ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-01-22 顔が赤くなる

この時期は暖房の影響もあってか、顔が赤くなって困ると言う相談がたまにあります。のぼせというのでしょう、本人にとっては真剣な悩みです。この中にリンゴ病という小児に多いウィルス疾患が混じっていることもあるので注意が必要です。


”のぼせ”は漢方では気逆(キギャク)と言う考え方をします。「頭に血が上る」とか「逆上する」とか言いますね。昇った気が下がらず溜まった状態ですから、気を下げる薬を使います。


漢方では、気・血・水(キ・ケツ・スイと読みます)の3要素が体を巡っていると考えますが、気だけが昇っているのか、気と血が昇っているのか、気と水が昇っているのか、によって使用する薬が違います。


多く経験するのは気と血が昇るパターンでしょう。この時には手足が冷えていることが多くあります。使用する薬はケイシブクリョウガン・トウガクジョウキトウが中心です。


気が上がると、頭痛・頭冒感・結膜充血・鼻血・肩凝り・・・・などの症状を伴うこともよく経験することです。漢方薬で気を下げると、赤黒かった顔の人が色白の美人に変わりますね。同時に他の症状も軽くなったり消えたりしますから、大変喜ばれます。


一般的には自律神経失調症とかたずけられそうですが、漢方薬の得意とする分野ですね。


過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼っておきました。目が充血しましたが、疾患群毎にまとめておきましたから、見たい記事がありましたらホームページから探してみてください。


本日は私の誕生日です。年々身体の衰えを感じますが、上手に養生して長持ちさせたいと思います。明日は日薬の会議に出席のためブログは休みます。薬局は開いてますので、必要な物がありましたらご来局下さい。


漢方薬生活習慣病不妊症・心療内科相談・皮膚科の病気

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

KYKKYK 2008/01/24 01:16 今blog見て知りました。お誕生日だったのですね!遅れましたがお誕生日おめでとうございます。月違いですが私も偶然同じ日ですよ〜。ではではまたお世話になります。

赤ちょうちん赤ちょうちん 2009/11/20 23:47 食事をしている時に顔が赤くなります。熱くなると言うか?だから人と食事をするのが嫌です。これも自律神経が関係していますか?

hirohasihirohasi 2009/11/21 16:37 赤ちょうちんさん、こんにちわ

まず食事をすれば誰でも熱が発生し顔も赤くなりやすくなります。
ただ個人差がありますから、気になるほどであれば自律神経の働きが
影響している可能性はありますね。

また気にすれば気にするほど赤くなるかもしれません。
人として自然な反応だと思い、気にしないようにすると軽くなることがあります。
でも気逆として漢方薬を使うのもいいかもしれません。
自律訓練法や森田療法も参考にしてみてください。

                             廣橋 義和

皮膚科の病気・心療内科相談・漢方薬・生活習慣病・不妊症
新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局
ホームページ:http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hirohasi/

赤ちょうちん赤ちょうちん 2009/11/22 12:20 hirohashiさん回答有難うございました。私は他に下半身は冷たいのに顔だけ熱いと言う状態があるのでたぶん自律神経が関係しているのでしょう。漢方を飲んでみようと思います。有難うございました。