ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-04-02 点鼻薬と点眼薬の使い過ぎに注意

新入社員入社式の様子が昨日は放送されていました。花粉症真っ盛りのこの頃、花粉症持ちの新入社員はいろいろ大変なことと思います。


花粉症の症状に、結膜充血や鼻閉(鼻づまり)があります。どちらも血管が拡がっての症状ですから、血管収縮剤がとてもよく効きます。”○○○ゾリン”という成分が入っていれば、これが血管収縮成分になります。


鼻炎では水様性鼻汁・くしゃみ・鼻閉が主な症状ですが、水様性鼻汁とくしゃみは抗ヒスタミン薬が効きやすいのに対し、鼻閉は抗ロイコトリエン作用のある薬でないと効果的でありません。しかし市販薬では抗ロイコトリエン作用のある薬は一部を除き一般的でないため点鼻薬を使用することになります。


作用の強い医療用薬でさえ抗ロイコトリエン作用の薬を使っても鼻閉の強いケースでは血管収縮剤入りの点鼻薬を併用することがあります。鼻閉に効果的な薬は残念ながら多くありません。


そこで鼻閉や結膜充血に血管収縮剤入りの点鼻薬や点眼薬を使用することになるのですが、非常に効果的な代わりに慣れが生じやすいのが欠点です。慣れとは、効果の持続時間が短くなる、効き目が悪くなる、薬が切れると症状が前より悪化する、などです。


この慣れを防ぐ為に点鼻薬や点眼薬は1日の使用回数に制限が加えられる場合があるのです。ただよく効くことから制限を守らなかったりするケースもあり、必要以上に使う人がいることも事実です。


花粉症用でなくても市販の点眼薬には血管収縮剤が入っている製品が多数あります。使用目的などを考え専門家の指示に従って選ぶことで乱用や副作用を抑えることが出来るのです。有名タレントが使っているとか・コマーシャルでよく目にするとかで選ぶのではなく、どのような目的で使うのかを考えて選ぶとよいでしょう。


皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊症・心療内科相談

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp