ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2007-10-11 膝に水が溜まる

10月に入ったらさすがに涼しくなってきました。同時にあちこちが痛いという相談が増えてきました。冷え・寒さは痛みを増幅させますからね。


痛みの相談で多いのは変形性膝関節症に伴う痛みでしょうか。正座ができない(しにくい)・階段の上り下りがつらい・膝に水が溜まる・足が腫れているなどの症状で悩まされています。


整形外科の治療では、溜まった水を抜いたり、消炎鎮痛剤の内服薬やシップなどが処方されたり、温熱療法が行われたりします。ただ治療に満足されない方が多いのも事実で、接骨院や整体カイロプラティックなどに通われる現実で明らかです。


一種の膝関節の老化現象ですから、劇的な回復は難しいのでしょう。だから進行をどうやって抑えるかということが重要なのです。コンドロイチンやグルコサミンも一定の効果があり(必要充分量が摂取できていない方も多い)ますし、体重を減らしたり、膝関節を安定させる脚の筋力トレーニングも必要です。


それらを行いながら、膝に水が溜まりやすい人には漢方薬の服用をお勧めします。冷えて水分の代謝が衰えているタイプと炎症のため水が集まっているタイプに大きく分けられます。漢方でいえば一方は温める作戦、もう一方は冷やす作戦をとります。どの薬を選ぶかは体質により多くの種類がありますから専門家に相談下さい。


一般的に変形性膝関節症は女性に多い病気です。脚の筋力が弱いため膝に負担がかかりやすいのでしょう(だからトレーニングが効果的なのです)。また太った女性に多いのも特徴です(重い体重に膝が耐え切れないのですね)。”痛むから運動できない⇒運動できないから筋力はつかないし体重も落ちない⇒痛む”の悪循環に陥っています。


膝だけでなく、全身のどこに問題があるかを考え、根本的な解決方法を具体的に示せるアドバイスが必要です。”木を見て森を見ず”にならないよう注意したいと思います。


漢方薬生活習慣病不妊症・心の病・皮膚病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/