かゴーストって何? という方は外部解説サイトも御覧下さい。


本体サイト

ゴーストダウンロード

伺か最萌トーナメント終了

2007年3月26日(月) 日記。

血液型性格診断が当たる理由

| 10:01 |  血液型性格診断が当たる理由を含むブックマーク  血液型性格診断が当たる理由のブックマークコメント


Zephyr様の日記に影響されまして、ちょっと考えてたことを書いてみます。 



A型は真面目で几帳面。 

B型は発想豊かでちょっとルーズ。 

…よくある血液型性格診断ですね。 


諸外国では、血液型といえば輸血や救急医療が一番に連想されるそうですが、日本ではまず思いつくのが「性格診断」です。初対面のときに血液型の話が出て、さらに性格や相性の話題に流れていくのは王道パターンの一つでしょう。 

一方で、最近は、血液型性格診断は迷信で、そんなものを今どき信じているなんて…という言い方をされることが多くなってきました。 

でも、血液型性格診断の話題になったとき、「あぁ、確かにこの人はB型っぽいなぁ」とか、腑に落ちる経験をした人は多いのではないでしょうか。 

たとえば、私の職場では、興味深いことに、「正確さを一番に期するセクション」は圧倒的にA型が多く、「人付き合いがもっとも大事なセクション」は圧倒的にB型が多いという調査結果があります。 


血液型と性格の関係。本当に「迷信」なんでしょうか。 


血液型、つまり血液中のコロイド物質の微少な違いが、脳内で器官に作用して、性格の発現という脳の高次的作用に影響を与えるかどうか、というと、これは絶望的と言わざるを得ません。

勿論、脳の機能がすべて解明されているわけではないし、もしかしたらそのような「奇跡の」構造があるのかも知れませんが、今のところは、脳の構造から考えても、血液型が直接に性格を左右することは難しい。


ただ、本当に血液型と性格が無関係であるなら、ここまで血液型性格診断が一般に普及することはなかったでしょうし、あったとしても「星座占い」に近い、科学とは別の超自然的なもの(占星術などのような…)になっていたのではないかと思います。

血液型性格診断は、なぜ説得力をもって一般に受け入れられてきたのか?


「血液型ステレオタイプによる予言の自己成就現象」という論文が提出されたことがあります(1992, 坂元章ら)。これは、かいつまんで言えば、「血液型が×型であるなら、その人の性格は〜〜だ」という「常識」を刷り込まれた人は、そのような性格であるように振る舞うようになる、という理論です。

そして、そのように振る舞う人が増えれば、血液型性格診断の的中率が高まり、その内容がさらに「常識」となっていく、という正のフィードバックが掛かることによって、今日の血液型性格診断が成立したものと考えられます*1


たとえば、あなたに向かって「私はA型なんです」と言っている人を想像してみてください。

どういう人物像が浮かんできますか?

たとえば、七三分けで黒縁メガネで背広を着てる人が浮かんでくるかも知れません(私の場合)。

それは極端な例にしても、A型の人というのはこういう人だ、というイメージが、何かしら湧いてくると思います。

では、「私はR型なんです」と言う人が想像できますか?

もし、A型とR型で、「想像可能性」に大きな差が出たなら、あなたの中にはA型の人間に対する血液型ステレオタイプが存在すると言えそうです。


正のフィードバックのもう一つの構成要素として、A・B・O・ABという文字形状の視覚的・聴覚的な効果も無視できない可能性があります。

「A」は、直線だけで構成され、音声も「エー」と清音で、「実直」「潔癖」というイメージを補強します。

「B」は、曲線と角をあわせ持ち、音声は「ビー」という濁音です。「清濁併せ持つ度量」「強さ」を感じさせます。

「O」は、豊満な曲線に満たされ、「包容力」「優しさ」などをイメージさせ、「AB」は「相反するものを内包する度量の広さ」「自己矛盾」など、やや揺れがちな印象を受けます。

これらのイメージと、一般に流布されている性格診断の内容が(偶然か必然かは別にして)一致していたことも、血液型性格診断が一般化していけた一因はないでしょうか。


血液型は、人間の性格に直接影響を与えることはおそらくできません。

しかし、「社会」や「常識」というものを仲立ちにして、間接的に影響を与えることができてしまうかも知れないのです。







…ここまで読んで、私がA型だと思った人。






当たり。




*1:もちろん、血液型性格診断の正のフィードバックは、最初に正方向への動きがなければ生じません。(誰かが言い出さなければ、そもそも誰も信じない。)血液型性格診断については、戦前にすでにそれに関する論文が提出されており、また、1970年代に一般に向けて性格診断書が刊行されているので、それが源流とみる考えが多いようです。参考:Wikipedia:血液型性格分類

電波電波 2007/03/26 18:50 まともに統計学の手法を使って真っ先に否定されるのが血液型別性格判定だったような。
人間4通りに分類出来たらすごく楽ですが。
とかいってる私はA型。

ZephyrZephyr 2007/03/26 23:42 こちらでははじめまして。
血液型性格判断を行なってくれる人に対しては、わざと虚偽の血液型を自己申告して相手のリアクションを興味深く観察しているのですが、そんな私はO型…。

hinoharuhinoharu 2007/03/27 00:03 相手が血液型性格診断の話題に乗ってくれそうな場合にだけ血液型の話を切り出す、というような「事前審査」を無意識に行うことで、血液型性格診断の正解率がさらに上がることも考えられます。血液型性格診断に信憑性を感じる人を母集団にした上で統計学手法を使うとまた結果が変わるのでは。とか言ってる私は(ry

hinoharuhinoharu 2007/03/27 00:04 どうもはじめましてー。ネタお借りしました。なんて恐ろしいことを考える方なんでしょう! …で、どんなリアクションが多いか、もし良かったら教えてください…。

どなどな 2007/03/27 01:36 B型っぽい、と言われて幾十年。
ふと献血手帳みたら、「O」って書いてあった。
へーへーへー(マテ

hinoharuhinoharu 2007/03/27 07:58 大型…(違)元気してましたかー。もうあっち戻った?

ZephyrZephyr 2007/03/28 00:30 >どんなリアクションが多いか
半数以上の確率で、“観察”終了後に数十秒ないしは最長で半日くらい、観察対象者が口をきいてくれないという調査結果が出ております…。

hinoharuhinoharu 2007/03/28 15:28 それでもしぶとく観察を続けるZephyr様に乾杯でございます。半日って…w

silmesilme 2012/04/03 14:54 血液型によって脳の活性部位に差があるのはほんとですか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hinoharu/20070326/1174870875
641170
この日記のはてなブックマーク数