ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2007-08-28 虫さされの後のしこり

わが女房殿、昨年虫に刺された箇所がしこりになっていました。触っても痛くもなく痒くもなくというので放っておいたのですが、そのしこりが小さくなって消えたという話。


今年の春頃より、体調が優れず私の漢方薬を飲むことになりました。何気なしに出した薬は”ケイシブクリョウガンカヨクイニン”という漢方薬。(読みにくいかもしれませんが、特殊な文字も含むので全部カタカナにしました)


目的は、血行を改善しホルモンバランスを整えるというものです。時々忘れながら2ヶ月くらい飲んだのでしょうか、状態もそこそこ落ち着き自然と薬を飲まなくなった頃、しこりが小さくなっていると見せられました。


確認すると確かにしこりが小さくなっていました。小豆大がゴマ粒くらいの小ささになっていたのです。瓢箪から駒とはこのことですね。痛くも痒くもないしこりとはいえ気にはなりますから、嬉しい限りです。


漢方薬を飲んでいると時々このような経験をします。今まで面白いなぁと思ったのは、”むだ毛が薄くなった”とか”踵のガサガサがきれいになった”ですね。


ひろはし薬局では、若い女性の方も漢方薬を多く飲んでいますのでこのような報告があります。きっと年配の方や男性でも何かあるとは思うのですが、無駄なことは話してくれません。(気がつかない人もいるかな?)


皮膚病・漢方薬生活習慣病・心の病・不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/