Hatena::ブログ(Diary)

ありの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-22

boot2docker のディスク領域を拡張する

| 23:13 |  boot2docker のディスク領域を拡張するのブックマークコメント

boot2docker のディスク領域がいっぱいになってしまったので、ディスク領域を拡張することにした。コマンドで全部できるかなと思ってたんだけど、なんか簡単にできそうな記事が見つからなかったので GPatedというGUIのディスクユーティリティを使うことにした。

だいたい以下のサイトに乗っていることなので、なんですが。

Getting “no space left on device” errors with Boot2Docker?

※ ちなみに、中身を消しちゃっていいのなら、上記リンクの Solution 1 でやったほうが手っ取り早い。今回は、Solution 2の方です。

1. VirtualBox のディスクイメージを拡張

おそらく、boot2docker-vm.vmdk という仮想ディスクデバイスが使用されていると思う。まず、これを vdi というファイルに変換した上で拡張する必要があるらしい。

$ VBoxManage clonehd ~/VirtualBox\ VMs/boot2docker-vm/boot2docker-vm.vmdk ~/VirtualBox\ VMs/boot2docker-vm/boot2docker-vm.vdi --format VDI --variant Standard

次にディスクを拡張する。今回20GBくらいの容量だったのを、40GB程度に拡張することにした。

$ VBoxManage modifyhd ~/VirtualBox\ VMs/boot2docker-vm/boot2docker-vm.vdi --resize 40960

2. GPated のダウンロードVirtualBox 上の設定

まず、ここ(GParted -- Download)から ISO ファイル(gparted-live-0.23.0-1-i586.iso )をダウンロードする。

次に、VirtualBox の画面から ISO ファイルを追加する。(boot2docker は停止させておく)

2−1. VirtualBox の画面から boot2docker の設定画面を開く

f:id:hiro_nemu:20150822224502p:image

2-2. Storage の設定画面から1で作成した vdi ファイルを選択する

f:id:hiro_nemu:20150822224501p:image

2-3. つぎにダウンロードした GParted の ISO ファイルを選択する

f:id:hiro_nemu:20150822224500p:image

f:id:hiro_nemu:20150822224458p:image

ここまで設定できたら、VirtualBox の画面から boot2docker を起動します。(boot2docker up ではなく)

3. GParted によるディスク拡張

boot2docker の VM を起動すると以下の様に GParted の LiveCD が立ち上がってくる。

f:id:hiro_nemu:20150822225442p:image

キーボードの設定。

f:id:hiro_nemu:20150822225441p:image

言語の設定、Japan があるので選んでおく。

f:id:hiro_nemu:20150822225440p:image

0を選んでX(GUI)で起動する

f:id:hiro_nemu:20150822225439p:image

こんな感じの画面がでる。拡張したいパーティション(今回の例では/dev/sda1)を選択して、「リサイズ/移動」ボタンを押す

f:id:hiro_nemu:20150822225437p:image

矢印の部分をぐいっと右に持って行き拡張する。

f:id:hiro_nemu:20150822225436p:image

最後に「Apply」ボタンを押して変更を適用する。しばらくすると完了する。あとは、適当に VM を停止しておく。

4. 不要な設定を削除して、ディスク領域が拡張されたか確認する

以下の ディスクはもういらないので設定から削除しておく。

f:id:hiro_nemu:20150822225435p:image

以下のコマンドで boot2docker を起動してディスク領域を確認する。

$ boot2docker up
$ boot2docker ssh
$ df -h

約40GBに増えてるね。

f:id:hiro_nemu:20150822225433p:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiro_nemu/20150822

2015-08-16

やるねこ 1.0.0 をリリースしました

| 10:58 |  やるねこ 1.0.0 をリリースしましたのブックマークコメント

やるねこ 1.0.0 をリリースしました。

今回のリリースではタスク一覧の動作を改善しました。これで一旦基本機能としては区切りをつけて、これからはさらに使いやすく、分かりやすいアプリになるような改善を進めていきます。といっても、今までもそうしてきたので、方針は変わらないですが・・。なんとなく、区切りです。



過去のリリース

やるねこ 0.0.9 をリリースしました - ありの日記

やるねこ0.0.7と0.0.8を続けざまにリリース - ありの日記

やるねこ0.0.6リリース - ありの日記

やるねこ0.0.5リリース - ありの日記

やるねこ0.0.4リリース - ありの日記

やるねこ0.0.3リリース - ありの日記

やるねこバージョン0.0.2リリースしました。 - ありの日記

2010-03-30 - ありの日記

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiro_nemu/20150816

2015-08-09

やるねこ 0.0.9 をリリースしました

| 15:41 |  やるねこ 0.0.9 をリリースしましたのブックマークコメント

今回の変更は、デザインを少し改善したのと、Android 5.0 以降で期限を選択するときに翌月や前月を選択できない問題を修正しました。

期間を変更する際は、日付が表示されている部分をタップして日付変更のダイアログを表示します。

f:id:hiro_nemu:20150809145800p:image

以下は、Andrid 4.4.2 の端末で期間を選択する場合の画面です。

f:id:hiro_nemu:20150809145639p:image

過去のリリース

やるねこ0.0.7と0.0.8を続けざまにリリース - ありの日記

やるねこ0.0.6リリース - ありの日記

やるねこ0.0.5リリース - ありの日記

やるねこ0.0.4リリース - ありの日記

やるねこ0.0.3リリース - ありの日記

やるねこバージョン0.0.2リリースしました。 - ありの日記

2010-03-30 - ありの日記

2015-07-26

やるねこ0.0.7と0.0.8を続けざまにリリース

| 19:12 |  やるねこ0.0.7と0.0.8を続けざまにリリースのブックマークコメント

やるねこ、2年ぶりにアップデートしました。

やるねこ - Google Play の Android アプリ

0.0.7 は新しいAndroidの環境に対応する準備程度でほとんど内容は変わってません。

そして、今日, 0.0.8 をリリースしました。最近のAndroidのデザインに沿ったものにしています。背景が黒から白ベースになったのですが、要望があればデザインを選べるようにしたいです。

あとは、ウィジェットが更新されない不具合があったのでそちらも修正しました。細かいところでは、タスク一覧のレイアウトが微妙に下に寄っていたりしたのを修正しました。

新しくなった画面は↓のような感じです。

f:id:hiro_nemu:20150726190358p:image

f:id:hiro_nemu:20150726190357p:image

過去のリリース

やるねこ0.0.6リリース - ありの日記

やるねこ0.0.5リリース - ありの日記

やるねこ0.0.4リリース - ありの日記

やるねこ0.0.3リリース - ありの日記

やるねこバージョン0.0.2リリースしました。 - ありの日記

2010-03-30 - ありの日記

2015-07-18

Eclipse のプロジェクトから Android Studio に移行する

| 17:34 |  Eclipse のプロジェクトから Android Studio に移行するのブックマークコメント

やるねこ - Google Play の Android アプリ というAndroidアプリEclipseで作っていたんだけど、どうやらADT(Android Developer Tool)の開発もサポートも終了する(An update on Eclipse Android Developer Tools | Android Developers Blog)ということなので、思い切って?こちらに移行することにした。その時のメモです。

公式の migration ガイドを参考にプロジェクトをインポートする

以下の公式のガイドを参考に、EclipseのプロジェクトからAndroid Studioのプロジェクトへインポートし、ビルドできるようにします。

Install Android Studio | Android Studio

まず、Android Studio を起動すると以下の画面が表示されるので「Import Project (Eclipse IDE, Gradle, etc.)」を選択、既存のEclipseプロジェクトを選択します。

f:id:hiro_nemu:20150718164541p:image

次の画面では、ライブラリの依存関係等をうまいことやってもらうかどうか選択できるようなので、すべてにチェックを入れて良きに計らってもらいましょう。

f:id:hiro_nemu:20150718164902p:image

そして、インポートが成功するとEclipseのプロジェクトから内容がコピーされます。ディレクトリ構造はAndorid Studio用に変更されたり、関係無いものはコピーされなかったりします。

もともと、Eclipseのプロジェクトは以下にあったけど、

/Users/hironemu/dev/yaruneko

コピーされてこっちに移動されました。

/Users/hironemu/StudioProjects/yaruneko

次に、Tool > Android > SDK Manager で必要なものをダウンロードします。これは、各自の環境に合わせて必要なものをチェックしてダウンロードすればいいだけかなと思われます。何か足りなかったらビルドの時に教えてくれるでしょう。

ここまでできたら、次はビルドです。

Build > Make Project でビルドします。この時、色々エラーが出る可能性があるので、一つづつ解決していきます。

なんかよくわからないエラー
エラー
Error:FAILURE: Build failed with an exception.

* What went wrong:
Task '' not found in root project 'yaruneko'.

* Try:
Run gradle tasks to get a list of available tasks. Run with --stacktrace option to get the stack trace. Run with --info or --debug option to get more log output.

プロジェクト root の build.gradle の改行を削除したりして、保存、再ビルドでエラーは消えた。謎のエラーです。

target android-13 が無いのでエラー
Error:failed to find target android-13 : /Users/hironemu/Library/Android/sdk
Install missing platform(s) and sync project

「Install missing platform(s) and sync project」リンクをクリックしてインストール。以下の様な画面が出てきてインストールすることができます。

f:id:hiro_nemu:20150718170913p:image

私の場合はこれだけでエラーは無くなりビルドは完了しました。

ビルドが成功すると、以下の赤枠で囲った部分が操作できる状態になるので、再生ボタンっぽいのを押して、実機やエミュレータで実行してみましょう。

f:id:hiro_nemu:20150718171045p:image

Git に必要なファイルをコピってきます

もともと、yaruneko プロジェクトは git で管理してたんだけど、何故かインポートの時には引き継いでくれなかったので、手動でやることにします。

How to import eclipse project from git to Android Studio? - Stack Overflow

StackOverflowにある回答によると、.git ディレクトリをまるっと持ってくるだけでいいみたいなので、コピってくるだけです。

ただ、.gitignore ファイルは Android Studio 用のものが必要なはずなのでこれは自分で用意する必要があります。が、自分で一から作れないので他の人の物を参考にします。ぐぐってみるとクックパッドリポジトリに良さそうな .gitignore ファイルがあったので、こちらをそのまま利用させて頂きました。

GitHub - cookpad/android-code-style: Cookpad Android Code Style

まとめ

思ったより簡単にいってよかった。多分、簡単なプロジェクトだったので依存してるものも少ないしハマりどころがなかったためですかね。とりあえず、これで環境に関してはしばらく変えなくていいのかなと・・。

しかし、Eclipse から Android Studio に変わった理由は何でしょうね。

ビルドシステムが変わった?でもそれってIDE関係無いような気もするね。

まぁ、ADTがサポートされないというので、これからはAndroid Studioでやるのがいいんでしょうね。というか、それしか選択肢がないというか。Eclipse並に頭がいいツールだといいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hiro_nemu/20150718