ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2007-12-12 子供の咳にハチミツが有効

電子メール版の医学論文にタイトルに挙げた内容の論文が載りました。興味深かったので内容を簡単に書きたいと思います。


この論文米国ペンシルバニア州立大学医学部小児科ポール准教授が2歳から18歳の患者を対象に行った研究です。合成鎮咳薬のデキストロメトルファン(A群)とソバのハチミツ(B群)と何もしない(C群)で、咳の回数・程度・睡眠への影響度を調べました。


その結果B群が一番効果が見られたとのことです。C群より効果があるだろうと予想はつきますが、A群より効果が認められるとは驚きではないでしょうか。


デキストロメトルファンは小児のカゼ薬には非常によく配合されておりますし医療用でもメジコンという名称で使用されています。比較的一般的な鎮咳薬ですが、私の印象では余り効かないという感触でした。


それでもハチミツよりはいいだろうと考えていたのですが、今回の結果で効果と副作用を天秤にかければデキストロメトルファンを使用する機会はグンと減るでしょう。


使用法は夜間の咳に対して寝る30分前にハチミツを飲むというもの。使用量がわからないのですがスプーン1〜2杯の量をお湯で溶いて飲んだと思います。


気をつけていただきたいのは、使用したハチミツがソバのハチミツだということ。ソバアレルギーの方は使用を控える方がいいでしょうし、他のハチミツでは効果がないかもしれません。また1歳未満の小児はボツリヌス症の可能性があるのでハチミツの使用は出来ません。


ソバのハチミツが手に入らなくても、キンカン・カリン・ダイコンなどのハチミツ漬けは咳に使用されてきました。これから風邪の流行る時期に用意しておいたらいかがでしょう。


作り方は、キンカンはそのまま・カリンやダイコンは適当な大きさに切って器(コーヒーの空き瓶など)に入れます。材料が全部漬かるぐらいのハチミツを入れ3〜7日間放置。ハチミツがサラッとしてきたら出来上がりです。1〜2杯をお湯に溶いてお飲み下さい。


心の病・漢方薬生活習慣病不妊症・皮膚病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp