ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2007-08-08 下剤の乱用に気をつけよう

食物繊維の少ない便秘になりやすい食事を続けていると、大腸ガンに罹りやすいといいます。他にも肌あれや湿疹など皮膚のトラブルや一部の肝臓疾患にも関係します。


では食物繊維を摂れば大腸がんが予防できるのではないかと考えた研究者がいました。結果は残念ながら予防効果なしと出ましたが、食物繊維の効果は他にもあり即不要物とするには無理があります。研究デザインを見直せば違った結果が出るかもしれませんから、今後の研究報告を待ちましょう。


以前便秘薬を常用している方の大腸レントゲン写真を見たことがあります。ちょうど何回も膨らませたゴム風船のように伸びきっていました。これでは正常な蠕動運動は期待できないというような状態だったのですが、1日約30gの食物繊維を続けて摂取した後のレントゲン写真では正常な腸の状態に戻っていました。


”便は出せても、便秘を治すのは難しい”というのが日常相談を通しての感想ですが、安易に下剤だけを使用しているとだんだん使用量が増え、先の例のように大腸は伸びきってしまうのでしょう。


以前から便秘薬の購入者には、「センイをしっかり摂るように!」「整腸剤を組み合わせましょう!」と伝えてきましたが、実際には下剤だけしか購入してくれない人が大半でした。便秘薬の使用量を増やさないようにするには重要なことなのですが、まだ説明が充分ではないのですね。


ただ70代の女性で、当初便秘薬+整腸剤だったのが今は整腸剤だけで通じが正常になった方がいます。たまたまこの方に勧めたのが身体に合ったのかもしれませんが、便秘薬から離れることが可能なことを証明できました。


便秘薬をたくさん飲んでいる方でも、”センイをしっかり摂る””整腸剤を組み合わせる”ことで使用量を少しずつ減らすことは出来ますからご相談下さい。


ひろはし薬局では、薬草を粉末にした便秘薬(つまりセンイもそのまま入っている)を作っています。コー○ックより穏やかな効き目で《習慣になりにくい・腹痛を起こしにくい》特徴があります。このブログを見た方で希望者には2回分のサンプルを差し上げます。プリントアウトするか携帯画面を掲示下さい。


皮膚病・漢方薬生活習慣病・心の病・不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/