ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-03-26 昨夜のスーパードクターを見て

昨晩テレビで”スーパードクター”を紹介する番組を見ました。お馴染み脳外科の福島ドクターや長岡市立川病院にも来たことのある循環器科の斎藤ドクターの映像を見ながら、私も病気になったらこのような医師に治療してもらいたいななどと考えていました。


番組に出てくる医師は、すばらしい知識や技術の持ち主ばかりです。ただオヤッと思った部分もありました。一つは血液にオゾンを通し活性化させるというもの。もう一つは体内の重金属をキレーションという方法で排泄させるというもの。


血液にオゾンを通すとドロドロだった血液がサラサラに変わり細胞が活性化して若さを保てるとの内容でした。映像では採決した血液の顕微鏡画像を映していましたが、この方法は信頼性が薄いと医学会では言われているはずです。


またオゾン自体強力な活性酸素ですから、オゾン活性酸素)により逆に老化が進む可能性だってあります。だから少ない血液で行うのかもしれませんが、私のように違和感を覚える医師は多くいるでしょう。


またキレーションの発想は重金属の解毒に使われる医療行為としては当たり前のことです。テレビでは水銀・鉛・カドミウムなどの重金属をキレート剤で結合させて排泄させるとのことでしたが、体内には鉄や亜鉛マグネシウムといった必要なミネラルがありキレーションはこれらの必要なミネラルまで排泄します。


キレーション療法は有害な重金属と必要なミネラルとを区別することができないため、場合によってはミネラルの欠乏症を起こす可能性もあるのです。


昨日の番組はこのように異論の出るような内容も混じっていたのが残念です。そして上記の方法を画期的な医療と信じて受診される方も出るでしょう。メリットだけでなくデメリットも存在する方法だということを、昨日の番組を見たあなたには知っておいて欲しいと思います。


皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊症・心療内科相談

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp