Hatena::ブログ(Diary)

北海道苫小牧市出身のPGが書くブログ RSSフィード Twitter

Fork me on GitHub

2007-08-04(土)

LL魂の実況中継


今年も参加しています。適当に実況します。


(8/8 追記。id:SumiTomohikoさんがすばらしいまとめを作ってます。こちらもぜひ。)



10:30 基調講演 - ハッカー気質について / 和田英一さん

  • hackとは・・・playful 遊び心で
  • hackerとは・・・to be described as a hacker by others (他人にハッカーだと認めてもらう) が better
  • ハックは自己表現。チームで作る互いのものではない。四苦ハックして行う
  • 楕円を書くコンパス・・・円錐を斜めに切ると楕円になることを利用。影絵で説明(笑)。
  • ケルミンの積分機、兆候予測機、微分解析機*1
  • Niemanのトルク増幅器・・・Input軸の変位をモーターの力で増幅させる。牛の鼻輪を引くと、痛がって同じだけ牛が動くのと一緒(サーボモゥター)
  • flipflopで音階を出す・・・ビットシフトにかかるクロックがシフトする数で決まるので、それを利用。teletype にかかる200msを、1音の単位とできた
  • Willem van der Poel の PDP-8 Lisp のコーディングはすごいらしい。全部読んだそうです。
  • 質疑応答
    • 「二点を糸で結んで書く方法の方が優れているのでは?」「糸から鉛筆がはずれて難しい。でも、あの機械も難しい。」
    • 「ハッカーは使いにくいものを無理矢理使うもの??」「好きだから使う」
    • 「ハッカーになるには?」「人によって色々。」
  • 楕円を書くコンパスの先に、サーボメカニズムを入れると改良できます(笑)

11:35 Language Update

  • Perl / 小飼 弾さん
    • Perl 5.10 について (今のPerlは、5.8.8)
    • 今年のリリースは、 5.8.9 、 5.10 、 6.0
    • feature プラグマ use feature qw/say switch/; or use 5.10;
      • レキシカルで使える
      • // (||と似ているが、 defined な判定)
    • 時間切れでグダグダ・・・
  • Io / 浜地 慎一郎さん
    • プロトタイプベースのオブジェクト指向言語
    • 異様にシンプル。キーワード0(!)
    • ひな形をcloneしてオブジェクトを作る
    • クラスの継承とオブジェクト生成が同じ書き方ができる。
    • 余分な引き数は評価されないと言う仕様(!)を利用して、if文もメッセージにしている
    • 突然ガラッと変わる言語仕様
    • 多重継承可能
  • Clean / lethevertさん
    • 開発効率も実行効率もLightweight
    • 入出力はモナドではなく、一意型。一度しか実行できない
    • 動作が軽い。上位。
    • 最新版は Clean2.2 。 Intel Mac はまだサポートされてない。
    • コンパイル方式。WindowsにはFamkaと言う対話環境
    • 3000行でゲーム。Webアプリは? ・・・ iTask、CGI
    • プリプロセッサ・・・lethevertさんが個人的に開発しているCleanX。
  • PHP / Seiji Masugataさん
    • 4系と5系の開発が進んでいる。4系はほぼ集結。
    • 5.2.x → メモリマネージャの改善
    • PHP6 → 名前空間の拡張。
    • Zend Framework のプロダクションバージョン
    • PHPのバグ公開サイトや、PHP5への移行サイトの登場
    • 2の65乗問題
  • R / 樋口 千洋さん
    • S言語とScheme を統合した、統計処理言語
    • 解析ライブラリが公開されている → CRAN, Bioconductor
    • ベクトルデータが基本、ヘルプが豊富、組み込みデータ
    • データマイニングバイオインフォマティクスに利用。バイオインフォマティクスの分野ではRが多い
    • ベクトル計算を楽に記述できそう
    • summary関数で、テーブルデータの統計的サマリの表示が可能
  • Python / 柴田 淳さん
    • Sony Pictures Imageworks (CG会社)にて、Perlを抜いて利用されている
    • PIXARやDREAMWORKSなど、CGの分野でPythonが作られている。PyQTによる、モデリングツールもある。
    • オールレンジ、業務で使える、10年使える、クリーンな言語仕様
    • 後方互換性が重視されている。ロードマップも明確
    • Python3.0 今年、α版がリリースされる。後方互換性が崩れる。
    • 2.6 は、3.0系の機能も実装される。2.9 くらいまでは出るだろう。2系から3系へ徐々にシフトさせる。
    • 勉強会やってるらしい。開発合宿・・・スキー場なのに誰も外に出ずorz
  • Lua / 上野 豊さん
    • World of Warcraftやラグナロク・オンラインでも使われているらしい!? PSP関連も?
    • 小さいのが特徴
    • データ整理がしやすい。lua言語フォーマットのデータを作る。
    • Perlの@は難しい(笑)。Rubyはシンプルだが、仮装配列の取り扱いはLuaの方が簡単
  • Ruby / まつもとゆきひろさん
    • エンタープライズ。Matzサンタからクリスマスプレゼントがあるらしい。
    • 楽天フェロー、Rubyアソシエーション、Rubyビジネスコモンズ・・・エンタープライズ色
    • Ruby2.0
      • 今年のクリスマス。YARV(高速VM。2〜500倍)、M17N(文字単位での操作。レガシーでの扱い)
      • ネイティブスレッド、マルチCPUのサポート
      • 複数VM
      • 遅延評価の導入
      • 名前空間関連の改良。バージョン違いのクラスなど
      • エラー検出。もしかして機能。
    • ここから笹田 耕一さん。
    • 松本さんは大嘘(笑)
    • 2.0じゃなく、次は1.9。2〜500倍は嘘。
    • 遅延評価なんてつかないw

12:50 ランチ

うなぎ(1600円)。久々に美味いうなぎを食べて大満足。


13:45 オレ様言語の作りかた

途中参加。昼が短過ぎると思う。。。

  • Xtal / 石橋さん
    • ライバルはLua
    • ゲーム向け言語? 途中参加だからようわからんが、プレゼンおもしろい。確信犯でしょw
  • Sukuna / 小原さん
    • Forth系。Joyの説明。簡潔さは力なり。
    • パッチのバグを修正しているうちに、楽しくなって言語作成(GikoForth)
    • Sukunaは、GCや無限リストをサポートしたForth
    • 実演。;; が多くて、かなり意味不明w
    • なぜ作る? 達成感、勉強、楽しい
  • crowbar, Diksam / 前橋さん
    • crowbarは、kmaebashi.comでのサンプル言語 (Perlのようなもの)
    • crowbarは開発休止中
    • Diksamは、kmaebashi.comでのサンプル言語(2)
    • バイトコードコンパイラはない(ベリファイアが難しい)
    • DVM(JVMのパクリ)
  • FizzBuzzの比較
    • cycle関数って面白いなあ
  • まつもとさんのコメント
    • Xtalはイテレータ等がプリミティブに組み込まれている
    • C++OOPがかけるのはすごい
    • Sukunaのような無限イテレータはいい
    • crowbarやDiksamは、言語を学ぶって意味では良い
  • 名前の由来、なぜ作った、ポリシー
    • なでしこ / 花の名前、簡単な言語が作りたかった、手軽さ
    • Xtal / 宝石(eXTream Agile Languageとこじつけてる)、最新機能
    • Sukuna / 神話、Forthが好きだ
    • crowbar,Diksam / パールのような者,紅茶(javaに対抗)、車輪の再発明、Cに似せる
  • よかった部分、後悔してる部分
    • なでしこ / 日本語だから注目してもらえる。でも日本語。
    • Xtal / 最新機能なのに速く動く。悪い点はない。
    • Sukuna / 今回発表できた。悪い点はライブラリ。誰も使わないのにorz
    • crowbar,Diksam / 勉強になった。時間がかかる。作ると、使う時間がない。
  • まつもとさんのRubyの前の言語
    • 1989年。Rubyと関係ない
    • Classic というオブジェクト指向言語。「クラスっぽいC」
    • Pascalの様に、変数名の後に型
    • イテレータなどはすでにあった
    • Profile機能。privateなどの制限をかけられる。
    • Profile機能は使い物にならない。後のrubyに影響を与えている
  • 質疑応答
    • 「なでしこの"もし、そうならば"って?」「"そう"は$_です」
    • 「なでしこの表記ぶれへの対応は?自然言語への対応は?」「研究はしたいが、実用上完成しない。言語開発には妥協が必要。」
    • 「大阪弁対応は?標準語は疲れる。秋田弁は?」「予約語を入れ替えるだけ。前向きに検討。」
  • これから言語を作りたい人へのメッセージ
    • なでしこ / 日本語言語を作って下さい。
    • Xtal / 馬鹿でも言語は作れるので・・・よろしくおねがいしまーーす!!
    • Sukuna / 自分の好きな言語を作って、絵のように見せ合えるといい
    • Diksam / できるだけ小さな言語を作り、拡張すべき
    • Matz / 使う人を思い浮かべて作ること。思うよりは簡単なので、やってみて欲しい。生き残った奴が世界に旅立っていく。

15:30 VM魂

  • LLを、 java、 .NET の VM 上で動かす
  • Jython / 西尾さん
    • 1997 Jpython / 2001 Jython2.1 / 2003 Jython2.2
    • IronPythonの方がお勧め(コラ)
    • Jython のデモ。補完ができる。
    • midiのライブラリで、フィボナッチ数列を可聴化
  • Rhino + Groovy / 鈴木さん
    • 1997 Javagator (JavaのPureブラウザ) 用の JavaScript エンジン
    • 1999 Mozilla から Rhino リリース
    • PureなJavaScriptエンジン
    • 注意: JavaとJavaScriptのクラスは違う
    • 例: サーバとクライアントをJavaScriptにする
    • で、Groovy
    • JSR241 JavaSE7に含まれるかも? → JRuby に抜かれる
    • Ruby にインスパイアされている
    • MOP、マッピング
    • 問題点: クラスを呼ばないと、関数を実行できない
  • JRuby / 高井さん
    • Ruby1.8.5 と互換性
    • Javaとの統合 (クラスを埋め込み)
    • JVM, YARV, Rubinius の3VM が使える
    • JavaやYARVやRubiniusのバイトコードへコンパイルしている
    • JavaへのコンパイルはASM
    • Rubyのソースを、JVMバイトコードにし、javaコマンドで動かす
  • IronPython / 荒井さん
    • pythonのクラスをJavaScriptから呼ぶデモ
    • 後は、単なるMicrosoftのCM(笑)*2
  • Pnuts / 戸松さん
    • 9年くらいが経過。独りで開発
    • Luaがライバル(!)。JVMとの親和性とシンプルさ、速さ
    • Javaでできるものがメイン
    • なぜVM? ・・・ GC, JIT, Fast Locking, Security, 移植性の恩恵を受ける。
    • ただし、JVMとLLの間の仕様のミスマッチが起きうる
    • LLは生き物で、発生したり死んだりを繰り返す。新しいLLは古いLLのいいとこを取り込む。
  • LLを使いたいだけなら、VMは不要では?
    • Rhino。Javaの機能を使いたかったから
    • PnutsはJavaのテストツールとして始まった。main()関数を書くのは嫌だ。
    • JRuby。Rubyが好きだった。Javaに別のパラダイムをいれたかった。DSL等。
    • Jython。コンソールからJavaを読むのは面倒。javaの人にLLの良さを気がついて欲しい。
    • IronPython。コンパイルしない価値を、.NET上で表現できる。手軽に試して、不要なものを捨てられる
  • ネイティブのLLと比べると、どうなの?? バグは?
    • JRuby。オーバヘッドはある。が、初期化など、オーバヘッドの許容できる部分では実用的。
    • IronPython。ファーストクラスの環境になると思われる。ASP.NETの対応言語になっていくだろうと予想
    • Grooby。大人数でやるのならJavaはいい。一人でやるならLLは向いている。これらの共存をする。大きい根幹はJava、末端は一人でLL。
  • いびきがすごくなってきた(笑)
  • プロトタイピングについて
    • 鈴木さん「LLはプロトタイピング。方向性が決まったら、Javaで行く。昔のsmalltalkも?」
    • 高井さん「日本はRuby、インドでJava、ってのは暗い。Rubyでそのまま動けばいい」
  • Pnuts をビジネスで使いたいって話は??
    • サーバサイドや、ユーザから見えにくいところ。
  • Pnutsはどのくらい速いの??
    • JVMの有効活用により、速くしている。JRubyよりもちろん速い
  • IronPython は c-python より速い? ほんと??
    • ほんとうにそう。ただ、 IronPython は c-python の 10% 程度しか実装してない。オープンソースプロジェクトでは 95% くらい移植している
  • IronPython は .NET が駄目なことを証明するために作られたけど、速かった??
    • いろんな手段を試して、最速の方法を実装している。VM側にもフィードバックしていく。IronPythonのために.NETも進化する
  • Java陣営は? JVMはLLにあわせて進化するの??
    • 戸松さん「PnutsはJVMのボクシング等の仕様の影響を受けて速度の制約を受けている。不便ではあるが、JVMの制約の元で色々考えている。JVMの仕様変更は難しい。利用範囲が大き過ぎる。」
    • 戸松さん「LLはどうしても動的なメソッド探索が必要で遅い。だが、JVMの命令に動的呼び出し命令を追加すると言う話があったが、反対した。実装でカバーできるので、JVMに命令を加えるのはいいアイディアではない」
  • JVMが突然ダイナミックになったりする?
    • 戸松さん「なったりしないことを願っている」
    • 高井さん「AOP等の、バイトコードエンジニアリングが発達している。その先の最適化で駄目な時に、初めてJVMの見直しが必要」
  • JVMと.NETのライバル心はあるのか??
    • 荒井さん「RoRもIronRuby上で動かしたい。どんなプラットフォームでも動くべき。ただ、IronRubyのプレアルファ版は実装としてはまだまだ」
  • 開発者リソースの奪い合いをしているのが心配
  • 話ではGroovy だったのに、 Rhinoが入ってるのはなぜ??
    • 安全な実装が選ばれた。JavaScript1.5が動くのは魅力的だが、開発環境としては弱い。
  • JRubyは戦略的に流行らせようとされている??
    • Rubyと名前を出すと、資金が出やすい(笑)。熱意的な人がいる
  • Java7にJRubyはつく??
    • 鈴木さん「多分つかないでしょう。制約が厳しい。」
    • 高井さん「Rubyは実装と仕様が一緒になっている。JRubyの人も困っている」
  • 質疑応答
    • 「JRubyのコンパイル手段として、ASMってのは本質的じゃないのでは?」「本質的ではないですが、最適化と言う面ではASMが原因な気がします」
    • 「IronRubyの実装はソースを見ないとできない。MicroSoft は OSS のソースを読むと即解雇という噂がある。ほんとなら、どう実装しているのか」「Matzさんと制作者間で取り決めがある。そこから言語仕様を起こしている」
    • 「その言語仕様を公開すると言う話はないのか??」「話は未定だが、社員であれば見れる。存在することは証明する。公開できるかは不明。」
    • 「ほんとうにOSSを読むとクビ?MicroSoftでもOSSをやろうとしているのでは?」「ライセンスによっては問題ない。商用で販売するような製品のOSSは読むとまずい。知的財産の入り込みを防いでいる」
    • 「DLRを利用して、サーバ上とクライアント上で同じ言語を使うという方向性はあるのか」「やりたければなんでもできる。VM上でライフサイクルの長いものを動かすと、JITやGCに悪い影響を与える可能性がある。色々試してから実施したい。」

17:30 キミならどう書く ?プレゼンソフトを作る?

  • OCaml / 小笠原さん
    • OCamlとは? ・・・ 静的な型チェック、型推論、関数型とオブジェクト指向の融合、コンパイラが高速コードを出力
    • どう書くか ・・・ Cairo を利用(gtkのバックエンド)、チャネルシステム? ロック不要のマルチスレッド(アニメーション用)
    • チャネル間でだけ情報をやりとりする
    • 質疑応答
      • 「絶対やりたかったことは?」「マルチスレッドと、ガベージコレクション。」
      • 「プレゼンは一般の人が使える??」「HTMLと似たものなので、利用可能でしょう」
      • 「スレッドはネイティブスレッド?」「内部ではネイティブスレッドだが、GCのせいで実際はそうではない」
      • 「オブジェクトの書き換えを、他のスレッドから見る時に排他制御が居るのでは?」「破壊的代入を行わないように組むとよい」
  • JavaScript / id:amachang
    • WEBでプレゼンを共有したい。KEYNOTE?PDF?
    • HTML + JavaScript ← SearchEngineに見つかりやすい、Crawlerが理解できる、セマンティックWeb
    • JS は重い。軽く作るのが重要
    • シンプルなHtmlを書く。JSONで動きを定義する
    • インデックス機能をプレゼンにて実装 ← すごい
    • X Browser、ブログパーツにできる
    • 諸々の高速化
    • src="//:" ・・・ IEでの高速化。バグ?
    • 質疑応答
      • 「いつ使える?」「そのうちブログで公開されると思います」
      • 「Peramalink はあるの?」「Cookie に どこまで見たかはあるが、Parmalinkはない。」
      • 「プレゼンのソースを見せて」 → divでページを書いてく感じ
  • XUL (ズール) / 下田さん
    • 高橋メソッド in XUL (既製品。今回の開発はなし。)
    • XUL の利点 ・・・ 気軽、豊富なウィジェット、実行環境がGeckoなので、独自拡張使いまくり
    • リロードしても、自動復帰
    • wikiっぽい文法 + CSS。文字サイズを自動調整
    • 英語、中国語、韓国語に翻訳されている
    • 質疑応答
      • 「影付き文字などに対応する予定は?」「対応してもいいです」
      • 「プレゼンのソースは?」「テキストファイル」
      • 「新作はどんなのにする予定だったのか?」「作らなければいけない理由を知らなかった」
      • 「入手先は?」「ダウンロードして下さい」
  • Java / 西本さん
    • 3D CMS を利用。プレゼン専用ソフトではない
    • 3Dコンテンツを簡単に扱えるCMS。Flash、Java Appletを利用
    • HTTP Comet による、遠隔プレゼン。3D機能もプレゼンから使える
    • 画像、音楽、3D画像の利用が可能
    • HTML Slidy を利用、Java Appletを利用
    • サーバはREST API により、ブラウザに返す
    • クライアントは、Page クラスだけ書けば通信や表示はライブラリがやる
    • Java の EoD関連の解説。
    • IDEがLL的な効果を持っている
    • 質疑応答
      • 「ヘビーウェイトでは?」「はい、そう思います。最終にはECMAで書くのが目標。」
      • 「どうやってプレゼンを書く?」「ブラウザから、wiki記法で」
      • 「トランジションは?」「未実装です」
  • Gaushe / 小黒さん
    • LISP の一種。
    • R-Slide
    • Gaushe のインストールが難しいので、WEBアプリで
    • かつてのOHPを目指す
    • 別画面(URL)から、スライドを操作する。
    • VNCプロトコルを利用している。FlashのVNCクライアントを利用
    • 複数レイヤを持っている。c-wrapperでimagemMagickを利用
    • Slide上でSchemeも動かせる。
    • R-Slide にtelnetして、操作可能
    • Lingrのチャットも表示(笑)
    • 絵は、グラフィックファイルらしい。検索は全くできない
  • 一般の人が使えるプレゼンのアイディア
    • XML・記法で動きの定義は難しい。オーサリングツールが必要。
    • 期間が短くて無理
    • グラフィックは作りやすい。(OHP的な発想。)
  • かかった時間は?
    • Java / 3ヶ月 + 3日
    • Ocaml / 2週間
    • JavaScript / 1ヶ月
    • XUL / 2〜3時間を繰り返して、2〜3時間
    • Gauche / 2ヶ月
  • 「高橋さんは高橋 in XULを使うのか」「評価はしたが、字が思ったより大きくならなかった」
  • 「スライド巡り以外のプレゼン手法はないか?」「JavaScript的には、逆に頑張ってスライドっぽくしている。」

19:20 Lightning Talk

  • PRaggerでピザが頼めるようになるまで / 斎藤さん
    • takesakoさんがまとめたらしい
    • Ever Quest2 /pizza コマンド
    • (1) WWW::Mechanize に利用 → 失敗
    • 原因。ピザハットのサイトが、パースできないほどひどいHTML
    • (2) ピザハットがその後、XHTML化された。 → 成功!
    • PRaggerはリリース間近
    • デモ。現在、ピザ宅配中w
  • 外付けwebフレームワークflowr / 中谷さん
    • JavaScriptで、機能をサイトに貼付ける
    • モノポリーごっこ。ブログをマスに見立てて、記事を購入。TBとは違うBlog間連携。
    • 続きはWebで・・・公開はまだ。DSLとか文字が見えたなー
  • オープンソースのウィジェットエンジン「Mashed Potato」(を作ります><) / 大崎さん
    • ウィジェットエンジン。GUIアプリ用のフレームワーク。
    • デモ。エラー発生・・・簡単なもので動作
    • JRuby のリリースが開発の動機
    • 時間切れ
  • WebDB開発特化型言語Alinous-Core / 飯塚さん
    • WebアプリのDB向けのDSL (オレ言語)
    • 4ヶ月で開発
    • Eclipse プラグイン
    • .htmlと.alnsファイルを用意する
    • HTMLのテキストマクロに埋め込む
    • Java実装も呼べる
  • __init__.php? 変態的国産PHPフレームワークrhaco / 露木さん
    • django-ja の人 スパム親分。
    • php のライブラリ
    • 諸々機能の紹介
    • id:rhaco が作っている。hentai++
    • rhacoはカエルの学名らしい
    • Python の機能を取り入れている。__init__.php や doctest、mix-in
    • 次回django勉強会 8/25 サイボウズラボにて!
    • 時間切れ
  • VM魂に入れて貰えなかったJavaFXScript / 庄司さん
    • 新しい。Java one で発表されたらしい
    • javaFX 上で動くスクリプト言語
    • GUI作成用の言語
    • ECMA っぽいけど、全然違う。
    • queryによる配列操作
  • Power of Scala / 水島さん
    • オブ言語、JVM上で動作
    • 静的だけど、ダックタイピングっぽいのが可能
    • match構文
    • 遅延評価
    • 暗黙型変換をユーザ定義
    • 正規表現
    • Scala is great
    • Onion という言語を作ってるそうです
  • Lispのオブジェクトシステムの概要 / 鈴木さん
    • WnnのLisp版、eggの全身
    • Lispは楽しいけど、楽しい時期は終わってしまう
    • JavaとかUML ・・・ つまらないけど頑張ってます(笑)
    • Flavor の仕様。アイスクリームから来たらしい。基底はバニラクラス
    • Mix-inの語源もアイスクリーム
    • Rubyいらないのでは?w
    • 時間切れ
  • Coq 定理証明という選択肢 / 今井さん
    • Coq は、定理証明ツール。
    • プログラム開発 → 正しいことの証明 → プログラムの抽出
    • Coqは、大切なとこだけで使う
    • WEBアプリを作り、SQLインジェクションが起きないことを"証明する"*3
    • にわとり小屋でのプログラミング日記
  • D4R - DirectX for Ruby / 高野さん
    • ゲーム制作をしたいので、作成
    • DirectX以外のライブラリ不要。直接DirectXを呼ぶので高速
    • Window, Resource, Graphics, Input, Sound 等のクラスがある
    • 使い方の説明
    • デモ。今後ソース公開予定。マスコット募集
  • イメージファイト! / 竹迫さん
    • GIFの中にもPHPコードを埋め込める。HTMLかを見ていない。
    • IEは、画像ファイルでもタグっぽい文字があると実行してしまう
    • 対策(イメージファイト)。画像のサニタイジング
    • コメント削除、再エンコード
    • サニタイGIF ・・・ 攻撃者の意図を無効にする文字列を挿入
    • Apacheモジュールがあるっぽいです。聞き取れなかった。
  • Javaより速いLL用テンプレートエンジン / 桑田さん
    • Tenjin。Velocity よりも速い
    • 他言語で利用できる、LL向けのテンプレートエンジン
    • 言語に酔って、テンプレートの書式が違うっぽい
    • プリプロセッサ機能 ・・・ 毎回固定の文字列を、処理前に埋めておく
  • C++のためのx86 JITアセンブラ xbyak / 光成さん
    • LLは遅過ぎる。LLは地球温暖化の要因かも
    • アセンブラは読みにくくて、静的
    • Xbyak はxbyak.h を読み込むだけで動き、動的
    • JITコンパイルできるアセンブラ
  • じゃ、どう書く? / 西尾さん
    • こう書く課。こう書く機動隊。
    • ja.doukaku.org (抹茶ムース色)
    • コードを読んで、書くことが上達への道
    • お題を考えるのが大変
  • ピザ来た?? Mobile3.0?

20:25 今年もボールで抽選

  • はずれ。帰宅。おつかれさまでしたm(_ _)m
  • 来年の予告。場所も日程ももう決まってるみたい。

*1:原理はよくわからなかったorz

*2:コメントにもあるけど、これはこの説明だけ聞いた段階での感想であって、完全に誤解。IronPythonの話を聞くつもりが、DLRから.NETを含んだMSの未来の構想の話に膨らんでたので、そう聞こえてしまったんだと思います。最後までこのセッションを聞いて、MS陣営がOSSへ注力し始めてるのは素晴らしい流れだと感じました。

*3:その証明が大変(笑)

araiarai 2007/08/07 15:48 単なるMSのCMと受け取られたのは、私の説明が悪かったんですね。きっと。
MSという会社もOpen Sourceと協力していく姿勢を取るようになってきているというのを説明したかっただけです。

hirataraSideBhirataraSideB 2007/08/07 23:50 >araiさん
はい、後のパネルディスカッションを聞いておっしゃるとおりに感じました。初めの印象は誤解だったわけですが、会場で書いた物をそのまま出してたものでm(_ _)m。

araiarai 2007/08/08 09:37 有難うございます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証