Hatena::ブログ(Diary)

げっかんにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード

伺かゴースト「レチハルカ」等の更新記録と
鉄道旅行記と、列車コンセント情報がメインの日記です。
伺かゴーストって何? という方は外部解説サイトも御覧下さい。


本体サイト

ゴーストダウンロード

伺か最萌トーナメント終了

2013年11月3日(日) うかべん横浜 #8 実況

第一部 13:15〜

12:15 | 第一部 13:15〜 - げっかんにっき を含むブックマーク 第一部 13:15〜 - げっかんにっき のブックマークコメント

本日のおしながき


「トーク数を水増しするゴーストの作り方」 - りすな 様

  • 概要
    • 外面と内面にギャップを作る
    • 食べ物の話をさせる
  • 食べ物の話をさせる
    • 人は共通の話題だと話しが話がはずみやすい
    • 食事は「相手を選ばない共通の話題」
    • 人は食事に対して何らかの考えを持っているものだ→ネタにしよう!
  • 食事をトークネタにする方法
    • キャラクターに好きな食べ物、嫌いなものの話をさせる
    • 食糧事情について
    • 料理について
    • お店で食べ物を食べたときの話
    • 滅多に食べられないような珍しい食べ物の話 など
  • 実例
    • 燃える稲穂(ラーメン)、ラベンダー畑(パスタ)、どっかのゴースト(いも)←原文ママ
  • 自分のゴーストに食べ物トークがないなあと思ったら実装してみよう! 造るの比較的楽!
  • 食べ物を食べないキャラクターの場合は?
    • 食事しない場合も、料理をするとか、食事に対する関心とかの話は可能だろう
  • 外面と内面にギャップを作る(新規のゴーストを作る人向け)
    • トークを作る際に話しのネタになる
    • ギャップから「なぜ」が生まれる、その「なぜ」が話のネタになる
    • 汎用性が高い
  • ギャップを作る方法→?イメージに反抗する
    • 見た目のイメージを裏切る
    • 人の印象の多くは見た目から決まるらしい。見た目は大切
  • イメージを裏切る方法について
  • イメージに反抗する方法
    1. 見た目を用意する(セーターを着ているキャラクター)
    2. 見た目から連想される言葉を挙げる(寒い、冬)
    3. 連想された言葉からかけ離れたものを考える(暑い、夏)
  • 夏場でもセーターを着ているキャラクター
    • なぜ夏場でもセーターを着ているのか?
      • その方がかっこいいと思っているから
      • 特殊な毛糸で邪悪な力を封じている
      • セーターに見えていたのは体毛
      • 信じられないくらいの寒がり
  • こうして出来た珍妙な特徴に対して、ゴーストに感想を述べさせることでトークネタになる。
  • キャラクターが複数出てくる場合、それぞれの立ち位置(意見)を違えることで、さらにトークが増える
  • 見た目から生まれる一般的なイメージを大事にする
  • イメージに反抗するキャラクターの実例(ヴァンプ将軍)
    • 世界征服を企図する悪役なのに「家庭的」「近所づきあいが大事」「理想の上司」 etc.
  • ギャップが与えるもの
    • ギャップから生み出される葛藤
      • 「とりかえばや物語」(平安時代)
      • 男児と女児を取り替えてそれぞれが貴族として働くお話。若君とされた女児はどんどん出世していく。
      • 若君(女性)の親友が若君の妻と関係を持ってしまう→不倫的な葛藤が生じる
      • 設定としては難しい話だが、葛藤が心理描写を深くしている
  • 何もしなくてもすでにキャラクターにはギャップが存在する
    • キャラクター自体が生物でありながら生物でないギャップを持つ存在である「サザエさん時空」
    • 漫画やアニメのキャラクターは人間として描かれつつも成長する人間とは違う存在である
    • 人間として描かれている以上、成長しないことは不自然
  • このギャップ(不自然さ)を利用した人→手塚治虫鉄腕アトム
    • 天馬博士は交通事故で死亡した息子、トビオに似た感情豊かで高性能なロボットを作った。が、成長しないことに怒ってサーカスに売り飛ばした。(ヒドイ)
    • 漫画のキャラクターが人間として描かれているにもかかわらず、成長しないことに対して多くの人が不自然に思うのと同じ描かれ方
    • 「生き物として描かれているのに成長しない存在」への不自然さを利用して、天馬博士の怒りに説得力を与えている
    • 読者が漫然と感じてきたであろう不自然さを(再)発見した
  • 伺かゴーストの実例(追悼歌)
    • ゴーストの宿命である「トークかぶり」を取り込んだ設定
  • ギャップを作ることで、トークネタを水増しできるだけではなく、感情表現に深みを持たせることすらできる。

「共同作業に使えるオンラインストレージの使い方」 - 高見知英 様

  • もくじ
    • インターネットストレージとは?
    • ストレージサービスを使った共同作業
    • 作業を補完するツールについて
  • はじめに
    • ゴースト関連ファイル管理をどうしている?
    • 複数人で共同制作をするときどうしてます?
    • →インターネットストレージサービスを使うとファイル管理などをやりやすい!
  • インターネットストレージとは?
    • インターネット上にPC上のファイルを保管するサービス
      • Yahooブリーフケース、ATOKオンラインストレージ、etc...
    • 昔:ファイルを手作業でアップロード
    • 今:特定のフォルダ内のファイルを自動的に同期 <近頃増えてきた!>
  • どんな動作をする?
    • ローカルPCの特定フォルダに新しいファイルを作ると→インターネットにも作られる
    • ローカルPCのファイルを編集すると→インターネットも修正される
    • PC AとPC Bのシンクも可能
  • Dropbox
    • 2GB〜有料プランで500GBまで共有可能
    • 他のPCでアップロードされたファイルをタスクトレイのバルーンで通知してくれる(共同作業を前提としたインターフェイス)
  • SugarSync
    • 5GB〜有料プランで500GBまで共有可能
    • 日本法人があり、日本円で支払い可能、若干高い
    • 複数のフォルダをインターネットに共有できる。柔軟な設定が可能。若干めんどうなところがある
  • SkyDrive(Microsoft)
    • 7GB〜有料プランで最大107GB(初期登録特典は25GB)
    • マイクロソフトのサービス。Winows8からはOS機能として利用可能。8,1からOSに統合
    • Officeファイルの連携に強い「このファイルは○○さんが使用しています」とか出てくれる
    • Office2013から保存先として標準装備
    • 大量のファイルのアップロードがとにかく速い
  • Google Drive
    • 5GB〜有料プランで最大16TB(GmailGoogle Photoと容量が共有)
    • 独自形式のドキュメントを保存可能、独自形式ドキュメントは「容量に含めない」→ドキュメントを置くだけなら実質無制限

https://pbs.twimg.com/media/BYH2QvdCIAAGIhS.jpg

  • ストレージサービスを使った共同作業
    • オンラインストレージの「共有」機能
    • Webから特定のフォルダを「共有」に設定
  • Dropbox、SugarSync
    • Web上の「フォルダに招待」からメールアドレスを入力することで共同作業者を招待できる
  • SkyDrive
    • Windowsユーザだけのコミュニティなら楽(Macは向かない)
  • Google Drive
    • オーナーと共同編集者、見るだけの人、などの設定を細かく出来る
    • 共有(招待)の方法は前者と同様。
    • 読み取り専用のURLを作成できる。(パブリックリンクの共有)
    • 明示的にリンクURLを削除できる(期間限定公開など)
  • 高見さんの例
    • 外部の人とのやりとり→Dropbox(バルーンでの通知が便利)
      • Dropboxはファイル共有専用のサービスのため、「誘いやすい」
    • 自分専用のファイル置き場→SYugarSync(複数フォルダの同期が便利)
  • まとめ
    • 多くのインターネットサービスが存在している。
    • 無料で使えるものもたくさんある。各種サービスを活用し、快適な挙動作業を!
  • 質疑
    • 一時期、Google Driveの規約について取りざたされたことがあったが、実際どうなのか?
      • 本人は「Don't be evil」と言ってるので使ってもいいんじゃないかな。でもあんまり信用していないから自分ではあんまり使ってません。
    • ファイルのバージョン管理をしたい場合は SubVersionなどを使った方がいいのか?
      • 他にもGit(バージョン管理)などのバージョン管理可能なツールもある。(だが難しい)
      • Google Drive なども一つ・二つ前くらいのバージョンは残る
      • 以前、SubVersionをはやらそうとしたがはやらなかった。Dropboxは今も使ってる人もいる。(使いやすい)
      • DropboxとSubVersionは同居させない。慢心、絶対ダメ!
      • シンボリックリンクも危険! データ消えます!(サイズが同じで真っ白なファイルができあがったりする)→シンボリックリンク先を消したため。(シンボリックリンクを拒絶するサービスもある)

「グループ制作のススメ 〜みんなでやればこわくない〜」 - 八神 翔太 様

  • テーマ
    • やれるひとがやれることをやれるように
    • 伺かは一人作業が多く限界、現状をどうするか
    • アイシーエスの実際の作業から、活用できるノウハウや考え方を説明する
  • 自己紹介
    • 2002〜2004ごろゴースト作っていた「車掌たんとDJうにゅう」
    • 2002〜2003年 彩伺祭に音楽サークルで参加
    • 2007年ごろから現在のジャンルへ移動(東方)
  • 一人作業の強み
    • やりたいことをやりたいようにできる
    • 世界観を表現できる。総合表現として最適なソリューション
  • 弱み
    • 個人のモチベーションに依存している。
    • 手段と目的が入れ替わる瞬間がある
    • 義務感になったら終わり
    • モチベーション低下防止は息抜きも有効、ゲーセンで遊ぶとかのことも重要
    • ROなど洞窟に行って帰ってこない人もいる。かんこれ? 知らない子ですね。
  • よくある更新停止の例
    • 横連携をし、アドバイス、QAのやりとりができれば強いのだが、
    • 隣の作品はよく見える→自信喪失しやすい
  • どうすればいい?
    • 自分に足りないものを隣の庭からかりてくればいいのでは?
    • しかし…お手伝いしてくれる人に声をかけることがえきるか?
    • やってみたいけどやり方がわからないことがほとんど
    • どのくらいの範囲をお願いすればいいのか?
  • やってみたい人がやればいいじゃない
    • 「範囲を限ってぶんなげる」丸投げ!
    • やれる人が(何かをやってみたい人が)
    • やれることを(自分のスキル・技術を)
    • やれるように(無理なく発揮していただく)
  • ぶんなげるとどうなる?
    • 毎回「やれるひと」が変わる→毎回同じ人・状況で作業出来るとは限らない
    • 毎回「やれること」が変わる→同じスキルがそろっているとは限らない
    • 人にお願いする→相手の状況・考え方がある
  • 制作モチベーション維持のためには
    • マイルストーンの設定
    • いつまでに何をどこまで終わらせる?
  • 制作インフラの構築・運用
    • 制作作業を共有できるようにする→相互フォロー
  • 遅れたときの対処
    • こびとさん(プロジェクトマネージャー)の必要性
  • 制作管理
    • 制作管理のリソース不足「やれるひと」が実はできないひとだった
    • スキル不足を補う人が必要→「実際にやっていただいたら、あれ?」ということはある
    • 制作管理ができる人が必要。バラバラに動いたらまとまらない。プロジェクトマネージャー。
    • だが、プロジェクトマネージャーは仕事っぽい。→「中の人」がお出ましになる
  • 「那珂の人」をつくる
    • スキル:やろうとすれば関連タスクを一人ですべてやることができる
    • 制作管理:全体を統括し、必ず発生する「ブレ」を「活用できる」人
    • 創作ではブレは面白くなる要素(ex;女性キャラのCVに男性が応募してきた!)
  • (例)シェル作成・ゴースト構築・トーク作成
    • マイルストーン:一ヶ月後ゴースト公開
    • いつまでに?
      • シェル:速いほうがいい
      • 構築:シェル確定後速いほうが言い
      • トーク作成:公開ぎりぎりまでやった方が良い
    • 流れ
      • 途中からシェル作業者がトーク作成に合流
      • 構築担当者もトーク作成に合流
      • 後半になればなるほどスピードアップ!?
  • 実際の制作例
    • 2013夏「ファンタムクイズ」
    • スタッフ4名、キャスト12名
    • 制作の方針、手順、「システム」
  • やろうと思えばすべて自力構築が可能
    • 月額2000円程度、最低限のサーバ知識は必要
  • なぜシステム化をするのか
    • 制作中に余計なことを考えたくない
    • 余計なことを考えると能に余裕がなくなる→進まなくなる→面白くない→>轟沈<
  • システムに任せられる部分は任せる
    • 制作の本質のみに専念できる環境を作る
    • 徹底したシステム化は心理的にも余裕ができる。
      • 人間の同時進行タスクは3まで、記憶量は同時に7まで。
      • 記録を残すことで次の改善につながる。

https://pbs.twimg.com/media/BYICceNCcAAKCRd.jpg

  • システムの内部(写真)

https://pbs.twimg.com/media/BYICwRACcAAiuKU.jpg

  • 実際のやりとり
    • 声優さんとのやりとり:
    • 台本制作の場面:Reedmine+Skype、Redmine+Subversion
  • まとめ
    • 多人数の制作はおもしろい! 面白いことを伝えていくのが創作
    • より多くの人に制作に携わってもらうことで、おもしろさ・楽しさを伝えていくのが当サークルの役割
      • もともと「何か」は「広める」がテーマ!
  • 質疑
    • OTRSって入れやすい?
      • 入れにくいです。perl環境前提。日本語対応が甘い。
    • タスク管理はGoogle Sitesで出来るのか?
      • 結局スプレッドシート頼み。
      • →Google Sitesで最低限のことはできる。
      • 大規模にやるときに「誰に連絡をとったか」を管理したいので、Redmineでシステムを組んだ。
    • 今、個人のタスクはGoogleタスクに置いてる。まわりのタスクは、、グループのタスクは、、と広がっていくと、自分のやることは何だかわからなくなる。最終的には「統合タスク管理インターフェイス」を作ることになる。作ろうかと考えている。
    • リーダーが悩む点として、メンバーのおしりたたく必要が出てくる。リーダーとしてメンバーの進捗管理のコツを知りたい
      • 信頼感しかない。「この仕事は〜だから何日が締め切りなんだ」と説明することが大事。Skypeに常駐するなどしてコミュニケーションを密に取る。ただ叩かないといけない。ex「人変えるよ」
    • デイリー・ウィークリーで進捗管理しているのか?
      • スタッフ間はSkypeで。声優さんなどの応募系の方は「何日までに出てこなければ変える」とドライに
    • 進捗どうでしょう?
      • ダメです。
    • 複数人で台本を制作すると、書いた人の間で口調・主題・状況などの食い違いが発生すると思うが?
      • みんなで読み合わせて修正する。
    • 多人数でやっていると声の大きい人が権力を握ったりしないか?
      • 距離感は気をつけている。近づきすぎる離れすぎず、というバランス感覚が大事。長い時間をかけて醸成する必要がある。

「ゴースト間の交流について 〜暦にしき宣伝添え〜」 - もっしょくし 様

  • テーマ
    • ゴースト同士の「絡み」
      • 複数ゴー0スト間で成立するしかけ全般(コミュケート、切替反応…)
      • 総じて最近見かけなくなった
      • ソロゴ、設定・世界観重視が増えてきた?
    • 絡みに使える「道具」はかなり増えている。SSP拡張機能が強化されている
    • そういう機能を紹介します!
  • おことわり
    • SSP上で動作させる前提
    • いくつか暦にしきの宣伝します
    • 関連するいくつかのテーマはあえて無視
      • ゴースト間設定のすりあわせの問題
      • 「交流」のメリット・デメリットの問題 ・・・今回はパス!
    • あくまで手法の紹介のみに絞った発表
  • ながれ
    • よく知られた手法のおさらい「コミュニケート」「railseother」「切替反応」
    • 新しい手法「呼び出し反応」「OnOther系」
  • よく知られた手法:コミュニケート
    • ゴースト間の絡みといえば代表的存在
    • 「暦にしき」は乱読にしきのコミュニケートを利用sちあきのウニ対応
  • よく知られた手法:raiseother
    • 最近メジャーになってきた?
    • 「奏でる日常の音色」さんの「お茶会」
  • ここまでは先行発表あり(うかべん横浜#1)
  • コミュニケートとraiseother
    • どちらも似ている=他のゴーストにSHIORIイベントを発生させる仕組み
    • SHIORIイベントとは?=(おおざっぱに言えば)ゴーストがしゃべれるタイミング(いわゆるイベントドリブン)
      • ex.マウスがクリックされた、1秒が経過した、など
      • 「イベント」を発生させてやるのは本来SSP本体の仕事。referencceという付属情報もついてくる
    • 相違点1:発生するSHIORIイベントが違う
      • コミュニケート:OnCommunicate
      • raiseother:「任意名のSHIORI Event」\![raiseother,対象,【任意名】,ref0,ref1,...]
    • 相違点2:対象
      • コミュニケート:一度に一人まで
      • raiseother:その場にいるすべてのゴーストに投げられる _SYSTEM_ALL_GHOST_
    • 相違点3:reference
      • どちらも基本的に好きな中身を相手に渡せるが、コミュニケートは「スクリプト全文が勝手にreference2に入ってくれる」ので、使い方によってはraiseotherより便利(特化している)
    • 以上に気をつければ割といっしょ
  • よく知られた手法:切替反応
    • 現在でも比較的生き残っている手法(手軽さが理由か?)
      • 相手にことわりを入れない、投げっぱなしの更新が可能
      • コミュニケートやraiseotherのように相手に暗に情報を伝えるにはコツがいる(後述)
  • ここから新しい手法の説明
  • 呼び出し反応「OnGhostCalling」「OnGhostCalled」
    • 切替反応の「OnGhostChanging」「OnGhostChanged」に対応
    • 切替反応と同じようなことができる、そのままコミュニケート等に派生させることができる
      • OnGhostCallxxxと違い、呼び出した側が終了しないため
    • 「OnGhostCallComplete」というタイミング機能もある。(トーク終了の合図)
  • 暦にしきに機能あり!(デモ)
    • \![call,ghost,暦にしき]で暦にしきを呼び出すとき、トークに特定の文字列「明日の予定全て」などが含まれていると、その内容を喋りながら起動する
    • トークに特定の文字列を表示したくない場合、「\e」の後に文字列をつければOK。
    • \eの後はトークとしては有効ではないが、スクリプトとしては有効なため、「トークに表示させずに情報を伝える」という技が使える
  • OnOther系イベント
    • 他のゴーストの状態を監視できてしまうイベント。色々な種類がある
      • とてもヤンデレと相性がいい(ex. 耶美、奏、etc..)
    • 起動、終了、サーフェス変更、、などいろいろ取れる
    • やれることのポテンシャルはあると思うが、結構使い勝手にはクセがある
    • OnOtherGhostTalk:オーナードローメニュー操作など、広範囲のイベントが流れ込んでくる
    • OnOtherOverlap:他のゴースト同士が重なっている情報が流れてくるが、referenceの形が独特。
      • sakura名/ID番号-sakura名/ID番号 的なものが流れてくる
      • 里々の自動計算仕様: 54/0 → ゼロ除算エラー! >轟沈<
      • 必ず文字列加工が必要になる。→里々では実装が難しい >轟沈<
  • 関連する手法
    • 切替反応やコミュニケートをフラグにする
      • ゴースト内のトークだが、切替反応やコミュニケートがあって始めて見られるゴースト
      • 同時に立っているゴーストが誰かによってトークが発現する
      • 暦にしきで多用
    • installedghostnameの内容も見て他のゴーストへの切替を勧める、など
    • →(一部)里々の情報取得変数でも利用できる
    • プロパティシステム
      • 他のゴーストのsakura名、パス、などを取得することができる
    • データ読み
      • (yayaでは)相手のゴーストのパスがわかれば全てのテキストを読める
      • あんまり行儀がよくない方法なので扱い注意。ウイルス的挙動すら可能。
      • mopでも各ゴーストのmopデータを読んでいる
  • デモ(こわい)
  • まとめ
    • 絡み方にも色々ある
      • 性的なコンテンツと動的なコンテンツ
      • 対応してくれるゴーストが増えればどこまでも広がっていく
    • 投げっぱなし? 打ち合わせ必要? いろいろな手法がある
    • 「情報取得」が多様な絡み方を考える鍵
    • 取得できる情報
      • 積極的に提供される譲歩(OnOther〜系のreferenceなど)
  • 今回の本当の主張
    • 手段を知るべき機会はHowToだけではない(何か目的があって知識を探す、だけではない)
    • 何もやりたいことがなくても、里々wikiとかを流し見するとおもしろいネタが見つかるかも!
  • デモゴーストはうかべんサイトで公開予定
  • 質疑
    • OnOtherGhostTalk(他のゴーストがトークしたときに発生)などを組むときに使えるサンプルゴーストはないかな?
      • やりたいことが違うと取得すべき情報が全然違ってくる。難しい。今悩んでる。
      • 丸投げしましょう!(ぽ)
      • やれる人に投げるのも手ですね
    • OnOtherOverlapのデモで、The handを思い出した。
      • The handは独自機能を実装しているが、今はベースウェア機能でもできる時代!

「ゴーストの作成とその後のこと 〜持続可能な開発の実現を目指して〜」 - みゆ様

  • 自己紹介
    • 3年目のゴーストマスター、学生
    • ソロゴ4隊、合作ゴースト1隊、トーク寄与 などなど
  • はなすこと
    • 里々を使ったゴースト制作のsわりからその先
  • 里々を用いたゴーストの作り方
    • 最初はテンプレゴーストの利用をおすすめ、とくに「Rポストと狛犬」
      • トークの改変をするだけで一通り機能のそろったゴーストが作れる
      • 多くの里々ゴーストが採用しているので、情報がたくさんある
      • システム関連がすべてdic02_Event.txtに入れてあるので、当該イベントを探すのが大変
      • 大時代的な機能が残ってる
    • セルフテンプレートゴースト
      • 自分用の複数隊作るときの素体となるゴースト
      • 自分が構築しなおすので、辞書構造や必要なものが理解できる
      • 自分で構造が把握できる。バグ修正のときに有効
      • 最初に作るの面倒
    • 一体目はテンプレゴーストをもとに作り、二体目以降はセルフテンプレゴーストをもとに使うとよい
  • トークの出し方
    • トークのモチーフとなるモノ、コトを設定すると出やすい。三段噺
    • 部屋にあるもの、過去の経験、その日見聞きしたもの、井式をどっかに飛ばしたり(妄想)、ひとにきく
    • 環境づくり(参考文献などをそろえる
    • 図書館や喫茶店、古書店、床に落ちている絶対読まないような本からでもネタは拾える
  • 更新を続ける上で
    • 自分にあった更新頻度を見つける
      • どれくらい更新に時間を割けるか?
      • ゴーストのキャラクターを忘れるのはどれくらい?
    • 普段かける時間
    • トーク=5〜30分、レシピ30〜1時間、合計1時間程度
  • 合作ゴースト
    • スカイプを用いたトーク出し、なりきりチャットに近い
    • お互いの背景が違うのでトークの広がりに幅ができるが、お互いに都合が合う必要あり
    • 分業できるので速くできる。トーク1週間くらい?
  • 困ったときのはなし「トークがでない」
    • トークの出し方を参考に。それでもでないときはPCを閉じて頭を冷やす、寝る。
    • 複数ゴーストを作る。トークを作りやすいゴーストを作る、普段から立てる。
  • 困ったときのはなし「バグがとれない」
  • 困ったときのはなし「モチベーションが維持できない」
    • 3〜4日くらい辞書に触れないようにして休む。それ以上放置するとガチで面倒になる)
    • 他に楽しいことを見つける。(なるべくゴーストのネタになりそうなことで9
    • 無理矢理更新しよう
    • ちょっとしたことでも更新してみよう
  • モチベーションが維持できなくて困ってる人を見かけたら
    • ユーザとして出来ることをして応援してみよう
    • ブログなどにコメント
    • うわひょ、など
  • 更新する時間がないとき
    • 大きな更新でなければ案外時間はある
    • ネタを書き留めるモノを常に持ち歩く
    • 本当に時間がないときはやめておこう
  • まとめ
    • これかもよきゴーストライフを!
  • 質疑
    • サンプルゴーストはいつ公開?
      • 触り反応が30個くらいになったら公開! R-13!

2011年5月3日(火) うかべん大阪 #7

第二部 12:50〜

13:00 | 第二部 12:50〜 - げっかんにっき を含むブックマーク 第二部 12:50〜 - げっかんにっき のブックマークコメント

SAORIの紹介〜call_func.dll - しらたま

  • 概要:SAORIの紹介
  • SAORIってなに?
    • SHIORIの機能拡張プラグイン
    • SHIORIによらず共通の処理を外に出して、どのSHIORIからでも使えるようにしよう
      • 壁がみの変更、ゴミ箱の掃除
    • [さおりコレクション]で検索を
  • 簡単なSAORIの仕組み
  • call_func.dllの機能
    • メイン:DLL関数の呼び出し
      • 任意のDLLの関数を呼び出し使用可能
    • サブ:メモリ操作、構造体の作成
      • DLL関数酔いだしに使えるデータ構造を提供
  • DLL関数呼び出し
    • 出来ること
      • DLL関数を呼び出して、めんどうな処理を丸投げ
      • OSの機能(Win32API)の利用
    • 出来ない事
      • コールバック関数が必要な関数呼び出し(何かを列挙するようなこと)
      • ウインドウプロシージャが必要な処理
    • 出来るけど面倒なこと
      • 単純なンウル終端文字列以外が必要な関数の扱い(ファイル選択のダイヤログを出すこと)
  • DLL関数呼び出しの例(詳細は資料を見てください)

  • メモリ操作
    • 出来ること
      • メモリ上に領域を確保、領域の読み書き
    • 出来ないこと
      • 取得したメモリ領域サイズの変更
      • SHIORIの変数自体のアドレスの取得・変更
  • メモリ操作の例(ファイル書き込み)
    • _h=SAORI(cf,'call_func','CreateFileA','aaa.txt',0x40000000,0,0,2,0,0)
    • _p=SAORI(cf,'alloc_mem','str','abc')
    • _p_len=SAORI(cf,'clloc_memo','u32')
    • _=SAORI(cf,'call_fund','WriteFile',_h,_p,3,_p_len,0)
    • _len=SAORI((cf,'get_mem',_p_len,'u32')
    • _=SAORI(cf,'call_func','CloseHandle',_h)
    • _=SAORI(cf,'free_mem',_p,'str')
    • _=SAORI(cf,'free_mem',_p_len,'u32')
      • ※くわしくはしらたまさんの資料で!

  • 構造体作成
    • 出来ること
      • データ型の並びに合わせてメモリ領域確保
      • データ型の並びに合わせて領域の読み書き
    • 出来ないこと
      • 構造体の中に構造体をつくる
      • 共用体のある構造体の表現
  • 構造体作成の例(資料を見てください)

    • 赤枠部分=構造体のメモリ領域の定義
    • 緑枠部分=実際に値を書き込んで、構造体のアドレスを調べる
    • 枠無部分=書き込み関数
    • 青枠部分=メモリ領域の開放
  • 構造体作成のデモ(wavファイルの作成)
  • 応用
    • COM呼び出し(ショートカットの作成など)
    • 圧縮ファイルの解凍(統合アーカイバDLL)
    • 伺かゴーストでファイルインストーラができるぞ!
  • まとめ
    • SAORIは便利!
    • call_func使えばOSの機能使い放題!
    • SAORIを使って/作っておもしろいこと探してみよう!
  • 質疑応答
    • (ぽな)ほかの言語でもできますよね?HSPとかなでしことか
    • (しらたま)できますね。
    • (質問)Win32apiの簡単な索引ができますか?
    • (しらたま)VisualBasic用のWin32apiが平易で良いと思います。HSPのサイトにもあるかも。
    • (質問)この機能を使えば、パソコンを秘書にして「これやっといてくれ」とかできるということ?
    • (しらたま)できます。が、ものすごく大変です。もちろん、このDLLだけでやることもできます。
    • (ぽな)今あるSAORIがないようなことをやりたい時に使うDLLです。
    • (しらたま)SAORIにはなっていないが、OS本体なら簡単にできるようなことに使う。
    • (質問)HSPやなでしこでは、プロシージャやcallback関数はどう扱われているのか?
    • (しらたま)そのプログラム言語独自で持ってるプロシージャで代用している。callbackはあまり実際実装されているのはあまり見たことがない。実現する方法はある。

ワークショップ「デスクトップマスコット30分クッキング(ガチ)」 - 畝傍

  • 概要
    • 新しいゴーストにソロモードをつけてみるデモ
    • シェルの依頼の方法について
  • こんな子の中身をいじります

  • まずは―シェル依頼の方法
    • 今回の子は「○○」と「××」を足して2で割って自信満々にしてよ!とFA-Xさんに言ったらすばらしいものが出てきた!ので、参考になりません
    • 誰々っぽい子っていう指示は人によっては有効。Googleイメージ検索などで探すといいかもしれません。
    • 絵師さんによっては「髪の長い子」とかのラフな指示がいいことも。
    • 完成間際に「ちょっとまってやっぱコレ無し!」は禁じ手!一から作り直しになるのでつるされても知りません
    • 作ってもらったら必ずお礼を!
    • 頼んだら完成まで持っていく! 出来れば、依頼する時点でゴーストはある程度
  • 絵師さんから見たうれしい依頼って?
    • (FA-X)髪が長いか、色、全体的な性格ぐらい言ってもらえれば。服は要相談で。
    • (ぽな)FA-Xさん限定なら、畝傍さんの依頼方法は正しかったってことですね。
    • (とてちてた)チャットでいいから直接話したい。ラグのない方法で。
    • (畝傍)それ出来た方がいいかもしれないねー
    • (ぽな)イメージを詰めていく…。
    • (ぽな)考えれば考えるほど畝傍さんのは悪い方法だったねー。
    • (畝傍)私、FA-Xさんと面識あるのにねー。
    • (畝傍)2次創作のシェル(ゴースト)って、何が楽かって説明がいらないとこですね…。


説明のいらない例
 

    • (畝傍)あと、相手も人間だから、最低限の礼節を守って頼んでください。
    • (ぽな)(畝傍さんの例は)悪い例ですねー。
    • (ぽな)フリーゴーストっていうのを作るといいけど。
    • (畝傍)フランチェスカさんとかがあるんじゃ?
    • (ぽな)あれもそうだけど、もっとこう、トークは出来ててシェル募集、みたいな…
    • (畝傍)キャラの決まったポストみたいな…
    • (畝傍)さっそくグダグダになってますねー
    • (ぽな)済みません!ごめんなさい!じゃあ、本編へ。
  • ゴーストの作りはじめ方
    • (ぽな)作りはじめってどうしてます?
    • (畝傍)別のゴーストをコピーして、新しいゴーストのフォルダに貼り付けて、いらない部分をガーッと消して、ベースを作る。(実際に消しながら)
    • (畝傍)Rポストを大元にしているが、基本的にポストの色は全く出さないように全部消している。きのこや猫どりふは触ってないが…。
    • (ぽな)致命的な問題があって…、SSPと猫どりふを同時に使うとVistaや7では落ちます。原因はわかってるんだけど…
    • (畝傍)猫どりふとか軽く見てるかも。ユーザいなさそうだし…
    • (ぽな)バグ報告が来てるから必ず1人はいるよ!
    • (畝傍)オカクロとか新モードがたくさんあると、どんだけやらなきゃいけないのかーって感じになって…
    • (ぽな)あ、ちなみに、里々にはモード切替機能があって、今回はそれで新モードを作るというデモになります。
  • 辞書ファイルの準備
    • (畝傍)ゴーストには、何かがインストールされたときとか時報とか、いろんな時候のイベントが用意されていて、テンプレの該当部分を書き換えるだけで基本的にできます。
    • (畝傍)里々のゴーストだと、普通のしゃべり(ランダムトーク)、イベントがあったときのしゃべり、などがそれぞれ別のファイルになってます。触り反応の辞書、切替辞書、コミュニケーション辞書。
    • (畝傍)コミュニケーションっていうのは、人様のゴーストと会話したりするっていう。
    • (畝傍)まずは、どこから書き始めるのがいいのか?について話してみます。
    • (畝傍)私はランダムトークありきなので、まずランダムトークを書きます。で、トークが一定数に達したころにキャラが把握できてくるので、そのあとイベント時のトーク(インストール時の反応とか)を書きます。
    • (ぽな)ランダムトークっていうのは、何もしてないときにタラタラしゃべるやつのこと。
    • (畝傍)こういうやつのことですね。(ダブルクリックしてランダムトークさせる) …今気づいたけど、人様の前で自分のランダムトークを書くのって羞恥プレイですね…。
    • (畝傍)基本的に今日もランダムトークでいきたいと思います。前回?のうかべんで、「キーワードを基軸にランダムトークを書く」っていうのをやってみたけど、それを実演してみます。
  • ランダムトーク作成実演
    • (畝傍)そんなわけで、うかべんページのフォームでキーワードを募集してみたんですが、、
    • (畝傍)結局来なかった…。たとえば、「得意科目・苦手科目は何ですか」とか。
    • (とてちてた)保健体育!
    • (ぽな)得意なのか苦手なのか…
    • (追加トーク)「得意科目、ね。体育とか…水泳はちょっと苦手だけど。」
    • (畝傍)トークはオチをつけないといけないんだけど、ソロゴーストは…何が楽かって、オチをいちいちつけないといいって点ですね。ソロゴなら投げっぱなしでOK。
    • (畝傍)トーク中にCボタンを押すとツッコミ選択肢が出るゴーストさんとか…。
    • (畝傍)ツッコミを選ぶことができるようにすると、何通りも書かなきゃいけないから大変だし、ユーザさんのツッコミも「俺こんなこと突っ込まない」ってことになりそうだし…
    • (畝傍)さて苦手な科目はどうしよう?少しは苦手な点をつくっておかないとかわいげがない…。
    • (りすな)ホームルーム!
    • (畝傍)科目じゃないし!
    • (りすな)じゃあ、音楽とか。じつは音痴とか。
    • (畝傍)なるほど、おいしいかも。とりあえず保留!
    • (畝傍)じゃあ、母親の職業は何だろう?
    • (客席)弁護士!
    • (畝傍)ああ、そんな感じ。父親はメーカー勤務で…
    • (ぽな)ちょちょ、そうなの?
    • (畝傍)リードミーに書いてある。大事なのは設定を全部表に書かないこと。後で矛盾がでないように。
    • (ぽな)じゃ、次の質問。言うよ?言っちゃうよ?いい? 「ぱんつの色は何ですか?」
    • (畝傍)質問を募集したら最初に来たのがこれですよ…。黒かしましまですかね…
    • (ぽな)しましま!
    • (畝傍)ユーザさんに質問を募集するのも有効です。で、質問に回答しても、回答しなくてもOK。キャラが正しい答えを知ってるとは限らないし。
    • (追加トーク)「下着の色…? 頭大丈夫?」
    • (ぽな)次の質問…「片栗粉をきゅっきゅともむのは好きですか?」
    • (聴衆)しないよ!
    • (聴衆)するよ!(侃々諤々)
    • (畝傍)今のツッコミの流れ、全部トークにしてしまいましょうか…。あ、大事なこと言うの忘れてたけど、ここで出たアイデアは全部採用されるとは限りませんので。
    • (聴衆)えーー!
    • (聴衆)まあこれ全部採用したらめちゃくちゃに…。
    • (ぽな)次の質問「自転車に乗っているときに、まわりに誰もいないと思ってノリノリで歌を歌って聴かれてしまったことは何ですか?」
    • (畝傍)ないです! っていうか、住んでいる場所にもよるよねこれ。
    • (畝傍)わたしのゴーストはそういう住んでる場所とか絶対決めないです。ユーザの近所に住んでるとかの整合性が…
    • (ぽな)「友達は何人いますか。その中で親友と呼べる人は何人いますか」
    • (畝傍)うーん、友達か…。
    • (聴衆)隣のそれだけが友達とか…
    • (聴衆)(大ウケ)
    • (ぽな)「契約を迫る珍獣をどう思いますか」 これは…
    • (畝傍)これは…、ソロモードじゃない方がいいかも…?
    • (ぽな)むしろ当人がいないところで相方の話をするようなシチュエーションで…
    • (聴衆)ユーザがいないところでは案外優しいとか…
    • (畝傍)むしろアルコールランプで炙ったりしてますね。
    • (ぽな)さてここで、左の生物の中の人の絵ができあがりました!(FA-Xさんずっと描いてた)

    • (一同)(悲鳴と爆笑)
  • まとめ
    • (畝傍)さて、まとめなきゃいけないんですけど、パソコンが固まってしまったので出来ません。
    • (ぽな)マジでダメ?
    • (畝傍)だめです。まあ、とりあえず、前にキーワードを軸にトークを作るって話をしましたが、ユーザさんからの質問から膨らませることもできます。
    • (りすな)どうやったらいっぱい質問が来ますか?
    • (畝傍)私もそれ聞きたいです!
    • (畝傍)とりあえず、ユーザさんから質問が来たらすぐに返す!次の更新に入れる!あとはブログとかに毎回「質問募集中!」って書き続けるのもいいですね。 「え、もう募集終了してるんじゃないの?」って思う人もいるので…。
    • (りすな)ていうか、ニコレット以外に質問が来るようにするにはどうすればいいんですか!
    • (畝傍)………
  • 本当のまとめ
    • (ぽな)じゃ、まとめ! 畝傍さん、公開するときはどんなツール使ってます?
    • (畝傍)ゴースト更新なんとかシステムってやつ…。今配布されてないんですよね…。そだてはうちの環境で動かないので…。
    • (ぽな)えっ。動かないのはバグなのでうちで直します…。じゃ、もう一つ。どう宣伝しました?
    • (畝傍)Disc-2に自分で宣伝しました。あとは自分のブログに上げて、アンテナに引っかかったりとか。あとは…SiReFaSoはうちの環境で動かないので、りすなさんにかわりに登録してもらいました。
    • (ぽな)あれは動かないゴースト多いよねー。
    • (畝傍)craftmanurlでしたっけ?あれがないと登録できないんじゃなかったでしたっけ。
    • (聴衆)ぽなさんに宣伝してもらうとか!
    • (畝傍)うーん、今のエミリのメニュー(註:エミリに切替がついたゴーストを紹介するモードが実装された)、ありがたいんですけど…、ベースウェア作者は中立であった方がいいんじゃないかと…。
    • (ぽな)いいこと考えた!SiReFaSoの新規登録ゴーストデータをSSPで読み込んでおすすめする機能つければ…
    • (畝傍)いいですねそれ。絶対やってください。
    • (りすな)誰か記録しておいて!
    • (フィーネ)ちゃんと録音してますから!
    • (ぽな)や、やります! じゃ、畝傍さんありがとうございました!
    • (畝傍)アドリブでもやってみればけっこうやれるものですね…。
    • (ぽな)っていうか思いっきりオーバーしています……

シェル作成に関して - とてちてた

  • 概要
    • いつもシェル作りの生放送をしているので、それに関しての話をします。
  • デスクトップに綺麗にシェルを表示するには?
    • ?PNG、PNAを使う。
    • PNG自体には透過情報を持ってないので、PNA(モノクロPNG)に透明情報を持たせる。
    • 利点
      • 従来方式のためSSPに限らず使用できる。
      • 背景が緑色だったりして、伺かのsurface画像だおt用意に判断できる。
      • 欠点=PNAの作成が手間(制作ツール「ふちどり」により手間ではなくなった。ファイル数が多くなる。
    • アルファチャンネルつきPNG(APNG)を使う。
    • 利点
      • お絵かきツールから書き出したらすぐ使えるために簡単、便利。
      • PNAというフィルターを通さないのでミスが少なくなると思われる
    • 欠点
      • Materiaやcrow、2010/07/31以前のSSPは対応していない
  • 「ふちどり」について
    • ふちどってくれます。
    • APNGからPNG+PNAの組み合わせを作ってくれる。とても便利。詳しくは「ふちどり」で検索を!(ukiya.sakura.ne.jp)
    • ふちどりを使うには .Net Framework 3.5 SP1 が必要なのでWindowsUpdateをやって入手してね!
  • PNG+PNAとAPNGのサイズ比較実演
    • APNGのみ=1.62KB
    • PNG+PNA=1.16KB
      • ただし毎回結果がかわってよくわからない!
    • 透明度がある(PNAが二値ではない)場合は、ファイルサイズの差が大きくなる傾向があるようだ。
  • ここでぽなさんの補足
    • 基本的にAPNG一枚の方が小さい。画像ヘッダが一枚分で済むので、理想的にいけばそうなるはず。しかし圧縮のアルゴリズムが違うと単純に比較できない。
    • あと、ファイルの読み込みが早くなる。2枚読み込むより1枚読み込む方がオーバーヘッドが少ない。
  • シェルの画像のつくりかた実演(SAI編)
    • 少し透けたエプロンが欲しいというリクエストがあったのでやってみる。

  • 従来のPNAの作り方
    • 全部のレイヤーを合成する。
    • 「不透明度保護」をオンにして、全体を白で塗りつぶす。(元々のαチャンネルレイヤーの濃さで白く塗りつぶされるので、PNAになる。
    • 基本的に背景色は黒にすること!
  • 今のPNAの作り方
    • APNGで書き出して、「ふちどり」に突っ込む。
  • まめちしき
    • 「書き出してから縮小」をすると1ドット・2ドットぐらいずれることがある
    • 「縮小してから書き出し」をする方がよいと思われる。
    • (以前の黒羽龍矢さんの発表に情報があります)
  • で、ゴーストに着せてみた!

  • まとめ
    • みなさんももっと着せ替え作るといいよ!
    • 前、黒羽さんが講演した「バックグラウンドアニメーション」を使うと動くしっぽを実装するのは簡単だが、古いSSPだと悲惨なことになる! ので断念…


こうなる。

  • 質疑応答
    • バックグラウンドアニメーションって何ですか?
      • 普通のアニメーションは全面に全面に書き重ねていくものだが、背面に背面に書いていく記法ががある。身体の後ろにしっぽを振らせたりできる。

実例に見る軽いけど凄い?伺かゴーストの作り方 - C.Ponapalt

  • 自己紹介
    • ベースウェア「SSP」の現開発者
    • 通称「所長」「バグのひと」
      • 配布サイト「ばぐとら研究所」の代表?
      • うかべん大阪主催+統括本部長?
      • SSPのコードを理解するためだけにC++/Win32APIを覚えたド変態(原文ママ)
    • ※重要※ 黄色派。
  • 機能系ゴーストのすすめ
    • デスクトップマスコットの系譜
      • 電子秘書的なものから始まった
      • ちょっと便利なことをやってくれるけど通り一遍の反応しかしない。……ではおもしろくないので、デスクトップ上で生き残れない!さてどうする?
      • →偽春菜の誕生
    • このような経緯があって、「機能系」は衰退傾向…だった。(過去形)
    • Web上でなんでもできる今、デスクトップ上に居残る意味とは何か?
      • JavaSvcriptやHTML5を活用すれば伺的なものは作れる→導入が気軽!(過去資料参照)
      • 「デスクトップ上でないとできない」何かが今だからこそ…
    • Webではできない理由とは?
      • MMDみたいな…
      • R18な…
      • 触り反応…
    • やっぱり秘書さんさせたいよね!
  • 基盤部分の検討
    • いきなりちゃぶ台返し「実は一から作ったほうが早いかも?」
    • 容易にGUIプログラムが組める開発環境の普及→軽くて凄いものが楽にくめる(Javaでくんでる凄いひとがいる)
    • わざわざ独自スクリプト言語や独自規格を学ぶメリットがあるのか?
      • ほかの手段もちょっと考えてみてください。
    • またちゃぶ台返し「『伺か』処理系でいいのか?」
    • 何を作りたいかにっよっては別の実行環境があることに留意。ほかのも見てみよう!
      • キャラリナ(○ルソナウェア)
      • Apricot
      • MMDAgent …など
    • そこそこ安定してそこそこ高機能なら確かにある
  • それでも「伺か」なら…
    • (◕‿‿◕)僕と契約して、開発者になってよ!
    • そもそも私(ぽな)自信が怪しい仕組み超大好物。何かやるんはら相談も受けます!もしかしたら本体にも何か実装します!
    • ここからは、伺かプラットフォーム上で「機能系ゴースト」を作ろうとしている実例紹介と実装の工夫の一部をオレオレ解説!
  • SAMPLE #1 偽りの侠 零次(作者:犬死朗)
    • ずいぶん昔からある、某ATiのチップの名前がついた超多機能ゴースト
    • 大量の.BAT、.EXEファイルの集まり!
      • 見ただけでヤバそう!

    • SHIORiから実行ファイル群・バッチファイル群を呼び出すことで機能積み増し
      • DLL拡張で機能追加(SAORI universal)は全文検索機能など長時間かかる仕事には不向き(フリーズしたように見える)→別プロセスだといいよね!
      • VisualBasicで組んでる、ような…
      • 別プロセス適宜呼び出しなので通常稼働時はそこそこ軽い
    • ここから作者インタビュー!(犬死朗さん)
      • なんか苦労したことは?
      • VBのコンポーネントが必要なことの周知とか…。最近はBATファイルにするようにしている。
  • SAMPLE #2 ざびたん (作者:)
    • 統合サーバ監視ソフトウェア(Zabbix)の擬人化フロントエンドを目指して開発中
      • SHIORI:文/YAYA
      • 声入り!
    • ファイル構成:いたってシンプル。ただ…「zabbi-msg.py」ってナニ??

      • メッセージをゴーストにSSTPで送信。異常メッセージなどもここに入って
      • 直接サーバを監視しているわけではない。zabbi-msg.pyが監視をし、そこからのSSTPを受けて喋るのが役割。


構成図

    • ざびたん動作テスト
  • SAMPLE #3 もへじ男爵(作者:NOB)
    • 月例計算をガチ実装してしまった強者!
    • DLLなし。Pure AYA
      • 月例計算処理は別の言語(たぶんC言語)から移植した→移植可能な程度の機能はある
      • 辞書(スクリプト)ファイルが大変なことになっている。かわりに拡張機能呼び出し無しなので計算のオーバーヘッド極小:軽い!
    • ここから作者インタビュー!(NOBさん)
      • なんか苦労したことは?
      • 基本的には移植可能なソースが公開されてたので、Cライクな文に移植するのはそんなでもなかったが…
      • 旧暦はじつはテーブル参照。100年分のデータが辞書の中に…!


旧暦テーブル!



天体計算!

    • 目医者を呼べ−!
  • 他の例
  • まとめ
    • 本体+SHOIRIの標準機能でもずいぶんできることがある
    • 時間なくなったのでここはあとでまとめます!

unebiunebi 2011/05/03 22:20 実況お疲れ様でした。フリーゴーストの下り、この纏め方だと「フランチェスカさん=フリーゴースト」と読めますね。
「ゴーストがあって、そのシェル作成は自由に」みたいな話だったと思います。件のフリーゴーストは別の方が作っていたかと思うので、出来れば修正をお願い致します。

uu 2011/05/04 09:49 月齢が月例になっています。

ponapaltponapalt 2011/05/08 07:44 zabbi-msg.pyが監視するんじゃなくて、各サーバのzabbix-agentが監視->zabbix-serverでとりまとめ->zabbix-serverからクライアントPCのzabbix-agentにzabbi-msg.pyをリモートコマンドとして実行指示->zabbi-msg.py起動、SSTP送信->ざびたん喋る です。

631677
この日記のはてなブックマーク数