Hatena::ブログ(Diary)

明日に向かって

2012-01-11

ベンジャミン・フルフォード講演会(5):感想 その2 日本破綻論への反論1

22:53

まず言いたいことは今は異常時であるということです。平常時であれば小生などがシャシャリ出てこんな記事を書いて評論家の真似事をするなど絶対にあり得ない。新聞TVが機能しなくなった異常事態ゆえにこんなのが大勢出没する世の中になった?W

現在のネット世論のリーダーであるリチャード・コシミズ氏やベンジャミン・フルフォード氏はこの異常時だからこそ活躍できる人達であり、多くのネットユーザー達は彼らの一挙一投足に注目している。言わば彼らは時事評論界のスパースターなのである。

そんな大活躍中のベンジャミン・フルフォード氏ですが前に述べたように主張の変化が見られ1月4日のメールでベンジャミン・フルフォード氏は灰色ブロガーではないだろうかと述べた。すなわち、金融ユダヤの工作員である可能性です。

ベンジャミン・フルフォード氏の11/13および12/17の両講演で工作員らしい疑惑発言が多々ありましたがその中で‘本は経済破綻する⊂沢一郎および亀井静香は売国奴か?F本の防衛は米軍に任せろ、が重要と思われるが、⊂沢一郎および亀井静香は売国奴か?はすでに「ベンジャミン・フルフォード講演会(2)」で述べたのでそれ以外の2点について述べる。

1)日本は破綻する

ベンジャミン・フルフォード氏は11/13講演会で「アメリカは日本が助けないと滅びる、というのは事実だ」と発言したのに係わらず12/17講演会では全く正反対の「日本のデフォルトは既に始まっている」と言っている。この間に彼に何があったのだろうか。可能性としては金融ユダヤ側からの脅迫が考えられる。

実際、「ベンジャミン・フルフォード講演会(4)」述べたように12/17講演会の前の12/13に同氏のネットTVドタキャン事件そして12/21の同氏怒りのYouTube「ベンジャミン・フルフォードが真相を語る!」発言があり何か異常な事が起きたとしか言いようがない雰囲気である。

今、巷では「日本は経済破綻する」と主張する多くの工作員達で溢れている。すなわち、TV新聞、財務省、工作員系の政治家、ブロガーおよび経済評論家たち、そして金融ユダヤの息の掛かった国際機関のIMFや海外メディアなどだ。彼らは盛んに日本は政府借金が1000兆円もあり経済破綻すると叫んでいる。だが、これは事実無根のデマであり日本潰し工作の一環あろうと考える。

経済評論家の三橋貴明氏は「日本の経済破綻は月が地球に落ちてくる確率より低い」と述べて居られるのをご承知の人は多いと思う。

次回へ続きます。次回は三橋貴明理論に触れ日本が如何に経済破綻しにくいかを述べようと思う。

過去記事一覧

ベンジャミン・フルフォード講演会(1):アメリカデフォルト危機

ベンジャミン・フルフォード講演会(2):今年総まとめ&激動2012年の展開 その1

ベンジャミン・フルフォード講演会(3):今年総まとめ&激動2012年の展開 その2

ベンジャミン・フルフォード講演会(4):感想 その1 ベンジャミン氏怒りのコメント

------------------------------------------------------------------------

本日のボーカロイド

【GUMI】弱虫モンブラン【オリジナル曲PV付】

「GUMI」のオリジナル曲で「弱虫モンブラン」です。何度か掲載を見送った曲ですが、何時の間に2百80万アクセスの超人気曲に、そして、最新の週間ボカロランキング上位に入っています。アップは2010年4月、動画製作:akka氏、作詞作曲およびプロデュサーはDECO*27氏です。