Hatena::ブログ(Diary)

ばらいろのウェブログ(その2) このページをアンテナに追加 RSSフィード

フツウを求めない、
ワタシの、ボクの、
バラ色の人生を創り出すために!

2010-01-05

WAN争議

 ウィメンズ アクション ネットワーク/Women's Action Network(以下、WAN)で働いている遠藤礼子さんが、WANを相手に争議。

 1/4(月)の18時頃には「ユニオンWAN委員長 遠藤礼子」名義の「WANはウェブマスター業務の外注化を撤回せよ!」という記事が、当のWANのウェブサイトに掲載されていましたが、数時間後に削除されてしまった模様。もともと掲載されていた記事は、以下にコピーがあります。


http://blog.goo.ne.jp/hanxiucao/e/982064d04a7b7e6d8aac69624300c4e7

http://hiroseto.exblog.jp/11901501/


また本人がどこかにアップしてくれると勝手に期待!


 まぁ、以前からWANのことはいろいろ聞いてはいたんですが、結局こういう形になったんですね。

 運動内部にも利害の不一致があること。運動内部の問題を公的な論理の中で解決することが必要であるということ。「ボス」を批判する言論も運動内部で保証されるべきだということ。運動内部の問題を表に出しても構わないということ。こういったことに気付き、WANだけではなくいろんな日本の社会運動を「公的な運動」に作り改めていく機会になることを願って、遠藤さんを断固支持!遠藤さん、えらい!

 こう書くと、ひびのがWANに反対していたり、攻撃していたり、悪く言っていると誤解する人がいそうで嫌なんだよね。だいたい組織ってのは内部に問題があって当たり前だし、それを改めていくためのフェアな形での意見表明を遠藤さんはしているわけで、そういう意見表明を肯定的に受け止めて真面目に対応していくことこそが、風通しのいい社会運動を創るためにも大切だと思います。

ユニオンWANユニオンWAN 2010/01/05 07:31 ご支援ありがとうございます!遠藤礼子です
そう,私だってWANには期待してるから,ここまで働いてきたのです.precariato.info という別サイトつくりました!続報はこちらになろうかと思います.

hippiehippie 2010/01/06 17:54 遠藤さん、この争議、京都(関西)でも大手のフェミ系団体を相手にしているので、細かな人間関係問題が入ってきて、いつもは原則的なことを言っている人でも、二重規範が出てきて、なかなか支援を受けられず、ユニオンWANが辛い思いをすることがあるかも(苦笑)。
まぁ、そういうことも全部織り込み済みだからこそ、単なるWANの争議ではなく、サイトタイトルにあるように「非営利団体における雇用を考える会(仮)― WAN争議を一争議で終わらせない ―」となっているんだと思います。
より良い状況を作るために、お互い頑張りましょう!

遠藤礼子/ユニオンWAN遠藤礼子/ユニオンWAN 2010/01/06 21:29 どうも〜,わたしは,細かな人間関係についてはサッパリわからないのですが,どっちみちフェミ系の人で労働争議を支援してくれる人ってすっごい少数派だから,あまり関係ないような気もしますが,どうなんでしょう.いまのところ,おかげさまで,ありがたいことに,想像以上の圧倒的支援で,なんかすごいことになってます.全く先がよめませんが〜.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証