キッチンについて/平賀さち枝

 

2016-06-27

カーネーションが冷蔵庫にたくさんつまっている夢を見た。
起きて支度して参宮橋原宿渋谷
ワンピースと帽子を購入。
夕方に帰宅して、一時間仮眠。
夕飯は、お土産のパンを2つ食べた。
入浴後、夜の散歩。いつものコースで、考え事しつつ。
部屋に戻って、テレビを観る。
ピースの又吉さんが賞を獲ってからの、綾部さんがとっても面白い。状況が状況なだけに、凄いことだと思う。顔も以前よりもピカピカくっきり光り輝いていて、最近では綾部さんがテレビに出ていると、少し見入ってしまう。パートナーに突然ふりそそいだ光に、一緒に光り輝いていけるなんて、理想だなぁ。

夜食は、卵かけ御飯、大根と卵の煮物、セロリの浅漬け、きざみみょうが。












2016-06-25

いよいよ梅雨
梅雨で憂鬱なことは、洗濯のタイミングがわからないことと、じめじめの空気に精神がもっていかれるところ。
嬉しいことは、顔の乾燥が減ったこと、低気圧のせいで、何回も寝れること。



最近よく食べてるもの、
春雨スープのカップ麺、甘いケーキやクッキー、グミ、パン屋さんのパン


自炊は、簡単なサラダだとか






2016-06-11

「プリティウーマン」を観てぶち上がり、「ピース オブ ケイク」を観て、不安になる。
恋愛映画は、だいたいハッピーエンドのような形でおわるが、物語のそのあとの2人はどうなってしまうんだろうか。2人は死ぬまで一緒に幸せに暮らすかもしれないし、くだらない喧嘩をしてあっけなく別れてしまうかもしれない。そんな心配に包まれて、胸が詰まって、不安になった。
多部ちゃんも綾野剛さんも素晴らしい演技だったから、主人公の女の子に、感情移入してしまって、とても辛い気持ちになった。










2016-05-19

自分でも最近うすうすと感じ始めていたことなのだけど、そうでもないんじゃないか、とも思っていたから強く気にしたことはなかったのだけど、「さっちゃんてのんきだよね!」「うん!のんき!」「こんなにのんきなひとはみたことない!」とくちぐちに人から言われるシーンがあって、自分はのんきなんだなぁ、と思った。








朝: おうどんグレープフルーツ
昼: ミスタードーナッツ
夜: エリンギのおひたし、なすとパプリカの甘酢炒め、ドライカレー












2016-05-15

百合ヶ丘団地をひとり散歩。
電車の車窓からみえた団地の坂に吸い寄せられておりた。百合ヶ丘から生田まで歩いてみたけれど、好きだと思った。
住む街を選ぶときはいろいろ見る。毎日利用する駅構内の雰囲気とか、商店街ですれ違う先住民の人たちの顔つき、だとか、スーパーの感じが明るいか、とか。
住む街のことを考えて、都心に遠いから移動に不便そうだし…とか言うのはもうよすことにしている。住みたい街に住むのが本当な気がする。


気づかぬうちに、何かに縛られているような気になっている。そんなことはないのだからどこへでも行ったらよい。
歩いていて胸がキュウとなるような道があって、じぶんが生まれた街によく似ていて、海が見える街なんていいなぁ。