ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-01-09 浜崎あゆみさんの特発性難聴

歌手の浜崎あゆみさんが”回復不可能な特発性内耳障害”で左耳が聞こえない状態だと発表されました。勇気を持って発表されたことに敬意を表し、奇跡的な回復を期待したいと思います。


私も年に何人かから特発性難聴の相談を受けます。その大半は医療機関で治療を受けても効果のはかばかしくない人たちです。治り方も様々で、8〜9割聴力の回復する人・1〜2割改善する程度の人・変化のない人といます。


特発性内耳障害も特発性難聴の1種ですが、漢方相談においては、どちらも差はありません。そもそも病名で特発性・本態性と名が付く病気は、原因がわからない・ハッキリしないことを指します。


発症は急で、ある日突然耳の聞こえが悪いことに気がついて受診されるようです。原因はストレスともウィルスとも過労とも言われますが、ハッキリした決め手はありません。ただ治療開始が早いほど治癒率は高いので、早めに受診して治療を開始するのがよいでしょう。


発症1週間以内が分水嶺のようですが、浜崎さんの場合忙し過ぎてタイミングよく受診できなかったのかもしれません、残念ですね。どんな病気も早期治療が治す為の基本であることに変わりはありません。


耳は漢方的に、腎や肝と関係が深く、冷え・寒さ・ストレス・水分代謝・老化・血虚(貧血)・感染生殖行為過多・過労・・・などから難聴に繋がる原因を探り漢方薬を決定してゆきます。発症半年くらい前からの生活情報の聞き取りが重要なのです。


漢方薬を使用して3割くらいの方は、ほぼ以前と同じ程度に回復されますが、浜崎さんも若いので奇跡的な回復に期待したいですね。


漢方薬生活習慣病不妊症・心の病・皮膚病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

とおりすがりとおりすがり 2008/01/25 02:21 特発性難聴と突発性難聴は別のものです。報道見てると突発性のほうではないかと思います。