キッチンについて/平賀さち枝

 

2017-01-05



ゆっくり起きて朝ごはん。
母がにぎってくれた塩ウニのおにぎりに、いくらをぶっかけて食べた。あとはおでんの残り、ちくわ、卵、こんにゃくさつまあげ

昼過ぎに、散歩。
駅のほうまで30分歩いて雑貨屋で部屋に置くキャンドルを、市場で鯵のひらきを、おなじく市場で袋入り宮古ラーメンを少しずつ購入した。

今回、本もギターも持ってこなかった。ここでざっくり自分がやることは、散歩と食事、寝ること。この街のあたたかさとさみしさ、小さい町で起こる人間関係のいろいろ、老いていくひと、生まれてくるひと、すっかりお母さんになった友達、震災の傷跡、美しい海、それを抱えて東京にもってゆく。

インスタグラムでは、おのおのの正月。いろんな正月、遠くの正月。つるっとみてるだけで楽しい。これが終われば、桜が咲く、つつじが咲く、あじさいが咲く、そしてあっという間に夏か。年間行事と季節の移り変わりに突き動かしてもらって、すべてのことが動いていく。


夜は母と焼肉。
わたしは、肉はちゃんと焼けてないぐらいが好きだけど、母は、よく焼いて食べていた。

翌日は母がオムライスをつくってくれてそれを食べた。ケチャップライスにバターを入れ忘れていたけれど、そんなことはなんでもない。
その夜に東京へもどる。深夜バスで10時間。












2017-01-04



1月1日 元旦

正月に実家に帰って来れたのは7年ぶりくらい。
深夜バスの中で静かに年越しをして、朝に母のお正月料理をたべた。
お雑煮、クルミのおもち、酢の物、おでん、とか。二人きりなので、おせちもとらず。

昼過ぎに、いちばん近くの海まで波の音を聴きに言ったのだけど、堤防工事中で、砂浜まで降りることはできなかった。ざんねん。

すれ違う人は、ひとりかふたりくらい。
街を誰も歩いていない。
スズメが動いているだけ。


今年はどうにかアルバムを。






1月2日

幼馴染のKとMとドライブ。
2人とももう結婚しているので、やさしい旦那さんのお許しを得て会いに来てくれた。
なのでわたしを入れて3人、プラス子供1人。
昼ごはんは、「たらふく」という中華そば屋。メニューは中華そば1つのみ。市民のソウルフードであり、相変わらず店内は混み合っていた。優しい麺とスープが特徴。
その後、浄土ヶ浜うみねこにえさやり。

帰りに藤田屋のクレープ3種購入して、帰宅。

2人とも、もうこの街には住んでいなくて、今から車でそれぞれの街に数時間かけて帰っていく。
私が正月に帰ってくるなんて珍しいからと、わざわざ、会いに来てくれた。とても嬉しかった。ありがとう。



夜は「吉田類の酒場放浪記」スペシャル。それを観てから眠った。吉田類の酒場放浪記、BGMがよい。Joe cockerとかJohn sebastianだとか。





1月3日

10時頃起きて母と散歩。
小さい頃によく連れて来てもらっていたイタリアンのお店に数十年ぶりに行った。
前菜、パスタ、メイン、デザート、のコースでお腹いっぱい。
薬局で買い物して帰宅。
母にパルムが安いから買って来てと言われたついでに夕方もすこしひとりで散歩に出た。
パルムは70円だった。安い。






2016-12-29




クリスマスやら正月やら。年間行事に突き動かされて、自分もいろいろな気持ち。
インスタグラムではみんながおもいおもいの楽しさをアップしている。
私の師走は花びら餅への希望。それだけ。

きょうはコンロの掃除。あとは加湿器の買い替えとか。

一週間前に目をつけていたブレスレッド、買いに行ったらすでに売れていて、なかった。
普段なにごともあまり気にならないたちだから、なんか気になるなあ、というのは自分にとっての目安なのだな。これからはソッコーで買おう。

本日食事は四食。プラスおやつ。もりもり食べた。
きょういちで興奮したのは、クリスマスに買っておいたハーゲンダッツがまだ冷蔵庫にあるのを思い出した瞬間。それを食べる流れで、お餅をおしるこにいれて二個食べた。








2016-12-18


冬の朝の光きれい。

抜歯後の顔の腫れもだんだん澄んできて、マスクなしの生活。

今月号のオズマガジン編集長の古川誠さんのはじめがき素晴らしかった。ああいうことは、自分もしっかり心にとどめよう。メモ。

きょうはお昼すぎに散歩に出た。寄った神社の境内の土俵で小学生男子が4人でラップバトルをしていたので様子を伺うと、声変わりもまだしていない少年たちが「おれはビートという女にのっかってー!」と言っていたので、すこし動揺してしまった。やっぱ東京の小学生はすすんでるなあ。

帰り知り合いの和菓子屋さんで、お大福と、ころがきを2個ずつお持ち帰りして、ダイソーで泡だてネットとゴミ袋を購入して帰り、部屋でお茶した。和菓子にはコーヒーが合う。












2016-12-14



最近生えてきた親知らずの歯を一本抜きに歯医者。
いままで親知らずが生えるたびに、顎に歯が並びきらないためコツコツ抜いて来た。親知らず人生もこれでもう終わりかな、と思いレントゲンを撮ってもらったら、まだ生えていない眠っている歯が一本あった。またこの歯が生えてきたら抜くのかと思うと憂鬱だなぁ。

自分は、10代の時、八重歯が二本飛び出ていて、この八重歯は食事の時に意味ないじゃん、なんて思って、じぶんの希望で八重歯を二本とも抜歯してもらっているのだけど、そのことを今回の歯医者さんで、こんこんと叱られた。八重歯は体の軸となる大切な歯なのだという。それを、かんたんに抜くなんて、とても勿体無いことなのだって。

とにかく今日は朝いちで最新の親知らずをめりめり抜歯してもらって、そのあとは染め出しをしてブラッシング。

とにかく抜歯して一安心。顔が腫れるのでしばらくの間はマスク。


昨日のライブは豊田さんと二郎さんと自分の3人で。歌をずっと自分の言葉で何年も歌ってき、人生をいろいろ経験している音楽家の方と、弾き語りというかたちで共演させていただくのは自分にとってとても貴重。
豊田さんからもらった「平賀さんは、佇まいはインドアにみえて歌はアウトドアで、〜」という言葉が心に残っている。