Hatena::ブログ(Diary)

ばらいろのウェブログ(その2) このページをアンテナに追加 RSSフィード

フツウを求めない、
ワタシの、ボクの、
バラ色の人生を創り出すために!

2014-10-14

関西レインボーフェスタで「天皇制社会日本に抵抗するクィア有志」としてブースを出し、米国領事館の人に『NO U.S. BASES in OKINAWA or KYOTANGO』『沖縄にも京丹後にも どこにも 米軍基地いらない』ののぼりを見せて抗議しました


 この前の土曜日は大阪の扇町公園で関西レインボーフェスタがありました。そこで、「天皇制社会日本に抵抗するクィア有志」としてブースを出し、展示を行い、ビラを配りました。黒くて大きなバナーはフェスタ会場でも、そしてパレードの時もとても目立っていて気持ちよかったです♪また実は、ブースではのんびり寝ていられると予定していたのですが、当日はそうならず、何人もの人達がブースを訪れてくれて、展示を読み、また意見交換することが出来ました。とても充実した一日でした。

 やっぱり、フェスタで沖縄のこと・基地問題を取り上げることについて「そんなこと、ここでやることか?」と思っている人もいて、丁寧に議論できたのは収穫です。私自身も、より一層言語化が進みました。また同時に、基地問題を取り上げていることをほんとうにうれしいと思って来てくれた人もいて、フェスタみたいな場、セクマイ関連の集まりで言い出しにくいことがあること、暗黙のタブーがあることを可視化する効果が実際にあったようにも思いました。


 また、今年は初めて関西でも、米国領事館関係者がステージに登壇してのスピーチがありました(去年は、リネハン領事米国政府機関一時閉鎖のあおりを受けてーという理由でー登壇はなかったんです)。そこで、写真のような大きなのぼりを掲げて、抗議しました。前から言っていますが、辺野古や高江、京丹後での現地での闘いも不可欠ですが、それだけでは一時的に工事を止めるのが精一杯で、そういう現地闘争の一方で、他の様々な場所で、1人1人が「米軍基地いらない」の声をちゃんとあげていくことが、絶対に必要です。それを、各自が、各自に自分の場所ですべきなんです。そういう強い思いがあり、大きなのぼりになりました。

 米軍基地問題は、実は日本政府こそが新基地建設を進めているという面もあり、米国政府にだけ抗議しても不十分ではあります。でもやはり、実際に目の前に米国政府の代理人がいたとき、米軍基地の抗議をしないことこそ、無責任だとの思いからの行動になりました。こういった行動を見て、米軍基地問題を考え始めてくれる人が一人でも増えることを願っています。



 単に日本人マジョリティーにとってのLGBT運動ではない、沖縄や京丹後の新基地建設にも反対する、マルチイシューな視点を持った社会運動を、もっともっと作っていきましょう!



展示の様子(写真をクリックで拡大版)




スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close