Hatena::ブログ(Diary)

読書百時間2010

2010-08-27

四冊目読了 左砂右

左右砂です。四冊目を読了。

ページ数281

神道の逆襲 (講談社現代新書)

神道の逆襲 (講談社現代新書)

神道が時代ごとに、その思想の牽引者によってもたらされた意味合いの変遷が書いてあり、日本における神のもともとの意味合いなどは結構惹きつけられる論考でした。

五冊目「反転」はハードカバー。やっと厚いの来た。十ページだけ読み、

累計ポイントを214+281+10=505として睡眠権を行使します。どうしてこんなにポイントが貯まらないんだろう。いきなり苦しい。5ポイント。

睡眠権行使 sotih

起床時間を周囲と合わせるために睡眠に入ります。空の境界下巻は半分ほど読み進みました。鮮花かわいいよ鮮花。

それでは、おやすみなさいませ。

point

998-500(三時間(03:00-06:00)睡眠)-50(トイレ)=448

らしくなってきた。

500milesです。

開始から約14時間経過。γフォトン君が睡眠に入ってから、BGMが止んだため、かなり静かな会場です。

左砂右氏は『神道の逆襲』、sotih氏は『空の境界』の下巻と格闘中。さっきまで面白い姿勢で読書していた2人の眠気も峠を越え、順調に読み進めている様子。「読書100時間」っぽい写真(お行儀の悪い2人)をさっき撮ったので是非使って下さいねd=(^o^)やっぱ観戦するなら夜が面白いと思う。

以上会場よりお伝えしました。

夜食 sotih

09sotihです。

夜食で梅干しおにぎりを食べました。酸っぱさが眠気に霧がかった脳髄に心地いい刺激を与えてくれます。

point

1098-100=998

三冊目読了 sotih

09sotihです。

・時刻 00:00

・読了した本

空の境界 上 (講談社ノベルス)

空の境界 上 (講談社ノベルス)

・ページ数 448

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 650+448=1098

・読了した本の感想を簡潔に

奈須きのこの本を読むときに必要なのは思考停止ですよ。京極堂の屁理屈長広舌が頭に残っている状態なので毎ページ毎ページ論理性に突っ込みを入れたくなります。

下巻を読んで寝るか寝てから下巻を読むか。難しい選択です。


p.s.ひろば民のみなさま

ipodの充電コネクタは500milesさんからお借りしました。ありがとうございます。

一日目終了 γフォトン

09γフォトンです。

ドグラマグラ読了後、さよならを教えてのサントラhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm632026

をちょっと流してしまったために、トイレに行くのがとても怖かったです。一号館の裏まで一人で行きました。

下巻を読むには精神力が足りないというわけで、一日目を終了したいと思います。ポイントがだいぶ減りましたが、一日を乗り切れればいいやと割り切って自転車操業で行こうと思います。

1227-50(トイレ)-1000(六時間睡眠)-50(歯磨き)=127

参上

08苺ぱんだです

入って以来、いつも予定が重なってて百時間読書には縁がなかったのですが、今回(テスト前に)思い切ってきちゃいました笑

総数23冊。京極全冊持ってきてやろうかとか思いましたが、かわいそうなのでやめておきました。

ミステリー10冊、百合2冊、BL11冊という感じですw

たくさん当たるとよいね(^ω^)

がんばれがんばれ。

五冊目 γフォトン

09γフォトンです。

・時刻 22:53

・読了した本

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

・ページ数 324

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 895+342=1227

・読了した本の感想を簡潔に

ふう、ドミノ読みやすかったぜ、と思ったらドグラマグラ来ました!前半は精神異常者的な文章で埋め尽くされており、うわわわわと頭の中が侵食されていく感覚がしました。僕は今、夕食のサラダとカップやきそばを食べている。おいしい。ちょっとサラダがしびれる味がする。大丈夫だ。と気を確かに持ち、読んでゆくと中盤はチャカポコのいかれた音頭。それを超えると後半は精神分析のまっとう(に思える)文章。文体がしっかりしているが、どこかがずれているのがこういったファナティックものだと「さよならを教えて」で学びました。この小説のずれているポイントはまだ見つけられていません。恐らく下巻からひずみはじめることでしょう。

百年前に書かれた小説としてはあまりに先見の明があります。気が狂うかどうかは抜きにして読むべき良書ではないでしょうか?

BGM: ∵Ga[Я]deN∵

来訪

09blackerです。アルバイトが終わったので本を差し入れに参りました。

小栗虫太郎と夢野久作と久生十蘭を入れておいたくらいで、特に地雷のない肌に優しい差し入れになったと思います。あ、それから少しだけ文三仏語っぽさを意識して一冊混ぜてみたりもしました。何か一冊くらいは誰かに読んでもらえればと思います。

誰にも読んでもらえなかったら30日か31日に馳せ参じて自分で読んでやる(笑)

企画開始1日目、部屋はまだ平穏無事な雰囲気を保っています。この雰囲気にまぎれて読書したいのは山々ですが、明日も仕事があるので、とサラリーマン風な言葉を残して一旦お暇しようと思います。

静かな均衡がこの後荒々しく破られることになるとは、この時点では誰も知らなかったのでした・・・・・・(prolepsis)

では、お疲れ様です。

夕食

09sotihです。

皆で晩御飯中です。カップやきそばとサラダをmogmog。水鳥さん、500milesさん、ありがとうございます。おいしいです。

  • point-

γフォトン 1327-(162+270)=895

左砂右   403-189=214

sotih    915-(162+103)=650


勉強していた500milesさんもカップやきそばの匂いに食欲を刺激されたのか買い物に出て行きました。

まだまだ夜は長そうです。

一夜目

07の500milesです。サラダの差し入れに来ました。現在時刻21:09、開始からまだ10時間も経っていないとあって、3人とも元気そうです。

今年は挑戦者が3人もいたり、BGMがかかっていたり、で賑やか(?)です。もうちょっと爛れた雰囲気をイメージしていたのだけれどw

院試迫ってるのでここで勉強してますね(←

おや、挑戦者たちは夕食のカップ麺選びに盛り上がってます。100時間読書はまだ始まったばかり。これからの旅路に備えて栄養つけて下さいな。

四冊目 γフォトン

09γフォトンです。

・時刻 20:50

・読了した本

ドミノ (角川文庫)

ドミノ (角川文庫)

・ページ数 383

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 1327

・読了した本の感想を簡潔に

いきなり登場人物紹介が一言から始まりびっくりする。その人物数28!普通の人達が事件に巻き込まれる、どたばたもの。噛み合うというより、関わりがどんどん膨らんでゆく。人物描写も適度に書かれている。読み終わったあとに、各々の登場人物のことを覚えているということが、読者として、新鮮な驚きだ。

面白さを求めて読むなら、おすすめできる。ストーリーを練るのにさぞかし時間がかかったことだろう。うまい具合に全てのドミノの板が置かれている。ぱたぱたぱたと倒れてゆくあの感覚を味わえた。後半に向けての疾走感もいい!

(小学生のオーディション候補の女の子二人(10)(11)小学生のオーディション候補の女の子二人(10)(11)。すれないでかわいいままでいて欲しいね!)


BGM:幺樂団の歴史1 Akyu's Untouched Score vol.1 Disc 2

三冊目読了 左砂右

09左砂右です。

・時刻 19:15

・読了した本

ひろばno.150

・ページ数 60

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 343+60=403

・読了した本の感想を簡潔に

今も残っている新刊書評、ベストブックや漫画書評、歌詞テクスト分析などを読み、そこで取り上げられている本の内容を想像して楽しみ、

書店紹介が新宿焦点であったりして変わっているなあと思ったり、

150号記念ということで過去のひろば企画の回顧などもあったりしてより一層ひろばの歴史を感じさせる内容でした。


4冊目は「神道の逆襲」

新書、また結構軽そうな本です。不公平なものです。

二冊目読了 sotih

09sotihです。

・時刻 19:00

・読了した本

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

・ページ数 630

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 415+630-80-50=915

(17:00に塩おにぎり80円を食する)

・読了した本の感想を簡潔に

京極堂シリーズ第一弾。

再読。結末を知っているだけに伏線を的確に回収でき、むしろ初読時よりも楽しめた。

京極堂が執拗に語る「現在による過去の遡行規定」は、小説、特に推理小説における「謎解きによる謎の遡行規定」とのメタ的な一致を意識してのものなのではないかと勘繰った。京極夏彦の過去を読者は追体験し、謎解きという現在化によってその過去は読者の過去として再規定される。

そんなことをつらつらと考えながら読み進めていた。やはり京極夏彦は面白い。


三冊目(+四冊目)は「空の境界(ノベルス)上・下」となりました。なぜこうも厚い本ばかり引き当てるんだ。200ページくらいの薄い本が読みたい。

p.s.ひろば民の皆さんへ

ipodの充電器を貸してくれる心優しい方を大募集中です。

三冊目 γフォトン

・時刻 18:45

・読了した本

宇治拾遺物語 (角川ソフィア文庫)

宇治拾遺物語 (角川ソフィア文庫)

・ページ数 416

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 944

(16:39にCOヌードルシーフードを消費 カロリーはカレー味が高かったと気づいた。残念・・・)

・読了した本の感想を簡潔に

ここでまさかの古文!

短い話がいくつもいくつも出てくる。こぶとりじいさんの話や、芥川龍之介の小説の元ネタ、説話やよく分からない不思議なことが起きましたよってだけの話があった。まれに面白い話がある。

さすがにこれだけ一気に読むと飽きる。というか、どれも同じ感じがする。こういう人がいましたよ。こうこうこうあって、こうなりました。おしまい。現代語訳一切ないからとっっっっても読むのが大変だった。

BGM:Red(キングクリムゾン)⇒斑鳩(サウンドトラック)

二冊目読了 左砂右

左砂右です。二冊目読了。

・時刻16時32分

・ページ数185

・累計ポイント 343

熊の場所 (講談社文庫)

熊の場所 (講談社文庫)

・感想など

熊の場所

恐怖を消し去るには、その源の場所に、すぐに戻らねばならない。の格言のもと

まーくんが殺した猫の死体を見てしまった主人公が、その恐怖克服のためにまーくんと友情を築くという筋。

バット男

弱いものはさらに弱いものを求めて、危害を加えようとする。そういう弱いものの象徴として書かれるよわっちいバット男に関わってしまった友達カップルの結婚から破局お話が筋。分かり安すぎて微妙な感じがする。

ピコーン!

文章の流れの淀みないこと、半端じゃない。「煙か土か食い物」並。

どれもそれなりに面白い。でもあまり圧倒されない。


三冊目は「ひろば150号」。

γフォトン ポイント消費

トイレ50p

まだ宇治拾遺は100p程度。先は長い・・・

二冊目 γフォトン

・時刻 14:35

・読了した本

どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)

どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)

・ページ数 286

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 556

・読了した本の感想を簡潔に

ゆり。ARIA的ななごやかな雰囲気で、男が好きそうな女の子の日常が書かれている。主人公は初雪。葉桜の妹だが、保証として川井愛の妹(ここ重要)として一緒に生活することになる。姉妹を超えて二人は愛し合うが、超えられない壁を越えるために愛は葉桜との約束を破る。

文章力もあるし、日常のできごとを読んでいるとほっとするというか、ほほえましい気持ちになる。ラストの展開が急で分かりにくかった。童話や昔話や詩集らを使っているだけあって、語り口はいい。時々、だ調になるのが、文のなめらかな調子をぶつ切りにしてしまってもったいないと思う。

魔女っていう設定は、何かの役に立ったのだろうか?設定は少ないほうが、普遍に通じてよいと思うたちなので、疑問に思いました。

ついでに、一冊読むごとに流しているBGMを変えています。その紹介をします。一冊目は作業したくなる激しい東方アレンジメドレー。二冊目は、Larks' Tongues In Aspic。

一冊目読了 左砂右

左砂右です。

・時刻14時28分

注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)

注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)

・ページ数158頁

・累計ポイント158

・感想

宮沢賢治の短編集。動物やら森やら風やらが楽しそうに喋っていたり踊っていたり。隠喩を読み解く気はないので、ただ単純に心をなごませて読みました。

次の本は「熊の場所」舞城王太郎著でした。自分の本だけど、まだ読んでなかったので良かった。

一冊目読了 sotih

09sotihです。

・時刻 14:14

・読了した本(一冊目)

・ページ数 415

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 415

・読了した本の感想を簡潔に

賢者の時代からおよそ八百年後、魔王バラモスが魔物の軍団を率い、ネクロゴンドを壊滅させる。

父オルテガの敵バラモスを討つべく、勇者アレルは16の誕生日に旅へ出る。

ドラクエシリーズを擦靴プレイしていないので、大雑把なあらすじを知るいい機会になりました。

戦いの中で心を通い合わせた敵が最終戦で味方として舞い戻ってくるところはまさに勇者伝記小説の王道パターンをなぞっています。

難点を挙げるとすれば表現力の酷さでしょうか。前後の繋がりを意識していない文章は悪文の典型でした。

あとがきを読む限り機銑靴和海物のようです。所々理解し難い設定があったのは靴世影匹鵑世擦い覆里任靴腓Α

一冊目 γフォトン

・時刻 13:17

・読了した本

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

・ページ数 270

・累積ポイント(累積ページ数-消費ポイント) 270

・読了した本の感想を簡潔に

卑屈な少女の主人公大西葵。不気味な友人宮乃下静香と交流するうちに、殺人を行ってしまう。働かない心臓病の義父を、静香のいとこを。

一万円のバトルアックスなど、要所要所でネタ半分の素材を持ち出してくる。語り口は、いかにも現代っ子という感じで書いている。実際はどうなのだろう?p.184のラスト一文、また、終盤で葵が静香を疑うあたりが推理らしくて良かったが、やはりこの本は戦いもの。有効活用されていない。告白の書き方は参考になった。対話だが、片方を()内に書くことで独白らしくすることができる。

まあまあ面白かったが、この筋なら、推理ものにしたほうが楽しめると思う。

開始直前

09sotihです。

開始は12:30になりました。

一冊目はくじ引きの結果、

になりました。一冊目からこれかよww

ページ数が稼げるのでまあよしとしたいと思います。

応援

蛍遊輝です。応援に来て本を持ってきて、番号振りを手伝いました。100冊以上ある。

一冊目

左砂右です。

一冊目は「注文の多い料理店」(宮沢賢治)。健全です。

意気込み

γフォトンです。

六秒一ページの壁を超え、文化的な生活が行えるように頑張ります。あと、外に道着を干しているのを忘れないので、メモしておこう。

もうすぐ開始

左砂右です。

見た感じ変な本が少ないのでほっとしています。本の差し入れ希望。多少レベルが高くても気にしません。

Connection: close