ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-09-06 カビ米と脚気心

昨日は市内PTA会長副会長研修のため少し早く閉局しました。”食育と家庭の役割”と題し管理栄養士の松井直子先生の話を聞きました。実際にどのような食育活動を行っているのか紹介しながらの講演でした。


私とすればもう少し健康や食品の安全性に触れて欲しかったのですが、実際はどうなのでしょう?小学生相手では難しい内容にはできないですからね。でも、身体作り・健康作りの基本ですし、安全な食品の観点からも食育活動が必要なのではないかと考えます。私だったらこの部分も盛り込んで話をしたいと思います。


さて今朝の新聞にカビ米を販売した事件が大きく載っていました。穀物のカビは毒性が強いと学生時代に教わりましたし、米作農家でもあるため強い怒りを感じます。


あなたは脚気という病気を知っていますか?ビタミンB1の不足により神経異常・麻痺・運動障害などを起こす病気です。そして脚気心と言われる心臓障害を起こし短期間で死亡することもあるのです。


一部の報告によるとこの脚気心の原因はビタミンB1の欠乏ではなくカビ毒による心臓障害ではないかと考えられていますが、現在も原因が解明されていないようです。


もし本当にカビ毒による心臓障害だったとしたら、今回のカビ米販売により心臓障害が起こることも考えられます。ただ加工用として焼酎製造に使われたようなので、心配はいらないのかもしれません。


小学生の頃、食パンを放置すると色とりどりのカビが発生したことを思い出しますが、今のパンはカビって発生しないですよね。どのくらい保存料を使っているのでしょうね。カビが出たパンは食べてはいけませんが、カビの出ないパンはどうなのでしょうか?あなたはどのように考えますか?

 ------------------------------------------------

皮膚科の病気・不妊症・心療内科相談・漢方薬生活習慣病

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/

過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp

講演を希望される方はホームページを参考にしてください。