ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-06-20 不正性器出血

昨晩は赤十字病院の内科医師漢方古典の勉強会を行いました。私が事務局を務めて隔月で行っています。古典を読みながら、各自の経験や思い付きを自由に話しますので話題がとても膨らみます。なかなか進みませんが、有意義な時間を過ごしています。


話は変わって、以前不正性器出血の相談を受けたことがありました。知り合いの婦人科の先生に聞いたのですが、ホルモンの変動がある時の出血は心配いらないと。ですから月経以外でも排卵期はホルモン変動がありますので出血があっても不思議でもないのです。


ただ程度があり、あまりにも大量だったり、いつまでも出血が続いたりすると何か病気の存在を考えなくてはいけません。子宮筋腫などが一番可能性が高いかもしれません。年齢によっては子宮ガンも考えなくてはいけないでしょうね。


このような時に役に立つのが基礎体温なのですが、大抵の方は妊娠目的以外ではつけていないのでは。あなたはどうですか?体温の変化がある時はホルモンの変動があるときですから、この時期の出血はあまり心配はいらないと考えることができるのです。便利でしょ。女性の健康管理にとても役に立つのです。


私の出番があるのは特に異常がないのに出血があったりダラダラと続くケースです。漢方薬の使用を考えますが、キュウキキョウガイトウ・オウレンアキョウトウ・などを私は使いますし、場合によっては田七人参を併用することもあります。


出血が長びくと少量でも貧血につながり、肌あれや血色不良・だるさ・息切れ・・などの症状が現れたりします。器質的原因のない不正性器出血は漢方薬の方が効果に優れる印象があります。気になったら是非相談下さい。


心療内科相談・皮膚科の病気・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/


過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。


メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp