Hatena::ブログ(Diary)

ばらいろのウェブログ(その2) このページをアンテナに追加 RSSフィード

フツウを求めない、
ワタシの、ボクの、
バラ色の人生を創り出すために!

2016-10-07

明日10/8(土)のレインボーフェスタ!で日本軍「慰安婦」問題の展示

 無理矢理に体を押さえつける場合だけがレイプなのではない。「強制連行がなかった」と主張することで日本軍「慰安婦」制度を免罪できると考える人達は、なにが性的な暴力であるのかを理解していない。

 性行為を拒否する自由がなかった「慰安婦制度は、労働ではなく性奴隷制というべきものだ。にもかかわらず「慰安婦は売春婦だ」と主張する行為には、「売春婦は自由が制限されてもやむを得ない」という、セックスワークや性労働者に対する典型的な差別意識がある。

 仮に「男の性欲は抑えられない」のであれば、男が去勢手術をすればいい。女性を搾取対象として必要とする欲望は尊重される必要がない。という認識が社会的に共有されていないから、「兵士の性欲は抑えられない」と言うことで「慰安婦制度を正当化できると思い込むことが可能になる。

 実際に日本軍「慰安所」で被害を受けた当事者が日本政府に謝罪を求めると「反日だ」とラベルを貼り、発言に耳を傾けない態度。そこには、今でも朝鮮への差別や植民地主義があるのではないか。

 もし本当に日本政府日本社会日本軍「慰安婦」制度の過ちを認めて反省するのなら、日本政府こそが自ら「平和の碑 (少女像)」を建立すべきではないのか。碑の撤去を求めるのは、自身の過ちを隠蔽するために他ならない。

 日本軍「慰安婦」のことは今では教科書からも削除され、昨年と一昨年に元慰安婦らが日本政府に提言を出した事実や、日韓政府間合意に反対する元慰安婦の声も、今は詳しく報道もされない。逆に、日本軍「慰安婦」問題そのものを「なかったこと」にしたい人達の流す情報が溢れてしまっている現在、メディアからもネットからも、必要な情報を自動的に受け取ることは困難だ。

 性的少数派が社会的に声をあげ始めた1990年代。その同時代に社会問題化した日本軍「慰安婦」問題も、性に関わる大きな不正義であり、私たち自身の課題として私たちの目の前に存在する。


f:id:hippie:20161007122047j:image:left


 明日10/8(土)に、大阪の扇町公園で開催されるレインボーフェスタ!でブース出展し、日本軍「慰安婦」問題のパネル展示をします。ぜひ、見に来てください。

 準備や片付け、そして店番なども含め、当日のお手伝いも歓迎です。

(今年は車で会場に向かうので、京都からの同乗も可能ですよ!)

お名前お名前 2016/10/08 22:14 日本軍は慰安所を運営していたんですよね。
わかりますか?
他にも慰安所を用意した国もありますが、多くの場合現地調達したのにですよ?
日本軍はお行儀の良い軍隊でした。だから慰安所もありました。なければ強姦てんこ盛り、これが軍隊の常です。現地調達が原則なんですよ?
「知っていますか」と仰有る割にノルマンディー上陸策戦後のフランス女性の被害者数も知らないんでしょ?
発信するからには一面的な観点じゃダメじゃないですかね?

お名前お名前 2016/10/08 23:11 他でもそうなんでしょうか。
画像認証が嘘つきな件。
小文字を正直に小文字で入力するとエラーとか、おかしいですよね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hippie/20161007/p1