Hatena::ブログ(Diary)

雑記帳

2011-07-21

『Expressions』 (竹内まりや)

Expressions (通常盤)

Expressions (通常盤)


東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出

読売新聞 7月21日(木)3時1分配信


 東京都渋谷区で1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で、強盗殺人罪により無期懲役が確定したネパール国籍の元飲食店員ゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)が裁判のやり直しを求めた再審請求審で、東京高検が、被害者の体から採取された精液などのDNA鑑定を行った結果、精液は同受刑者以外の男性のもので、そのDNA型が殺害現場に残された体毛と一致したことがわかった。


 「(マイナリ受刑者以外の)第三者が被害者と現場の部屋に入ったとは考えがたい」とした確定判決に誤りがあった可能性を示す新たな事実で、再審開始の公算が出てきた。


 この事件でマイナリ受刑者は捜査段階から一貫して犯行を否認。同受刑者が犯人であることを直接示す証拠はなく、検察側は状況証拠を積み上げて起訴した。


 2000年4月の1審・東京地裁判決は「被害者が第三者と現場にいた可能性も否定できない」として無罪としたが、同年12月の2審・東京高裁判決は逆転有罪とし、最高裁で03年11月に確定した。


 マイナリ受刑者は05年3月、東京高裁に再審請求した。


 同高裁は今年1月、弁護側からの要請を受け、現場から採取された物証についてDNA鑑定の実施を検討するよう検察側に求めた。これを受け、東京高検が精液などのDNA鑑定を専門家に依頼していた。


佐野眞一氏「改めて怒りが」…東電OL事件の新展開で

ZAKZAK(夕刊フジ

2011年07月21日17時00分


 「東電OL殺人事件」(新潮社)で、ゴビンダ受刑者の無罪を主張してきたノンフィクションライター、佐野眞一氏の話


 また一つ、日本の司法のどうしようもなさが露呈した。改めて怒りがこみ上げる。事件当時、遺体発見現場の空き部屋の鍵を(受刑者が)大家から借りていた事実が逮捕の決め手だったが、鍵は事件3日前に同居人から大家に返却されていた。しかし、警察は、不法滞在者である同居人にサラ金の仕事を斡旋してまで、鍵の返却日を事件翌日と証言するよう強要している。


 7メートルも離れた場所にいた目撃者の「東南アジア風の男と被害者」という証言もあいまいで、トイレに捨てられていた(受刑者のものとされる)コンドームも、精液の状況から事件当日のものでない可能性が極めて高いにもかかわらず、高裁は新たな証拠もない中で有罪と断じた。


 事件当時、4歳だったゴビンダ受刑者の娘は、数回の来日を経て現在は18歳になったはず。改めて歳月の残酷さを感じる。物的証拠が何一つない中、十数年間にわたって異国の刑務所への収監を余儀なくされた彼にとって、今回の鑑定結果が大きな希望となると信じたい。