ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-01-12 くしゃみで尿が漏れる

知り合いの50歳くらいの女性から、こんな相談を頂きました。「くしゃみや重いものを持ったり走ったりする時に尿が漏れることがある。医師からもらっている薬はあまり効果がない。漢方の薬で何かありますか?」という内容です。


これは腹圧性の尿失禁という状態ですね。膀胱の出口を押さえる筋肉の力が弱まり、腹部の圧力が高まった時(くしゃみ・咳・運動など)に尿が漏れてしまうものです。


なぜ膀胱の出口の筋肉が弱くなるのでしょうか。いくつかの原因が言われています。老化による筋力の低下・女性ホルモンの減少・妊娠による筋肉の伸展・などです。これらが重なって実際に症状が現れると思われています。


女性に多いのは男性に比べて、もともとの筋肉量が少ないことと出産により支持筋肉の傷害や伸展が加わるからです。40代以降の女性には早い遅いの差はあっても、更年期と共に避けて通れないものかもしれません。


対処法として、膀胱出口の筋肉の力を高める薬が使われますが、薬を使用する前に骨盤底筋体操を行い関連筋群を強化する方法が行われています。検索をかければ図解入りで解説しているところが見つかると思います。


この体操は出来れば30代に入ったら始めるのがいいでしょう。なぜなら運動の効果は若いときほど大きいからです。予防を兼ねてできるだけ早期に始めてはいかがでしょうか。そして薬を使用しても極力少ない薬で済ますためにも運動は継続しましょう。


尿失禁薬が今ほど充実していなかった頃、この運動と女性ホルモンで効果が上がるとの報告を見たことがあります。女性ホルモン様の作用がある”鹿茸”と運動の組合せが効果的と考えています。鹿茸には老化防止作用もあるため一石二鳥です。


漢方薬ではトウキケンチュウトウ・トウキシャクヤクサン・ハチミガンなどを体質に併せて使用すべきと思います。運動+鹿茸+漢方薬でも効果が現れるまで3〜4週間は必要と思いますから少し気長に努力を続けなくてはならないでしょう。


私は男性ですから女性にとって相談しにくい内容ですが、悩まずに一度話していただければと思います。


漢方薬生活習慣病不妊症・心の病・皮膚病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp