ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2007-05-02 生理痛の対処法

生理痛で困っている女性は、通常鎮痛剤(痛み止め)で

一時的に痛みを抑えています。

毎月このようなことの繰り返しで、生理とは痛いものだと

思っているようです。

私は、生理は生理現象なのだから基本的に痛まないのが

本来だと考えています。


本来痛まないはずの生理が痛むというのは、どこか身体の

バランスが崩れていると思うのです。

血虚や瘀血・冷えなどが、痛みの原因となっていることが

あります。


当帰建中湯やキュウ帰膠ガイ湯などの漢方薬で、生理痛が

軽くなって終いには全くなくなる方がいます。このような

場合は血虚(けっきょ)が原因でバランスを崩していたの

です。血虚を起こさないよう生活に注意すれば、生理痛と

サヨナラできるでしょう。

再発予防にレバコールを飲んでいるとより確実です。


紅藍花酒という漢方薬があります。瘀血(おけつ)による

痛みに即効的に効いてくれる重宝な漢方薬です。

先日も看護婦さんに飲んでもらったところ、大変感謝されま

した。瘀血は多くの原因で生じるので、サフランを身近に

置いておくと代用できると思います。


冷えには、温める薬を飲んで冷やさない生活を心がけなく

てはなりません。

冷えが原因なのに、鎮痛剤を冷たい水で飲んだら効果も半減

します。アイスクリームやミニスカートも考えものですね。


不妊の相談に訪れる方の多くは生理痛があります。生理痛は

痛いだけでなく、不妊子宮筋腫の原因になったりします。

身体のサインにもっと敏感になるべきではないでしょうか?

不妊症と婦人病・皮膚病・心の病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/