BLUESと私の生活

2017/07/25 (火)

[] The Souleels


f:id:hiro0609:20170725140420j:image


日曜日桑名のFree Space Mで演奏しました。タイバンマラカスジャイブスとDouble Speed。

スタートは13:30という昼間。それはそれは濃厚で熱い一日でした。

バンドとも熱いロック。それぞれのやりたいことが伝わってくる熱量の高い音楽でした。

やっぱり好きな事を本気で表現する姿勢はカッコイイわ。

オリジナルはその人のルーツや好みを消化して、自分音楽表現する、その人そのものだな。なんて改めて感じました。

ジャンル関係なくて、ただ良い音楽かどうかなんだけど、その価値観も人それぞれなんだけど、なんというか、自分音楽を作って表現する事の面白さ、楽しさ、カッコ良さを感じたなあ。マラカスジャイブスのCDを聴いていますが、何というか、クレイジーです。いいバンド出会いました。僕のやっているLOVE LETTERSはこの2バンドとは全く違うスタイルではあるけれど、めちゃくちゃ刺激を受けました。やりたい事をもっと表現したいと思います。

The Souleelsは満員のお客様スタッフタイバンの皆さんの愛に支えられ、熱く演奏できました。

ソウルバンドは沢山あるし、ソウルにもいろんなスタイルがあるけど、僕らは僕らのスタイルになってきたと思います。どんなバンドも歌が主役で、結局は歌う人の表現したい事が軸になるのだけど、我らが坂崎トモヒロのやりたいソウル。それに近づいてるなら嬉しいなあ。僕らはどちらかと言うと力技でねじ伏せる場面が多くあるけど、ここ最近ライブは消耗が激しい(笑)その疲れも含めて心地よい。今回も最高に楽しく演奏できました。

次回のThe Souleelsは8月27日(日)緑区のAllanpoohsanです。


f:id:hiro0609:20170725140118j:image


Double Speed。メンバーが変わり、また新しい魅力を感じました。このメンバーでの音源が是非聴きたいです。


f:id:hiro0609:20170725140114j:image


マラカスジャイブス。タカトシさんのキャラギター、曲、大好きです。これはやばいバンドです。最高。


f:id:hiro0609:20170725140417j:image


f:id:hiro0609:20170725140546j:image


f:id:hiro0609:20170725140550j:image


f:id:hiro0609:20170725140554j:image


f:id:hiro0609:20170725140559j:image


f:id:hiro0609:20170725140602j:image


f:id:hiro0609:20170725140657j:image


f:id:hiro0609:20170725140700j:image


f:id:hiro0609:20170725140703j:image


f:id:hiro0609:20170725140708j:image


f:id:hiro0609:20170725140711j:image


f:id:hiro0609:20170725140420j:image


f:id:hiro0609:20170725140426j:image


f:id:hiro0609:20170725140825j:image


f:id:hiro0609:20170725140830j:image


f:id:hiro0609:20170725140103j:image

桑名銀座商店街


f:id:hiro0609:20170725140107j:image

アーシャ的な。


f:id:hiro0609:20170725140433j:image

腹ごしらえ。


f:id:hiro0609:20170725140111j:image

2人の桑名表現してみました。


f:id:hiro0609:20170725140815j:image

撮影の様子。


f:id:hiro0609:20170725140811j:image

おじさんと仲良くしてくれてありがと。


f:id:hiro0609:20170725140429j:image

オフショットが多くて面白い。わかなさん、ありがとね〜(^-^)


f:id:hiro0609:20170725140820j:image

ちょっと相談なんですけど。。。うんうん、なに?


f:id:hiro0609:20170725141032j:image


f:id:hiro0609:20170725141036j:image

友達っていいな。


f:id:hiro0609:20170725141155j:image


f:id:hiro0609:20170725141143j:image


f:id:hiro0609:20170725141146j:image


f:id:hiro0609:20170725141140j:image


f:id:hiro0609:20170725141214j:image

桑名の暑くて長い一日。最高でした。

2017/07/24 (月)

[] 石橋ロキ丹羽マナブ


f:id:hiro0609:20170725135250j:image


先週の土曜日はOTIS’でヒロキマナブでした。

広島からキング増本さん、シローさんのコスリーズと、理恵ちゃん、笹本くんのSasarieとデュオ3組のライブでした。

コスリーズは昨年、ライブが重なってご一緒できませんでしたので、2年ぶりの再会になりました。

リハ、あんかけスパと前飲み、ライブライブ・・・すべてが面白くて最高でした。

本当に最高のデュオだし、最高の2人です。演奏も人も大好きです。

ライブは満員のお客様と一緒に大盛り上りでした。あの2人の演奏体感しないと解らないと思います。

本当、観て欲しいデュオです。

名古屋へは一年後かなあ。待ちきれないわ(笑)


f:id:hiro0609:20170725135109j:image


Sasarie。初めて聴きましたが、デュオだと更に二人の良さが際立ちます。


f:id:hiro0609:20170725135106j:image


f:id:hiro0609:20170725135102j:image


コスリーズ。歌もギターベースも喋りもヤジも(笑)言うことなし。最高です。


f:id:hiro0609:20170725135244j:image


f:id:hiro0609:20170725135241j:image


f:id:hiro0609:20170725135247j:image


ライブ前に皆で行ったサヴァランベーコンエッグ最高。


f:id:hiro0609:20170725135113j:image

2017/07/22 (土)

[] Five Minutes



f:id:hiro0609:20170724174258j:image


昨夜は第三金曜日という事でFive Minutes、Jim’s Placeでの定期ライブでした。

今回もデカチョウさん、久保田くんと、ゆるく、まったりと過ごしました。

どうやら山田さんは痛風らしく、闘病中のお客様もいて、ライブ後のお喋りは健康と将来の生活(笑)

みんなそんな歳になっているんだなあ〜、山田さんと久保田くんの春も遠そうだし、将来は僕が二人の民生委員の役でもやろうかな(笑)

しかし、健康第一は本当だなあ。みんな元気で楽しめますように。


f:id:hiro0609:20170724174255j:image

Jim's Placeのトイレにて。ジムさんの愛を感じて感激しました(^-^)


f:id:hiro0609:20170724174245j:image

いつものあん。さんで、ふわとろ。めちゃウマ。


今日チョコ

髪切りました。暑い日が続くから短めにしました。


f:id:hiro0609:20170724174302j:image

2017/07/21 (金)

[] 華岡青洲の妻


f:id:hiro0609:20170719092637j:image


華岡青洲の妻1967年 大映 監督増村保造 出演 市川雷蔵若尾文子高峰秀子伊藤雄之助 他)

好色一代男で増村監督市川雷蔵の組み合わせが大いに気に入ったのですが、それとは対照的作品であり、更に若尾文子高峰秀子という豪華キャスト。さすがに好色一代男とは全くテイストは異なりますが、市川雷蔵若尾文子高峰秀子の演技の素晴らしさが光る作品。あらすじは、若尾文子演じる加恵は幼い頃から高峰秀子演じる於継に憧れていた。その於継が医者である息子、青洲の嫁に加恵を選び、名家である加恵を嫁として迎える。市川雷蔵演じる青洲は麻酔薬を使った手術を実現する為に没頭していくが、それを支える嫁と姑の確執、愛憎が描かれている。若尾文子高峰秀子はともに主役を演じる存在感のある役者であり、その二人の確執はとても見ごたえがあるし、そのような設定だからか、より二人の良さが浮き彫りになっていて面白い市川雷蔵の演技も素晴らしいし、なんだかとても贅沢な映画だと思う。しかし、麻酔薬としてまんだらけの花を使い、加恵がそれを飲んで悶えるシーンは、不謹慎かもしれないけど、少しシュールな感じがしました。薬の副作用盲目になった加恵を演じる若尾文子仕草がとても美しいのでした。


f:id:hiro0609:20170719092853j:image

2017/07/20 (木)

[] 放浪記


f:id:hiro0609:20170720092940j:image


放浪記1962年 東宝 監督成瀬巳喜男 出演 高峰秀子加東大介宝田明伊藤雅之助 他)

成瀬巳喜男監督高峰秀子コンビ、そして加東大介伊藤雅之助という僕の大好きな俳優が共演しています。作家である林芙美子自伝であり、この映画以外にも舞台映画で取り上げられている作品。あらすじは書きませんが、この映画の見所は、なんといっても高峰秀子の演技。もともと声や話し方に気怠い感じがするのですが、それが色気に繋がっていると思っていたし、きっとそうだと思う。しかし、ここでの高峰秀子は、これまでの印象とはまるで違う。簡単に言うと、全く美しくないし、色気もない。これは批判では無く、役づくりでこんなにも印象が変わる事への驚きです。役者魂を感じてしまいました。そして、芙美子に思いを寄せるが全く実らない切ない役を加東大介が演じますが、妙にハマっていて面白いです。そして、伊藤雅之助のクセのある喋りと存在感宝田明男前マスク草笛光子の気の強い感じ、役者の特徴を活かした配役、演技の見所が沢山あります。しかし、しつこいですが、この作品高峰秀子はすごいです。


f:id:hiro0609:20170720092933j:image

2017/07/19 (水)

[] 巨人玩具


f:id:hiro0609:20170713133751j:image


巨人玩具1958年 大映 監督増村保造 出演 川口浩高松英郎野添ひとみ 他)

57年に大映監督デビューした増村保造監督の5作目。キャラメル会社3社がシェア獲得に向けて広告合戦を繰り広げる競争社会現場を描いた作品川口浩演じるキャラメル会社広告担当、西の実直で直向きな姿と競争社会の中で生き残る為に自分犠牲にしていく上司高松英郎演じる合田の対比が良い具合にストーリーを引き立てる。後半に向かって見せる合田狂気が、競争社会の中で実際にこんな事あるんだろうな、と、妙にリアルに感じさせる。キャラメルマスコットとして起用されて普通女の子から人気ものに仕立て上げられる少女野添ひとみ演じる京子は、決して魅力的では無いのだけど、西や合田のもとを離れて再開した時の姿は別人で、役柄ではあるものの、同じ女性でも全く印象が変わる、その見せ方の上手さに驚いた。京子コンサートで歌う土人の歌のシーン、京子が西のもとから走り去って、それが原因で車が追突してドライバー喧嘩になるシーンなど、普通映画ならサラッと描くようなシーンをしっかりと見せるところも面白いし、そんな場面があちこちに散りばめられている。キャラメル製造する工場のシーンも競争社会象徴しているように感じるし、場面の切り取り方や訴え方が上手い。それぞれの場面にいろんなメッセージが込められている気がして、全体的に力強くこちらに向かってくる感じがする、エネルギッシュな映画だと感じました。


f:id:hiro0609:20170713133748j:image

2017/07/18 (火)

[] OTIS'


f:id:hiro0609:20170718092650j:image


昨夜はOTIS'のセッションに行きました。

前日のライブの余韻と疲れと仕事の疲れもあり迷いましたが、行けば楽しい事は分かっているので、頑張って行きました。

気分が乗らない、疲れている、そんな時でも行ける時は行った方がいい。これは今までの経験上分かっております

昨夜もそんな感じで、結局は盛り上がりました。

前日のライブに来てくれた四日市歌姫携帯を忘れて取りに来るというミラクルがあり、歌まで聴かせてくれました。

最近セッションはOTIS'くらいしか行けてないけど、時間をみつけて行きたいなあ。


f:id:hiro0609:20170718092646j:image


f:id:hiro0609:20170718092643j:image

TOKUTOKU 2017/07/21 00:27 二日間お疲れ様でした。ありがとうございました。プリングイットホーム覚えます。いい歌ですね

hiro0609hiro0609 2017/07/21 09:09 ライブにセッションに、ありがとうございました〜!
ブリング〜は定番だけど演るとやっぱり楽しいですね!できる人が増えると、桝屋さん喜びます(^-^)